McDSP Echo CollectionとNR800が44%オフ

よろしければシェアお願いします

最安タイかと。

WavesやiZotopeなどでは飽きたりない真のプラグインマニアは要チェック。

品質、音質は信頼のMcDSPですが、iLok必須なので注意が必要です。(以前まではiLokドングル必須でしたが、現在はiLokクラウドでもイケるので導入のハードルは低くなりました。 

このページの目次

McDSP Echo Collection

 

McDSP Echo Collectionは、エコーとコーラスエフェクトのハイブリッドプラグイン。

数ある種類の「エコー」と「コーラス」系エフェクトをこの1つのプラグインで実現しています。

マグネティック、デジタル、アナログの3種類のディレイタイプには、豊富なユーザー・コントロール、豊富なキャラクター・モード、非常にスタイリッシュなビジュアルフィードバックを実装。

McDSPの約20年のギアモデリング経験から開発されています。 

 

The EC-300 Echo Collection by McDSP

EC-300 Echo Collectionは、数十のエコーとコーラス効果のサウンドが1つのプラグインにまとまっています。

 

マグネティック、デジタル、アナログの3種類のディレイタイプには、豊富なユーザーコントロール、豊富なキャラクターモード、高度に様式化されたビジュアルフィードバック、そしてMcDSPの20年近くにわたるギアモデリングの経験があります。

 

各ディレイタイプには、新しくユニークなサウンドを作成するための追加のキャラクターモードが付属しています。

その他のディレイ機能には、調整可能なサチュレーション、ワウとフラッター、ディレイ出力ダッキング、インループフィルタリングとEQ、および入力段と出力段でのレベル制御が搭載されています。

 

EC-300はシングル、デュアル、そしてピンポンモードで操作することができ、ディレイタイムはセッションプレイバックまたはタップされたテンポに同期させることができます。

   

 
EC-300 Echo Collection Tutorial

McDSP EC 300 Review

 

EC-300エコーコレクション機能

  • 3つのディレイタイプ – マグネティック、デジタル、アナログ。テープ、デジタル、アナログと異なるタイプのディレイを一つのプラグイン内で切り替え可能。
  • ディレイ・テープごとにさまざまなキャラクターモード。
  • サチュレーション、Wow、Flutter、モジュレーションやサチュレーションといったパラメータに加え、アウトプットにダッキングも搭載。
  • モノ、ステレオ、ピンポン・ディレイに対応。
  • テンポとセッションの同期をタップします。
  • 75以上のSIM(合成インパルスモデル)が含まれています。
  • モノラル、ステレオ、モノラルからステレオのバージョン。

   

EC-300エコーコレクション(VST / AU / AAX)

Native版(通常版)

通常価格:179ドル
セール特価:79ドル

 

HDバージョン(AAX DSP/Native)

通常価格:229ドル
セール特価:99ドル

*Protools以外で、通常使用(VST / AU / AAX)は安いほうのNative版でOKです。

詳細:McDSP Echo Collectionのセールページ(ページ内に試用版もあり)

     

McDSP NR800

McDSP NR800は、ノイズリダクションプラグイン。

   

NR800は、音楽制作、ポストプロダクション、ライブサウンドに便利なリアルタイムのノイズリダクションプロセッサです。

NR800 Noise Reduction plug-in by McDSP

 

NR800は内部レイテンシなしで動作し、元のソース素材を汚染しません。

主に広帯域周波数で動作しますが、ノイズリダクションの焦点を使用して周波数スペクトルの狭い部分に焦点を合わせることもできます。

一組の入力フィルタと最大36 dB / Octまでの傾斜で構成することができ、ノイズ低減の焦点とは無関係の周波数に設定することができます。

 

いくつかのノイズリダクションモード(NRモード)は、スムーズからアグレッシブなノイズリダクション量の範囲を提供するために利用可能です。

範囲コントロールを使用して、全体的なノイズリダクションを100%から0%(オフ)に調整できます。

微調整がそれほど必要でない場合、またはノイズの問題が深刻な場合は、「x 2」モードでも全帯域のノイズ低減量が2倍になります。

応答時間は、ノイズリダクションが「ノイズイベント」から回復する速度を制御します。

NR Biasセレクタを使用すると、ノイズリダクションゲインとしきい値を入力信号に「スナップ」するときに、さまざまなノイズリダクション量をアクティブにできます。

 

NR800の8つのバンドのそれぞれには、ノイズリダクション量フェーダーとノイズ検出スレッショルドマーカー、そしてマスター(M)とリンク(L)コントロールボタンパラダイムからの通常のMcDSPリンクコントロール機能があります。各帯域を個別にバイパスまたはソロにして、入ってくるノイズ量を試聴することもできます。

 
NR800 Noise Reduction Tutorial

 

NR800 Drum Leakage Examples

 

通常価格179ドルとお高いですが、現在通常版のNativeが99ドルです。

ProtoolsのAAX DSPで使用する場合は、HD版が必要です。こちらは、149ドル。

詳細:McDSP NR800のセールページ(ページ内に試用版もあり)
  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク