[エレピのセール] Scarbee Classic EP-88s virtual Rhodes electric piano + Matrix expansionが半額特価!

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scarbee EP-88 test jam | Frank Montis Artist Preset in the latest update!

めずらしいセールが来ました。

ScarbeeはNative Instrumentsの高品質なKONTAKTインストゥルメントで有名ですね。

 

今回はそのScarbeeから、エレクトリックピアノ好きな人にはたまらない高品質なエレピ音源「Classic EP-88s virtual Rhodes electric piano」がセールです。

 

 

 

しかもMatrix expansion(追加音源)が付属します。(後ほど紹介します。)

そして、Native Instrumentsと深い関係のScarbee。当然のことNKSに対応しています!

通常価格 109ドル。

それが現在50%オフで、55ドル

 

Scarbeeの音源にしてはかなり良い値段で出してきましたね。

*いわゆるKontakt音源ですが、無料のKONTAKT 5 PLAYERでもOK

 

Review: Scarbee Classic EP-88s Electric Piano Library

うーん良い音。。

 

Matrix expansion(追加音源)通常価格:19ユーロ(2500円)も付属

 

Matrix expansion(追加音源)の特徴:

MIDIモジュレーションマトリクス
プレFXディレイ
30種類の新しいShapshotプリセット

 

*セールは、8月27日まで。
 

特徴

真の水平放出サンプル技術
代替ルーティングによるオンボード効果の柔軟性
88鍵、30ベロシティ、8294サンプル
あなたのスーツケースには何がありますか?

Scarbee Classic EP-88には、より多くのサンプル、より大きなダイナミクス、より多くの鍵があります。 (Scarbee Mark 1と比較して)。このような楽器を復元​​しようとした人は、最低オクターブと最高オクターブが鍵の残りの部分と同じくらい多くの時間を取ることを知っています – それはあなたに多くの忍耐、多くのスペアパーツ、そして幸運を必要とする真の戦いです。

私たちは、それぞれのキー、トーンの完璧なバランスと多くの樹皮の維持を可能な限り最高にしたいと考えていました。 Scarbee Mark 1と比較して、より強いストライクがあります – より柔らかいストライクもあります。

私たちはノイズのためにサンプルを掃除するのに膨大な時間を費やしました – 各サンプルは4つのステージを通過しました。最後の2つは手動で行われました。その理由は、余計なノイズを発生させることなく、またレコーディングの一部を傷つけることなく、極端な高音域のEQ設定を備えたプリセットを提供できるようにするためです。

「Bahian Love Affair」のようなスナップショットを選択し、設定ページで音源を完全に消してみて、その違いを聞いてみてください…

 

あなたのサウンドを見つましょう

すべてのミュージシャンが自分のサウンドを見つけようとします。プロデューサーは探しているものを正確に得ることができます。 私たちはあなたに簡単に対応しました:45種類のスナップショットプリセットが用意されています。独自のサウンドを作りたい場合は? 117 FXプリセットから始めましょう。

別のルーティングを選択して、いくつかのFXをアンプの前後に置くこともできます。 可能性は確かにあります。 George Dukeのオマージュとして、私たちは3つのゾーン分割EQとステレオノブを作成しました。

 

遊ぶことの純粋な喜び

皆さんがSCARBEE CLASSIC EP-88を最大限に活用するために、私たちはスマートキーアクションキャリブレーションユーティリティを作成しました。このユーティリティは、現在のキーボードですべてのベロシティゾーンを実際にトリガーするかどうかを示します。

 

新しい電子キーボードライブラリーでは、演奏性を向上させ、バーチャルインストゥルメントのキーボードにさらなるリアリズムを加えるための新しいシステムをいくつか紹介します。

 

高度なリリースサンプルシステム:すべてのサスティンを最初から最後までスキャンしただけで、Nils Libergと私(Thomas Hansen Skarbye)はサンプルをリリースするときにダイナミクスやサスティンに関係なく常に正しいサウンドとエネルギーを持つシステムを設計しました開催されました。

 
サンプル共鳴システムのリリース:「ボックス」レゾナンスを完全に模倣するように、「ボックス」レゾナンスを制御する新しい方法を作りました。
高度なサスペダルの動作:すべての種類のペダルFXを追加するだけでは不十分でした…同じキーを繰り返し再生するときサステイン・ノートが互いに影響する方法も変更しました。

 
ノートオフディレイ:MIDIキーボードでは、リリース音が実際の楽器に比べて少し早く開始し、繰り返し音がスタッカートのように聞こえました。その解決策は、MIDIキーボードまたはシーケンサーから送信されたノートオフを、元の楽器と同じ時間に変更するように単に遅延させることでした。それも演奏の経験に本当の違いをもたらしました!

 

https://www.scarbee.com/products/scarbee-classic-ep-88s

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク