Magix『Acid Pro 9』19.99ドル

  

 

わかる方向けのセールかと思います。

取り上げておきながら(Macユーザーの)自分はよくわかりません。。(汗)

結構前にソニーからMagixに開発自体が移ったのは知っていましたが、Magixというドイツの会社自体、自分にとっては結構謎なメーカーです。。(規模の大きい会社のようですが、個人的には接点がなかった。)

 

玄人様向けにメモしておきます。

(しかし、すでにお気に入りのDAWを使っている玄人な方々がAcid Proは買わないか。。)

     

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Acid Pro 9

  

ACID Pro 9 – The Complete Overview! [REVIEW]

 

 

Magix社の『Acid Pro 9』のページ

The new ACID Pro 9 – The creative DAW
Meet the new version: ACID Pro 9 is where creativity meets inspiration, a DAW designed for every producer to realize their music making ambitions.

 

一応、日本代理店のソースネキストさまのページも貼っておきます。

ACID Pro 9|ソースネクスト
パソコンでの作曲に革命をもたらした画期的なソフトです。ループシーケンサと呼ばれる楽譜の知識がなくても、誰でも簡単に作曲できるようにした機能を搭載し、世界中のプロフェッショナルにも使われています。

    

    

セール自体は、米国のBHPhoto(bhphotovideo.com)からです。

ここは日本で言うところのヨドバシみたいなところかと思います。(店舗販売とネット通販両方やっている大手ショップです。)

         

     

      

        

コメント

  1. fredserene より:

    これ、同じ世代で上位の「ACID Pro Next Suite」が発表になり、「予約で9を受け付けておいて、9の発売と同時に上位版が販売開始されるってどういうこっちゃ」と、SourceNextでひと騒動あったやつの下位版のほうですね。差額で上位版購入対応というお粗末な顛末になったやつです。
    僕は結局、差額で「ACID Pro Next Suite」の買い替えになりました。

    • sawayaka trip より:

      fredsereneさま情報ありがとうございます。
      やはり少々曰く付きと言いうのか、クセのあるものなのですね。
      上位版の踏み台として云々と言っている海外の方もいるみたいですがどうなんでしょうかねぇ。。

  2. カポカポ より:

    Acid Proはオールドスクールとかハウス好きな人に向いてると思います。
    Chopperっていうサンプリングの機能があって、とても便利です。
    MPCみたいなパッドにアサインしていく方法だとどうしても長さごと、高さごとにパッドにアサインしていってそれを叩き分けるみたいなやり方になると思います。一方でSシリーズみたいに一つの音に音階をつける方法だとキーボードでその音を弾くみたいなやり方になると思います。(弾く強さや、弾く場所でアサインする音を変えること自体はできても、使いたい音をアサインする作業自体が邪魔でボーカル部分などそのままWAVをプロジェクトに貼り付けて調整している人も多いのではないかと思います。)

    Chopperだとその中間というか、アサインする範囲がドラック指定するだけでザックリと一瞬で終わり、高さは置いた後に+-キーで調整するだけで終わるので、あとは場所ごとにその都度その作業を繰り返すみたいなやり方になります。

    音質とかノリみたいなものをMPCから取ったら何が残るんだという人もいると思いますが、1.サンプル自体は曲と別管理で使う部分だけプロジェクトに持ってこれる、2.サンプリングとテンポの問題を考えなくていい、3.Acidized fileっていっても中身はほぼWAVなので軽いというところが、使っていて気持ちがいいです。

    • sawayaka trip より:

      カポカポさまありがとうございます。
      今Chopperの解説動画見てきました。直感的で良い機能ですね。
      AcidはループベースのDAWと聞いていたのでハウス好きとしてはSony時代から気にはなっていたのですが、結局縁がなく触れる機会を逸していました。。Magixソフトになってなんだかより遠いところへ行ってしまった感があったのですが、開発は頑張って継続しているんですね。