Nugen Audioの2つのフラッグシップEQ(SEQ-SとSEQ-ST) が40%OFF

Nugen Audioの2つのフラッグシップEQプラグイン「SEQ-S」と「SEQ-ST」が40%OFFのセールになっています。

独立した左右オプション、ミッドサイド操作、強力なマッチEQ機能など、強力なEQコントロールを特徴としています。

「SEQ-S」では、自動化されたスペクトル分析で7.1サラウンドサポートも提供しています。

Pluginboutique Free Gift

SEQ-S:自動スペクトル分析やEQマッチングなど多彩な機能を搭載したリニアフェーズEQ

SEQ-Sは、ステレオミッドサイド操作と自動スペクトル分析を備えたSonic Sc​​ulptingと7.1までのEQマッチングを搭載したリニアフェーズEQです。

An Introduction to SEQ S

SEQ-Sの特徴

SEQ-Sの特徴は、『ステレオミッドサイドのコントロール』機能と『自動スペクトル分析』機能を備えた強力な『Sonic Sc​​ulpting』搭載していることです。

加えて、7.1までのEQマッチング機能も備えています。

これらの機能により、従来のパラメトリックインターフェイスでは得られなかった解像度でオーディオを「マッサージ」して修正することが可能です。

SEQ-Sの強力なソニックスカルプチャー機能

ステレオ、5.1および7.1サラウンドのサポートにより、SEQ-Sは空間環境を完全にコントロールすることができます。

柔軟なノードと直接描画可能なインタフェースにより、従来のパラメトリックインタフェースを使用すると非常に時間がかかったで修正作業がやりやすくなります。

また、Match invert を使用すると、忙しいサウンドトラックで会話のためのスペースをすばやく簡単に見つけることができます。重いEQや邪魔なダッキングを避けることができます。

制御されたシーン遷移と創造的なサウンドデザインの可能性のために自動化されたEQモーフィングを試してみてください。

モーフィング機能は、2つのEQメモリを操作の基礎として使用し、2つの状態の間を時間の経過とともにスムーズに移行できるようにします。

詳細リンク:

SEQ-S | Media Integration, Inc.
NEW!!:2015年12月25日、SEQ-Sの機能をそのまま搭載し、サラウンド対応を省いたバージョン、SEQ-STのダウンロード販売を開始しました。 Nugen Audio SEQ-Sは、モノ、ステレオ、MSから7.1chまでのソースに対応、リアルタイムでスペクトラム表示が可能な、パワフルなリニア・フェイズEQで、...
SEQ-S
SEQ-S gives you powerful sonic sculpting and EQ matching up to 7.1, with stereo mid/side operation and automated spectrum analysis.

SEQ-Sのセール情報

通常価格: 249ドル

セール特価: 149ドル

SEQ-ST:ライナーフェーズ・スプラインEQ

SEQ-STは、EQ マッチング機能を搭載したライナーフェーズ・スプラインEQです。

SEQ-STの特徴

比類のない柔軟性

SEQ-STは、他のEQを超える彫刻力を発揮します。

サイズ変更可能なダイレクトドローインターフェースにより、従来のパラメトリックインターフェースでは得られなかった驚くべき解像度で、オーディオをすばやく簡単に微調整できます。

SEQ-STを使用すると、ステレオおよびミッド/サイド操作にアクセスして、空間環境を完全に制御できます。

主な特長:

  • ライナーフェーズ・スプラインEQ
  • 曲線のスケーリングと平滑化
  • ズーム可能およびサイズ変更可能なインターフェース
  • フェーズ・スミアリングなし
  • 周波数ノードのロック
  • 心理音響バンディング
  • EQプリセットの一致

直感的なEQマッチング

SEQ-STを使用して、ソースオーディオの一部のフレーバーをキャプチャし、現在の作品と一致させます。マスタリングのリファレンスとして最適です。

または、個々のトラックでこのマッチング手法を使用して、異なるテイク、マイクの位置などを統一します。

さらに、マッチEQカーブを反転させることにより、従来のEQではカットできない複雑なミックスでスペースを切り開くための低侵襲テクニックを実現できます。

音楽制作用

従来のパラメトリックEQでは実現が困難であった柔軟で詳細なエンベロープを使用して、サウンドを微調整および修正します。

さらに、同じプラグインインスタンス内でも、独立した左/右およびミッド/サイド操作を利用できます。

EQマッチングを使用して、サウンドをリファレンスマテリアルに優しく押し込むか、テンポロックエフェクトを備えた新しいクリエイティブな球体に飛び込みます。

修正ミックス作業と穏やかなマスタリングポリッシュの両方に最適です。

ポストプロダクションとブロードキャスティングで使用が可能

従来のパラメトリックインターフェイスでは非常に時間がかかる正確な修正は、SEQ-STの柔軟なノードと直接描画インターフェイスを使用すると簡単です。

Match ‘invert’を使用すると、忙しいサウンドトラックで会話のためのスペースをすばやく簡単に見つけることができ、重度のEQや邪魔なダッキングを回避できます。

代表的な機能と用途

  • 左/右およびミッド/サイドチャンネルの独立したコントロール
  • EQマッチング
  • ボーカルや会話のための「完璧な空間」の作成
  • モノラルおよびステレオのオーディオ制作

セール情報

通常価格: 149ドル

セール特価: 99ドル