〔コムフィルタ〕MCombMBが50%OFF(音作りの幅を広げる異形のフィルタ)

よろしければシェアお願いします

このページの目次

MCombMB

  

MCombMBは、コムフィルタ・プラグインです。

コムフィルタとは、波形が、(髪の毛をとかす)クシのようにギザギザしている形状から来ています。

動きのある面白いサウンドを作成できる、(サウンドデザインの幅を広げる)注目のプラグインです。

MCombMBは、本当にユニークなサウンドをお探しの方に向けて設計された、非常に用途の広いマルチコムフィルターです。

そのスマートなランダム化エンジンのおかげであなたは信じられないほどの感動的なテクスチャー、リズミカルなパッドまたはきびきびとするドラムループを得ることが出来ます。

そのために、サウンドデザインのエキスパートである必要さえありません。

    

 

デフォルトUI

 

エディットモード画面(マルチバンド)

*マルチバンドとは、帯域別に全く異なる設定のFXをかけられる機能のことです。    

     

  

MCombMBの解説動画 2本

MeldaProduction MCombMB teaser

  

MeldaProduction MCombMB teaser

   

    

MCombMBの特徴

 

各バンドに4つの特別なフィルター

MCombMBでは、最大6つのバンドがあり、それぞれ最大4つのフィルタがあります。

あなたはそれらを直列に、並列に、あるいは単に何らかの形でミックスすることができます。

各フィルターはバンドパスとリミッターでさえも調節可能なフィードバックを持ちます!

各チャンネルの位相を反転させて、かなり独特のステレオ・ウィズス(幅)を得ることもできます。

そして、使いやすいグラフィカルエディタで、そのMCombMBの多機能な内部に簡単にアクセスできます。

そしてそれはほんの始まりに過ぎません…

 

変調天国

私たちのプラグインの音が大好きでしょ?

しかし、シーケンスの中に素早くモーションを作成する方法があればいいのにと思いませんか?

「メルダ変調天国」にご入場ください。

当社独自の一連のモジュレーションソースから任意のパラメータをモジュレートします。これには、LFO、オーディオレベルフォロワ、エンベロープジェネレータ、ランダマイザ、およびピッチディテクタが含まれます。

 

メルダプロダクショングッズ

標準のMeldaProductionグッズ、16倍アップサンプリング、M / S、サラウンドサポート、その他のチャンネルモード、簡単に比較できるAHプリセット、そして使いやすい統合ヘルプシステムを見つけることもできます。

 

MCombMBのより細かい特徴

  

市場で最も先進的なユーザーインターフェース – スタイル、サイズ変更可能、GPUアクセラレーション

古典的なメーターと時間グラフを使った独自の視覚化エンジン

1-6完全設定可能な独立バンド

4つの非常に用途の広いモジュレータ

調整可能な発振器形状テクノロジ

4つのマルチパラメータ

M / S、シングルチャンネル、最大8チャンネルのサラウンド処理…

スマートランダム化

自動ゲイン補正(AGC)

セーフティー・リミッター

同期補間

調整可能なアップサンプリング1倍〜16倍

MIDI学習機能付きMIDIコントローラー

非常に高速、SSE / SSE2 / SSE3プロセッサ用に最適化

グローバルプリセット管理とオンラインプリセット交換

32ビットと64ビットの両方で、WindowsとMacでVST、VST3、AUとAAXインターフェースをサポートします

アクティブ化にドングルもインターネットアクセスも必要ありません。

 

*MeldaProductionは、生涯アップデート無料!

    

   

  

MCombMBのセール情報

 

  

通常価格:55ドル

セール特価:27.5ドル

(Virtual Cash £1.05(150円)付き)

 

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク