【半額セール】Artuira『Pigments 2』 パワフル&使いやすい新型シンセ

Arturiaが放つ本命シンセ『Pigments V2』の半額セールが来ています。

2020年5月8日 5:42 AM 追記:5/7までの予定ですが、まだセール価格でいけるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Arturia『Pigments 2』とは

Pigments 2 | Polychrome Software Synthesizer
NEW Arturia Pigments 2.0 Presets Demo
Arturia Pigments 2 First Look – Plus 400 Free Custom Wavetables

昨今のシンセプラグインの中でも抜群に汎用性の高い意欲的な製品『Pigments』が去年の年末にリニューアルされV2になりました。

V2の大きな改良点は、新型のサンプルエンジンの追加です。

ユーザー自身のサンプルを取り込んで音作りに生かすことができるようになっています。

*サンプル用の6つのスロット&6つの再生モードが用意されています。

*それに加えて、このサンプルエンジン機能では、Arturiaによる何百ものサンプルプリセットも追加されています。
  

また、『グラニュラーモード』も特筆すべき点です。

サンプルが、シンプルなボタンのみの操作で、グラニュラーシンセのパッチにすることができます。グラニュラーシンセを調節する機能も豊富に用意されいます。

First Look: Arturia Pigments Version 2 with New Sample Engine

Pigmentsは、Arturiaの20年に及ぶ(V Collectionシリーズなどの)アナログモデリングシンセシスの開発で培われた成果を盛り込んだ汎用性の高いシンセサイザーです。

フィルターも素晴らしい。

ポリクロームソフトウェアシンセサイザー『Artuira Pigments 2』

強力なウェーブテーブルとバーチャル・アナログ・ソフトウェア・シンセサイザーの製作に20年を費やしたArturia。その結晶がPigments 2です。

音楽を作る方法を激変させる力を持っています。

音楽制作において最も喜びを感じる瞬間。それは、イマジネーションの閃きをサウンドに変換すること。

Pigmentsは、そのプロセスを自然で直感的でカラフルなものにします。

Pigments Tutorials : Episode 1 – Overview
Pigments Tutorials : Episode 2 – The Synth Engines

Pigmentsの新バージョンV2への刷新で変わったこと

新しいサンプルエンジン

数百のサンプルを探索し、独自のサンプルをインポートし、6つの再生モードを備えた、6つの異なるスロットの1つにロードしましょう。

Pigmentsのモジュレーション機能を使用して、ループ、編集でサウンドに活力を与えます。

新しいシンセモード

ボタンに触れるだけでサンプルをグラニュラーシンセパッチに変換し、サウンドの密度、エンベロープ、サイズ、エキサイティングなランダム化パラメーターを調整して、サウンドデザインに別のレベルを追加します。

新しいシーケンサー

内蔵のシーケンサーにより、ランダム性を非破壊的に適用できるようになり、常に元の場所に戻ることができ、ライブパフォーマンスと即興演奏に最適です。

新規フィルタ、ディレイ

Arturiaは、Buchla Easelローパスゲートの象徴的なサウンドと宇宙時代のテープエコーをPigmentsの音響兵器に追加しました。

洗練された機能

新しいインターフェイス、MPE機能、新しい「undo(元に戻す/やり直し)」機能、強化されたモジュレーションバーがあなたを待っています。

新しいプリセット

新機能を誇示するために、英雄的なサウンド・デザイナーのアートリア社のチームはあなたが探検し、あなたの音楽制作で使用するための新しいサウンドを息をのむの数百を作成しています。

あなたのサウンドが生命力を持った色彩に

頭に思い浮かべたそのサウンドをPigmentsでカタチに。

Pigmentsは、ソフトウェアインストゥルメントに含まれる最高の要素を提供し、先駆的でエキサイティングで、深く個人的なサウンドを作成できます。

Pigmentsを使用すると、ソフトウェアインストゥルメントでは見られなかった方法で創造性をフルに表現できます。

  • 直感的な、超高速のワークフロー

  • 強力な素晴らしいサウンドのアーキテクチャ

  • 伝説のアーティストからのすばらしいプリセット

Pigmentsには「ツインオーディオエンジン」が搭載されています。

この機能により、バーチャル・アナログ・オシレーターとウェーブテーブル・オシレーターをサンプルエンジンと組み合わせて、パッチの最適な開始点を作成できます。

ウェーブテーブルをモーフィングしたり、サンプルを細かくしたり、独自のサウンドをインポートして歪ませたりすることも可能です。

Pigmentsを使って、次に何をするかはあなた次第です。

3つのエンベロープ、3つのLFO、および3つのファンクション・ジェネレーターを試してください。

Pigmentsは、モジュレーターを割り当ててサウンドをアニメーション化し、サウンドに命を吹き込みます。

『チューリング確率ジェネレーター』を使用して、任意のパラメーターに制御された、またはまったくワイルドなランダム変更を追加します。

「アイコン・アナログ・フィルター」や最新の「フォルマントフィルター」と「(外科医ナイフ的な)サージャン・フィルター」を組み合わせて、2つのフィルターで実行します。

