〔半額セール〕「Overloud Echoson」PinkFloidサウンドのディレイユニットをソフトウェア化

よろしければシェアお願いします

Overloud Echoson:伝説のマグネティック・ドラムディレイ

Overloud社製のディレイエフェクト・プラグイン『Echoson』の半額セール、来てます。

  

Overloud Echosonは、もともとイタリアのBinson社によって製造された伝説的なドラムディレイエフェクトのシミュレーション・プラグインです。

  

このBinson社のハードウェアの独特な「Tone(音の味わい)」は、かの有名な、70年代のピンクフロイド・サウンドを定義づける役割を果たしました。

  

そのイタリアの伝説的なマグネティック・ドラムディレイ・ユニットをOverloud社が再創造して作り上げたのが、Echosonです。

  

(オリジナルのユニットはイタリアの会社によって60年代と70年代に製造されています。)

古い機材ですが、今現在のレコーディングに大きな需要があります。

なぜなら、他の機材では真似することができない非常に個性的な味を追加できるからです。

今でも、ボーカル、キーボード、ドラムなどで、心地よい独自のサウンド感を達成するために使われています。(実は、現代エンジニアの密かな秘密武器となっています。)

   

Overloud ECHOSON – Pink Floyd Echorec drum delay

  

Overloud Echosonの特徴

  • 豪華なオリジナルトーンのリアルな『再創造』
  • 各再生ヘッドの独立制御
  • 左右別々のコントロールを備えたステレオ操作モード
  • デュアルモノ、ステレオ、リバーブモードで、より広いサウンドスケープを作成可能
  • BPM同期オプションを使用してディレイタイムを変更するための、調整可能なディスク速度
  • 「パラメトリックイコライザー」内蔵
  • ユーザー調整可能なWow/フラッターとエレクトリック・ノイズ
  • マルチレベルのUNDOとREDO
  • A / B 比較機能
  • 本物のミキシングセッションでデザインされたたくさんのプリセット
  • メモ用ストリップ:プラグインパネルのどこにでもメモを取ることができます

 

Overloud Echoson Review – MIXANDMASTERMYSONG.COM

  

How to mix Vocals with Overloud Gems

   

元のハードウェアを超えて

Echosonは、オリジナルのハードウェアの機能を拡張し、「デジタル」の世界の柔軟性と「アナログ」の味わいの豊かさをあわせもちます。

 

機能的には、プロセッサパネルを2倍にして、チャンネル間のクロスフィードバックを使用してオーディオチャンネルのステレオをペアにすることができます。

この機能は、ハードウェア版ではできないことです。シミュレーションを超えた機能を持つ製品と言えます。

   

  • ステレオモード:左右の設定を変えて(モノ)、反対側のチャンネルにディレイを送信し(クロス)、2つのチャンネルを組み合わせることができます。
  • ヘッドコントロール:再生ヘッドを個別にオン/オフして、どのヘッドをマグネティック・ドラムにフィードバックするかを決定できます。
  • 調整可能な時間:オリジナルのハードウェアは310ミリ秒の固定ディレイタイムを持っていますが、Echosonはあなたが異なるテンポを選択することを可能にし、さらにそれを曲のBPMに同期させることさえ可能にします。

 

ユニークで柔軟なサウンドチェーン

テープエコーの入力音がテープに録音されるのに対し、Echosonでは4つの再生ヘッドが配置された円形の回転するディスクに録音されます。

 

セール情報

 

通常価格:119.00ドル → セール特価:63ドル

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク