【94%OFF】Rigid Audio『Cinematrix』Kontakt用シネマティック・インストゥルメント

  

Rigid Audio社のKontakt用バーチャルインストゥルメント『Cinematrix』が超特価になっています。

(94%OFF)通常価格 :89ドル → セール特価:5ドル

 安っすいですね。。

  

 

CINEMATRIXは、簡単操作ですぐに使用できるシネマティックループモジュールです(タンデムで再生できる350種類のキットを含むKONTAKT用のソフトウェアです)。

4つのカテゴリ(Bass、Melody、Ambience、Groove)に渡るサウンドが搭載されています。

 

*この製品の使用には、Kontakt フル版(有料版)が必要です。

 

   

Rigid Audio『Cinematrix』

  

Rigid Audio Cinematrix Trailer

 

Rigid Audio Cinematrix Sounds And Features

 

 

Cinematrixは、4つのカテゴリ(Bass、Melody、Ambience、Groove)で、タンデム再生できる350種類のキットを搭載したKontakt用の最先端の「シネマティックループモジュール」です。

   

これらのキットは、1,300個の24ビットWAVファイルを使用して構築されています。

すべてのループは、「2オクターブの範囲内」&「ポリフォニックタイムストレッチ」で再生できます。

 

各部分には、キーボード上に独自の色分けされたレンジ(範囲)があります。

または、シーケンサーページの[SLICE]ボタンを使用してスライスされたループを再生することもできます。

 

特別なMIDIトリガーキー/ノートが備わっていて、現在再生中のスライスをリトリガー(シーケンサーがオンの場合)したり、パートごとにボリューム「トランスゲート」をトリガーしたりできます。

 

  

『Cinematrix』のMIXページ

 

このMIXページから、個々のパーツを組み合わせて組み合わせることができます。

上部のLCDには現在のキットが表示されます。

  

 

* キットを変更した場合、または別のループをロードした場合は、単に「— USER —」が表示されます。

  

 

* 現在の(ロードされた)ループを示す4つのLCディスプレイがあります。

そこからさまざまなループを選択するか、「R」ボタンをクリックしてCINEMATRIXに新しいループを選択させることができます(ランダム化)。

 

 

* ミックスページの最初のランダム化ボタンでSHIFTとALT / OPTIONを押すと、シーケンサーの状態もランダム(オンまたはオフ)に変更され、4つのパートすべてのプリセットランダムシーケンサーが選択されます。

  

  

* SOLOボタンは、パートをソロにするために使用できます。

ほとんどすべてのコントロールでは、ALT / OPTIONを押して、すべてのパーツの値を一度に調整できます。

CONTROL / COMMANDは値をリセットします。

SHIFTは微調整用です。

SPACEノブは、選択したパートのコンボリューションリバーブの量を設定します。

FXボタンを使用して、パーツのFXセクションを有効または無効にすることができます。

SEQボタンは、パートごとのシーケンサーを有効/無効にします。

 

 

 

『Cinematrix』の編集ページ

 

EDIT(編集)ページでは、4つの部分のそれぞれにパラメーターを設定できます。

Cinematrixは、パートごとのループ速度制御(ハーフ、ノーマル、ダブルスピード、フリーズ)を備えています。

 

カットオフとレゾナンス、アンプとフィルターエンベロープコントロール、モジュレーションホイールマッピング(ボリューム、ローパスまたはハイパスフィルターカットオフ)、ピッチベンド範囲、ソリッドバスコンプレッサー、テープサチュレーション、ローカット、ステレオ幅を備えたフィルターモディファイアが搭載されています。

  

  

FXページ

 

Cinematrixには、包括的なオンボードFXセクションが付属しています。

自動パン、フランジャー、ディレイなどの基本的なブレッドアンドバターエフェクトに加えて、さらに興味深いエフェクトも得られます。

      

STEP FILTERは、カットオフをランダムに変更するテンポ同期バンドパスフィルターです。

 

AMOUNTは、カットオフスイープの強度を制御します。

 

STEP GATEは古典的なボリューム「トランスゲート」です。中央には、さまざまなエフェクトセクションのオン/オフ切り替えボタンがあります。右側には、32のプリセットとランダムに1つを選択するランダム化ボタンを備えたプリセットメニューがあります。

 

SPACE REVERBには、ドロップダウンメニューから選択できる60個のインパルス応答が付属しています。

 

 

SEQページ

   

おそらく、Cinematrixで最も興味深い部分がこの『SEQページ』です。

各パートには、パートごとのサンプルオフセットだけでなくループオフセットも制御できる2 x 32ステップシーケンサーがあります。

したがって、基本的には、パーツごとに32ループをRAMにロードし、再生するループをオフセットできます。(簡単に興味深い結果を導き出すことができます)。

  

さらに、各パートには32のプリセット(有名な「R」ボタンと一緒に)、レートコントロール(1 / 2、1 / 4、1 / 8、1 / 16)、開始ステップおよび終了ステップオフセットノブ+ SLICEおよび GATEボタンが装備されています。

  

GATEボタン:
最初の(サンプルオフセット)シーケンサーの現在のステップが0の場合、この時点でループは再生されません。 (一部のプリセットに必要です。)

SLICEボタン:
選択したループのキーボードで最初の24スライスを半音階で演奏してみましょう。 (「AKAIスタイル」)。

 

 

その後、デフォルトのピッチを使用しますが、ミックスページのSEMIノブを使用して変更できます。

 

さらに、サンプルオフセット(SO)またはループオフセット(LO)のパターン記録ボタンを使用して、独自のパターンデータを記録することもできます。

 

 

 

『Cinematrix』の特徴

 

  • 簡単にインスピレーションを得ることができる350種類のプリセットキット。(また、それだけでは不十分な場合は、Cinematrixのランダム化機能を使用して、無限の「新しい」キットを生成できます。)
  • 1,300個の24ビットホスト同期ループ(3.2GB)
  • 350種類のプリセットキット
  • 強力なSynfernoエンジン(14k行以上のスクリプトコードに基づく)
  • パートごとに2つのパラメトリックEQを備えた中央のミキシングセクション
  • 個別の編集、FX、およびシーケンサーページ
  • 4xコンボリューションリバーブを備えた包括的なエフェクトセクション
  • ポリフォニックタイムストレッチ、MIDIホットキー
  • インテリジェントなランダム化
  • サンプルおよびループオフセットを備えたパートごとのステップシーケンサー
  • 素晴らしい編集とサウンドシェーピング機能
  • 無限の可能性を実現するためのループの組み合わせ
  • 暗号化されていないWAVループ-DAWに対応
  • Kontaktのスナップショット機能を利用した高速プリセットキットブラウジング
  • Cinematrixは完全に自動化可能です
  • すぐに使える、刺激的なサウンドをすぐに使用できます
  • 100%ロイヤリティフリー

 

 

『Cinematrix』のセール情報

 

通常価格 :89ドル

セール特価:5ドル(94%OFF)