Rob Papen 新型シンセ「Vecto」 発売イントロセール!

よろしければシェアお願いします

 

Rob Papenが新たにリリースした「Vecto」。

強力な4オシレータベクトルシンセサイザーです。

「ベクトルパス」を使ってさまざまなサウンドを形作ることができます。

 

新発売とは言え、この「Vecto」。以前からご存知の方も多いとは思います。

Propellerhead Reasonのラックエクステンション版としてリリースされている製品です。

(シンセにはからっきし厳しい評価をするReasonユーザーですが、Vectoの評価は非常に高く、すでに大きな成功を収めているシンセです。)

   

Propellerhead Reason ラックエクステンション版のVecto

Rob Papen Vecto Patches preview

  

そして今回、その好評だったReason RE版のVectoの「プラグイン版(VST・AU・AAX)」が新しくリリースとなりました。

これで、他のDAWの使用者さんもVectoが使えるようになりました。加えて、喜ばしいことに新発売を記念して20%オフのイントロセールも合わせて開催されています。プリセットは別途購入しなくても、最初から1000種類付いてきますよ。

    

Live Stream 13 Feb 2019 – Vecto –

 

Vectoとは?

 

Vectoは強力な4オシレータベクトルシンセサイザで、ベクトルパスを使ってさまざまな方法でサウンドを形作ることができます。

 

パッケージに含まれているのは、オシレーターウェーブ、サンプル波形、複数のモジュレーションオプション、プリセットされたベクトルパスなど、ユニークで独特のサウンドを作成するのに役立ちます。

 

1986年にリリースされたProphet VS Synthの中でSequential Circuitsによって最初に導入されたVectorは、4つの音源間のクロスフェードによってダイナミックなサウンドの動きを提供する一種のオーディオ合成です。

 

初めてプラグインとして利用可能になったVectoは、もともとPropellerhead Reason REプラットフォーム用に作成されました。

このREプラットフォーム(ラックエクステンション版)で大成功を収めた後、Rob PapenはVectoを他のDAWで使用できるようにして欲しい!という多くの要求を受けました。

そして今回、Audio Unit、VST、およびAAXもサポートする独立したプラグインとしてリリーすることになりました。

   

  

特徴:

4オシレータ・ベクトル・シンセサイザ

1000以上のプレミアムプリセット

ダイナミックサウンドミキシングのための「セントラルXYコントローラー」

さまざまな高品質エフェクトプロセッサーを搭載した28個のフィルタースロット

2エフェクト・プロセッサ

古典的なアナログモデル、加算、スペクトル、サンプルを含む多種多様な波形

クラシックスタイルのアルペジエーター

古典的なアナログモデルの波形、アディティブ(加算)波形、スペクトラム波形、高品質のサンプリング波形など、さまざまな波形が搭載されているので、サウンドの選択肢は非常に豊富です。

28種類のフィルターと2つのトップノッチエフェクトプロセッサーを備えた2つのフィルターが追加され、ブリスターでオーディオルートを仕上げます。

アルペジエーターを含む多くの興味深いモジュレーションオプションと創造的な機能がVectoに追加されています。

1000種類のプリセットが付属しています。  

    

セール情報

 

Rob Papen本家サイトとPlugin Boutiqueでセール開催中です。

どちらも99ドル→79ドル

 

Plugin Boutiqueの会員の方はポイントが約440円分還元されるので、ちょっとお得になります。(ちなみに、Plugin Boutiqueの会員登録は無料です

  

 

通常価格:99ドル

発売記念特価:79ドル

*ポイント:£3.06(440円) 還元

 

 

また、Propellerhead Reason用のラックエクステンション版「Vecto」も同時にセールが開催されています。

   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク