Nektar社 ハーモニックシンセサイザー「BOLT」をリリースセール(99$ → 69$)

よろしければシェアお願いします

 

MIDIキーボードなどのハードウェアで名を知られるNektarTechnologyから、新しいソフトウェア・シンセサイザー「BOLT」がリリースされました。

 

Nektar Bolt Harmonics Synthesizer

  

紹介動画を見る限りでは音は素敵ですね。

 

BOLT説明文(意訳)

BOLTのシンセシスエンジンは、音の倍音構造を直接オシレータに生成します。

したがって、典型的な減算方式のシンセサイザーのようなフィルターセクションがありません。
HARMONICSとROLLOFFノブを回すだけで、波形とコアサウンドを、微妙なサインから明るいパルスチェーンに変えることができます。

ODDスイッチで、風変わりなハーモニクスのみを作成するようにオシレータを切り替えます。

さらにDEEPスイッチを入力すると、波形がのこぎり型または方形に似ていることがわかります(ODDがアクティブな場合)。

さらに、各オシレーターには独自の振幅エンベロープがあります。 コアサウンドを作成するために必要なのはそれだけです。

(出典:BOLT

 

MacとWinで使用可能で、フォーマットVST/AUが用意されています。

デモ版も用意されているので試用が可能です。

  

リリースに伴い特別価格のセールも同時開催されています。

通常価格:99ドル

リリースセール特価:69ドル

追記:

今デモってます。まずダウンロードの容量が非常に小さいのが驚き!たった8.7mb。

デモ版落とすのにメアド登録なども必要ないので、デモりやすいかと思います。

 

UI拡大縮小可能。

フィルタが付いてないのがホント不思議。まだよくわからんです。。ODD、INV、DEEPボタンのオンオフで感じが変わる。LFOは3つ。FXはEQ、リバーブ、ディレイ、コーラスの4つのみでシンプル。音は独特。パリッとしてクリアな感じか。FM/XM切り替えあり。

負荷は軽めかな(今軽く確認していますが重いプリセットもあるようです。)。負荷は軽くないかも。。うーんどうだろう。そこまで特別な感じはしないかな。

 

2018年12月26日 追記:

pad系のサウンドなどかなりイケてますね。結構簡単に音作り出来るかも。まだ1時間も触ってないのでまだまだジャッジは出来ません。。

取りあえず20分間でデモ版は一旦終了するので、デモ時間を延長したい場合はプラグインを再起動でまた使えるようになります。デモ版はパッチの保存機能は制限がかかって出来ないようになっていますが、フル機能が堪能出来ますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. VAIOMIX より:

    いつも多岐にわたり、情報提供ありがとうございます。
    ここの記事がきっかけで「BOLT」購入しました(円高騰によりJRRshopでお手頃価格でした)。
    OSCを直接歪ませるのはCASIOのPD音源を連想しますね。試したらそれ以上に直感的な音作りができ、好印象でした。音は軽めな印象ですが、その分外部エフェクト込みで音作りしやすく、わりと即戦力な気がします。
    アルペジエーターやステップシーケンサーなど余分なものが付いてないのも私にとってはありがたい。けっこう初心者向けな、軽めで気軽に使えるソフトシンセだと思います。

    • sawayaka trip より:

      AIOMIXさまコメントありがとうございます。
      シンプルだけどかなり多様な音が出せて楽しいシンセで自分も気に入りました。
      しかしながら自分の環境(MacBook Pro 15 2015)だとPigmentsほどではありませんでしたが負荷が高めで今回は購入を見送った次第です。やはりWindowsだと軽いのかなと。。現在WindowsPC購入検討中です。

  2. VAIOMIX より:

    返信ありがとうございます。
    私の環境(2017年製Win10ノートPC/Core i7-6700HQ 2.6GHz)だと、ほとんどのプリセット音色はCPUメーター12~30%くらいの負荷です。(ホストはStudioOne4とCubase9)

    ですがおっしゃる通り、一部のファクトリープリセットでは白玉コードを弾き続けると40~50%近くまで負荷がじわじわ上昇するものもありますね。
    どうも一部Pad系の音色中心に発音数が累積し、負荷が急激に増すようなのでこのような音色には

    ・ユニゾン数(VOICE DOUBLE)を減らす
    ・アンプENVのリリースタイムを800~600以下に減らす(これが無駄に長い音色がけっこうある)
    ・左下のPOLYPHONY設定で強制的に発音数を制限する

    といった対応する事で平均10%くらいは値が下がってきます。ちなみに内蔵エフェクターは案外影響少ないみたいです。

    公式では16音ポリと言ってますが、実際は音が途切れることなく鳴り続けてるような…(気のせいだと思いますけど)
    あと現状だとMIDI Learn機能が見当たらなかったりして、まだまだ片手落ちな部分は目立ちますね。(MIDIコントローラーで有名な会社のはずなのに??)このへんは今後のバージョンアップに期待したいところ。(ここまで長文失礼しました)

    すっかり遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。お体を壊さない程度に、更新がんばってくださいね!

    • sawayaka trip より:

      AIOMIXさま、こんばんは。

      ・ユニゾン数(VOICE DOUBLE)を減らす
      ・アンプENVのリリースタイムを800~600以下に減らす(これが無駄に長い音色がけっこうある)
      ・左下のPOLYPHONY設定で強制的に発音数を制限する

      といった対応する事で平均10%くらいは値が下がってきます。ちなみに内蔵エフェクターは案外影響少ないみたいです。
      公式では16音ポリと言ってますが、実際は音が途切れることなく鳴り続けてるような…(気のせいだと思いますけど)

      非常に有益な情報。ありがとうございます!再度Boltを触ってみたくなってきました。