ウェーブフォルダーやマルチフィルター、ビンテージスタジオのリバーブ、テープディレイ、EQなどのエキサイティングな現代的なエフェクトでパッチを処理してサウンドをデザインできます。

「ルーティング」は汚れた言葉ではありません

適切なパラメーターのマトリックスをスキャンすることはできますが、それが唯一の方法ではありません。

ユニークなインターフェースのおかげで、Pigmentsは複雑なモジュレーションを簡単に行うことが可能になっています。

そしてそれだけでなく、その作業を楽しくさせます。

これは、サウンドを構築するための新しいアプローチです。

『傑作』を作るためのシンセ

20年間、Arturiaはこれまでに作られた最も象徴的なシンセサイザーを分析、エミュレート、および改良してきました。

ロバート・ムーグ博士、キャメロン・ジョーンズ、および他の多くの業界の伝説的人物と協力して、Arturiaは世界クラスの楽器を作成することで評判を築いてきました。

そしてArturiaは、先駆的な手頃な価格のアナログハードウェアシンセサイザーMiniBruteをリリースして、音楽業界を大きく変えました。

Arturiaの最新の課題

Arturiaが従来から得意としてきた「ビンテージFMとアナログサウンド」への情熱と、最新のウェーブテーブルシンセシスを組み合わせて、究極のソフトウェアシンセ『Pigments』が生み出されました。

Pigments 2の特徴

  • 豊富なファクトリープリセットライブラリ

  • 互換コントローラNKS

並列に2つのエンジン

  • バーチャル・アナログトリプルOSCエンジン

  • 複雑なウェーブテーブルエンジン

  • サンプルおよびグラニュラーエンジン

二つのフィルタ

  • ArturiaのVコレクションのインストゥルメントから好評の「クラシック・フィルター」タイプを導入

  • 近代的なフィルタタイプ

  • 連続的な直列/並列ルーティング

強力なエフェクトセクション

  • インサートまたはセンドルーティング

  • 柔軟なパラメータ

高度なモジュレーション方式

  • グラフィック編集機能、ソースベースまたはディスターネーションベース

  • エンベロープ、のLFO、ファンクションジェネレータ、ランダムのSRCなどなど

ビジュアルインターフェース

  • 最も重要なモジュールのグラフィカルな表現を実現

ポリリズムシーケンサーとアルペジエーター

  • 複雑で、カスタムおよび進化するシーケンス/ ARPを作成できます

  • 高度なランダムシーケンス・ジェネレーターを搭載

システム要求

Windows

  • Windows 7+(64)PC:4 GBのRAM、2.5 GHzのCPU 
  • 1ギガバイトのハードディスク空き容量
  • 2.0互換GPUのOpenGL

Mac

  • 10.11以上:4 GBのRAM。2.5 GHzのCPU。 
  • 1ギガバイトのハードディスク空き容量
  • 2.0互換GPUのOpenGL

必要な設定

  • スタンドアロン、VST 2.4、VST 3、AAX、オーディオユニット、NKS(64ビットのDAWのみ)で動作します

ソフトウェアプロテクション:

  • ソフトウェアは、Arturiaのソフトウェアセンターで保護されています。(iLokなどは必要ありません。)

MusicTechさんのレビュー記事リンク:

Arturia Pigments 2 Review
Pigments was already an interesting and dynamic instrument, but this latest update promises to elevate Arturia’s acclaimed soft-synth into a whole new dimension...

長所:

  • 複雑にもかかわらず、使用し始めるのは非常に簡単
  • 素晴らしいプリセットライブラリ
  • 視覚的にも魅力的
  • Pigments 1ユーザー向けの無料アップデート

短所:

  • 価格(プラグインの価格としては199ドルは高額と感じる方も多いはずです。)
MTチョイス:9/10

Pigmentsを非常に有益なツールにするのは、シンセ、シーケンサー、ランダム化の組み合わせです。そして単純に使用すること自体が非常に楽しい。

ランダム化機能が素晴らしい。

MusicRaderさんのレビュー記事リンク:

Arturia Pigments review
Arturia’s first from scratch softsynth

ボリューム感のある表現力豊かなサウンドと刺激的なインターフェイスとアーキテクチャを備えたArturiaの最初の自家製シンセは驚異的です。

長所:

  • パワフルなシンセだが簡単に使える
  • Wavetableのエンジンはまさに野獣
  • 驚異的なモジュレーションシステム
  • 美しく魅力的なサウンド

短所:

  • アナログエンジンのユニゾンはありません
  • ウェーブテーブル編集機能はありません

参考ページ:Pigments vs Serum(KVR)

Just a moment...

Arturia Pigments 2:セール情報

通常価格:199ドル

セール特価:99ドル(50%OFF)

*セールは5月7日(木)夕方頃までです。