記事内に広告が含まれる場合があります

Riot Audio『Ritual Gong Drum』(東南アジアの幻想的な青銅ゴングドラム)Kontaktライブラリ

Riot AudioのRitual Gong Drumが71%OFFのセールになっています。

通常価格:52ドル → セール特価:15ドル

Ritual Gong Drumは、東南アジアの「Karen drum」 と呼ばれる儀式用の青銅のゴングドラムのライブラリをディープ・サンプリングして制作されたバーチャルインストゥルメントです。

用途の広いバーチャルインストゥルメントです(親密なタップサウンドからマレットブームに至るまで)。

*この音源の使用にはKontakt 5.8以上のフルリテールバージョンが必要です。

広告

Ritual Gong Drum

Ritual Gong Drumは、自然のままの透明度でサンプリングされたエピックなブロンズ・ゴング・ドラムのKontaktライブラリです。

親しみやすいタップから鳴り響くマレットブームまで、様々な用途に使用できる汎用性が高さが特徴です。(シネマティックだけではなく、エレクトリックミュージックなどにも適したKontaktライブラリです。)

イメージ動画(1分):

ADPのブライアンさんによるデモ動画(4分30秒):

かっこいい!

紹介動画(4分50秒):

Ritual Gong Drumの概要

民族学者で人類学者のアンドリュー・タートンは、1960年代にタイ北部で工芸品を収集し、地元の文化を研究していました。

この特殊な太鼓は、儀式用の太鼓として生涯のほとんどの間地面に置かれていましたが、地元の村で先祖代々の儀式やその他の儀式のために解体されてしまいました。

この太鼓は、著名な東南アジアの専門家であり人類学者でもあるアンドリュー・タートン氏が、1970年代に現地での研究中にイギリスに持ち帰ったものです。それ以来、この地域の工芸品や楽器は彼の個人的なコレクションの中にあります。

このRitual Gong Drumのドラム・サウンドは乾いた状態で録音されています。

左手と右手が別々にマッピングされ、ロールやクレッシェンディの演奏やプログラミングが簡単にできるようになっています。これにより演奏性の高いライブラリになっています。

カスタムなUIインターフェースで、サステイン、テープ・サチュレーション、微妙なローエンドのコントロールに加え、リバーブの量やサイズのコントロールも可能です。

Kontakt用のインストゥルメント

Ritual Gong DrumにはシンプルでクリーンなKontaktインターフェースが付属しています。

この楽器のサウンドを作曲に合わせて調整できるように、いくつかの重要なパラメーターを選んでみました。

MASTER

ボリュームとパン。マスターボリュームとパンコントロール。

エンベロープ

エンベロープの設定。アタック、ディケイ、サステイン、リリースの設定。

エフェクト

  • サチュレーション:テープの飽和度(高レベルではわずかに圧縮)の量

  • ローブースト:低音域を優しく、非常に音楽的にブーストして迫力を加えます。鳴り響くような遠いサウンドをお望みの場合は、完全にダイヤルダウンしてください。

  • エクストラ・サスティン。トランジェント・シェイピングを追加し、ディケイ・スロープを長くします。

  • リバーブ:リバーブの戻り量(ブリカスティデジタルリバーブモデル)

  • 長さ:リバーブトレイルの長さをコントロールします。

楽器

  • タイの大型無垢銅鑼太鼓
  • 象徴的な動物(カエル、象)で飾られています。

アーティキュレーション

  • ウールマレットショート
  • ウールマレットロング
  • ハンドリム
  • ハンドソフト
  • マレットリムソフト
  • マレットリムハード
  • Dampened

システム要件など

  • 24ビット48khzサンプリング
  • Bricasti デジタル・リバーブ・モデリング
  • Kontakt 5.8(フルバージョン)が必要です。
https://riotaudio.com/product/ritual-gong-drum/

セール情報

通常価格:52ドル

セール特価:14.99ドル(71%OFF)