Melda『MStereoSpread』自然で美しいサウンドを作る多機能ステレオワイドナー・プラグイン

MStereoSpreadは、現代の音楽に必要とされる(リスナーの耳を虜にする)タイトでパンチの効いたサウンドを作り出すツールです。

聴覚心理学の技術を応用して、トラックのサウンドの聞こえ方を聞き手側にもっと近づけ、物理的に可能な限りサウンドを幅広くタイトにし、また、一方で、自然で美しく聞こえるように整えることができます。

スポンサーリンク

MStereoSpread

MStereoSpreadは音響心理学を用いて、自然で美しいサウンドを保ちながら、物理的に可能な限りワイドでタイトなサウンドを実現するプラグインです。

紹介動画(33:44・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(9分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『MStereoSpread』について

現代のリスナーは、極めてタイトでパンチの効いたサウンドを求めています。

MStereoSpreadは音響心理学を用いて、自然で美しいサウンドを保ちながら、物理的に可能な限りワイドでタイトなサウンドを実現することで、あなたのトラックをリスナー求めるものに近づけてくれます。

独自のステレオ拡張アルゴリズム

MStereoSpreadは、いくつかの「コムベース(櫛形ベース)」のアルゴリズムのほかに、信じられないほどタイトなサウンドのステレオ拡張アルゴリズムを搭載しています。

ステレオフィールドアナライザ

統合されたステレオスコープは、MStereoSpreadを使用した時に結果として生じるステレオ幅をチェックできるリアルタイムな視認性を誇るアナライザを備えています。

モジュレーション天国

トラックのサウンドがつまらなく感じるなら、Melada得意のモジュレーション機能を試してみましょう。

気が遠くなるほど広範囲のパラメータをモジュレートすることができます。

各モジュレータはLFO、オーディオレベルフォロワ、エンベロープ、ランダマイザ、さらにはピッチ検出器として動作することができます。

特徴

  • 市場で最も先進的なユーザーインターフェース – スタイル、サイズ変更可能、GPUアクセラレーション

  • 古典的なメーターと時間グラフを使った独自の視覚化エンジン

  • 非常に用途の広いモジュレータ

  • 調整可能な発振器形状テクノロジー

  • 4つのマルチパラメーター

  • M / S、シングルチャンネル、最大8チャンネルのサラウンド処理…

  • サイコロ機能(スマートランダム化エンジン)を搭載

  • 自動ゲイン補正(AGC)

  • 耳にも安全なリミッター

  • 調整可能なアップサンプリング1倍〜16倍

  • MIDI学習機能付きMIDIコントローラー

  • 非常に高速、SSE / SSE2 / SSE3プロセッサ用に最適化

  • グローバルプリセット管理とオンラインプリセット交換

  • 32ビットと64ビットの両方で、WindowsとMacでVST、VST3、AUとAAXインターフェースをサポートします

  • アクティブ化にドングルもインターネットアクセスも必要ありません。

  • 生涯無料アップデート付き

システム要件

Windows

  • Windows Vista / 7 / 8 / 10 (32ビットまたは64ビット)
  • VST/VST3/AAX対応ホスト(32ビットまたは64ビット
  • SSE2をサポートするIntel/AMDプロセッサ
  • 32ビットのホストには32ビットのプラグインを、64ビットのホストには64ビットのプラグインを使用してください。

オペレーティングシステムが64ビットであっても、64ビットのプラグインは32ビットのホストでは動作しません。64 ビットのホストで 32 ビットのプラグインを使用しないでください。ブリッジングが必要となり、動作が遅くなったり、不安定になったりします。

Mac OS X

  • Mac OS X 10.9以降(64ビットのみ)
  • VST/VST3/AU/AAX対応ホスト(64ビットのみ)
  • SSE2に対応したインテル/AMDプロセッサーまたはアップルシリコンプロセッサー

管理人メモ:

MStereoSpreadは、Melda製品の中では評判の良いプラグイン。
(Meladaのプラグインの中ではシンプルな操作性。)

上記画像の真ん中にあるのが「Phase scope」アナライザ。

サウンド聞きつつこのアナライザで視覚的に状態を観察・理解・操作することを助けてくれます。

マルチパラメータ機能とメーターを表示した状態だとこんな感じ。UIは拡大縮小可能です。

短所:CPU負荷はやや高め。

長所:ボーナスとしてサチュレーションの効きが凄く良い。

このサチュレーションとステレオスプレッド機能を組み合わせて使うと、ほんのりと自然な暖かみのあるサウンドに変化させることが出来ます。サッとひとふりのうま味調味料的なプラグインとして使用出来る。常用しやすい。

ドラムやシンセ、ベース、ピアノ、ギター、オーケストラ、声など様々なサウンドに独特なステレオ拡張の空間処理系の味付けを施すことが出来ます。結構汎用性が高い。

使えるプリセットは現在60種類。

レビュー記事リンク

gearslutzのユーザーレビューリンク

Tommy Zai(ソングライター、プロデューサー、教育者)

MeldaProductionのMStereoSpreadは、オーディオトラックをよりパーソナルなものにし、さうんどをより 「リスナーに近づける」ことができます。

最初は、音響心理ディレイをベースにした疑似ステレオイリュージョンが、どのようにして音を広げ、同時に引き締められるのか理解できませんでした。

頭で理解するのは少し難しかった。

その後、考えるのをやめて、MStereoSpreadを使って新しくサウンドを広げたトラックを聴いて理解しました。

このエフェクトをオンボードのサチュレーターと組み合わせると、結果は豊かで非常に自然なサウンドになります。

このエフェクトをバイパスすると、何かが欠けているように感じます。

私の意見では、MStereoSpreadは「調味料」のようなものだと思っています。

(*このプラグインをトラックに挿入すると、人工的なステレオ・ジェネレーターが周波数特性、時間、音量の組み合わせによってLとRの間に不等号を作り出すことを後で理解しました。)

長所:

  • 直感的なインターフェース/クリーンなGUI

  • スプレッドはエフェクトの量をコントロールし、周波数はモジュレーションするものをコントロールします。

  • 良い基本的なプリセットのカテゴリ(ドラム、ベース、ピアノ、ソロ楽器、オーケストラ、ボイス)

  • ゴニオメーターは、優れた視覚的コントロールを可能にします
  • MIDIラーン機能

  • ボリュームスパイクから保護するためのリミッター

  • アップサンプリング(1x-16x)

  • レスポンシブな開発者(問い合わせへの迅速な返信と頻繁な更新)

  • 生涯無料アップデート

短所:

  • 最適なワイドネスとパノラマバランスを実現するためには、少しの忍耐が必要です。

  • スペクトラルジェネレーターで分割される周波数帯が多ければ多いほど、当然ながらCPUも多くなります。これは心に留めておく必要があります。パワーにはエネルギーが必要です。


Melda氏によると、「現代のリスナーは非常にタイトでパンチのあるサウンドを切望している」とのことです。

その通りだと思いますが、MStereoSpreadにはそれ以外にも特別ないくつかの良い物があります。

自分のトラックをより生き生きとしたものにしたいと思っているエレクトリックミュージシャンやプロデューサーなどにMStereoSpreadを強くお勧めします。

プラグイン単体で購入するとお得だし、バンドルで購入するとお得です。

私の耳と財布は満足しています。 素晴らしいプラグインを開発してくれたMeldaに感謝します。

セール情報

通常価格:87ドル

セール特価:43.5ドル(50%OFF)