Native Instruments 「Komplete Kontrol ソフトウェア版」を無料配布(プラグインの管理が捗る)

よろしければシェアお願いします

 

これはかなりうれしい!

Native Instrumentsのキーボード「Komplete Kontrolシリーズ」に付属している「Komplete Kontrol ソフトウェア版(スタンドアローン・VST・AU・AAX)」が無料で配布されるようになりました。

*このKomplete Kontrol ソフトウェア版は、ハードウェア(キーボード)のKomplete Kontrolがなくても使用できます。

 

スポンサーリンク

「Komplete Kontrol ソフトウェア版」サードパーティのプラグインの管理も良い感じ

早速使用開始しています。。

感動的。(スタンドアローンで起動)

 

NKS対応のプラグインの場合、Komplete Kontrol内でロードすると、自動的にそのプラグインのプリセットがKomplete Kontrolのブラウザに表示されるようになります。

これはかなりありがたい!!

 

愛用のSynapse Dune2は、プリセットブラウザがとても見にくいのですが、このKomplete Kontrolのブラウザを使うと非常にソートしやすくなります。お気に入りも簡単に作れる!

   

Logicでも使える

 

表示設定は柔軟で、サイドのブラウザを非表示にもできる。

 

スケール(コード、ハーモニー)作成機能や、アルペジエーター機能も付いています。

またプラグインのパラメーターをマッピングできるノブも搭載されています。

この機能はハードウェア版のKomplete Kontrolとリンクする機能です。

⬇️

EVERYTHING IS PRE-MAPPED AND READY TO PLAY

KOMPLETE KONTROLは、NKS対応のインストゥルメント&エフェクトを、すばやく直感的にハードウェアにマッピングします。これらのマッピングはインストゥルメントの開発者によって設定されており、例えば、あるシンセプリセットをロードすると、フィルターのカットオフやエンベロープの操作など、主要パラメーターがハードウェアの適切な位置に表示され、それ以降のコントロールは複数ページに分割されて表示されます。
 

出典:Native Instruments 

紹介動画

Komplete Kontrol Software Overview

  

   

Komplete Kontrol Software – 4 Reasons I Love It

   

 

U-heのシンセもNKS対応しているのでプリセットがロードされます。便利!

 

何気にFAWのCircle2もNKSに対応しています。

 

WavesのエレピもNKS対応でブラウザが見やすい。

KorgのレガコレシンセのM1はNKSに対応していないので、プリセットはロードされない。
しかし使用は可能。

 

上記のKorgのM1のようにNKS対応していないプラグインのプリセットはロードされないが、それでもKomplete Kontrol経由で使用する価値はあります。

音源とエフェクトプラグインの良い感じの設定を作成し、それをKomplete Kontrol内に保存しておけば、それをいつでもプリセットとして呼び出すことが可能になります。

複数のDAWを使用している方は、それらを横断して同じプリセット使用できるので便利かと思います。

 

Wavesはエフェクトプラグインも幾つかがNKS対応していた(全てではない。)

我がMeldaProductionの製品群はNKS非対応。。

 

 

 *Komplete Komplete(ソフトウェア版)のダウンロード・インストールには、Native Instrumentsのアプリ一括管理ソフト「NATIVE ACCESS(無料)」のインストールが必要です。
  
   
追記:DAW用のプラグイン版として使用する前にでスタンドアローン版で起動しないとサードパーティのプラグインのNKSファイルを読み込まない可能性があるようなので一応ご報告。。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク