【5ドル】ディストーションFX『Screamo』85%OFF

 

WA Production社製ディストーションプラグイン『Screamo(通常価格:39ドル)』が5ドルのセールになっています。

85%OFF。。

前回のイントロセール(70%OFF)より安くなってしまいました。。

 

WA Production『Screamo』セールページ

    

 

Screamo

 

Screamoは、2つのレゾナンスシェルフフィルターが特徴のディストーションプロセッサー。

  

Screamo by W.A. Production | Tutorial & Review of Main Features

     

  

    

Screamoの各機能

 

Smear

2つのレゾナントシェルフフィルターは、拘束状態で使用するとトークボックスのような効果を発揮し、強く押すとフルオンのスクリーマーを使用します。

3種類のスミア効果を切り替えることができます。上向き、下向き、または双方向の周波数モジュレーションです。

 

Drive

Driveコントロールを使って、パーカッションループをクラックしたりシンセをカットしたりすることができます。

微妙なサチュレーションから極端なオーバードライブまでクリエイトできます。

ソフト、ミディアム、ハードスタイルのディストーションモードを有効にすることができます。

同期機能

Smear、Drive、Makeupの各コントロールはすべて同期されているため、通常のプラグインルーティングでは非常に複雑なテンポ同期のスクリームエフェクトを作成できます。

下段のShape、Speed、Smoothの各ダイヤルを使って波形をデザインし、上段の3つのパラメーターをコントロールします。

ゆっくり進化するトークボックス効果、またはクレイジーなバタバタしたオーバードライブを作成できます。

 

オールインワン

25種類のファクトリープリセットは、繊細なサチュレーションからワイルドなオーバードライブのリズムまで変化させる設定を備えています。それらを、すばやく起動して実行できるように設計されています。

これらはすべて、プラグインメニューから簡単にアクセスできます。もちろん、ユーザープリセットとして自分の設定を保存することもできます。

正確なA / BingがScreamoの処理能力の結果をチェックするためには、リアルタイムのレベルモニターとゲインコントロールが不可欠です。

 

  

特徴

  • ワンクリック変換用の25種類ののクリエイティブプリセット
  • 3つのスミアモード
  • 3つのディストーションタイプ
  • 5つの調整可能な開始点を持つ同期モジュレーション波形
  • ストレート、トリプレット、ドットリズムによる同期スピードコントロール
  • リアルタイム出力レベル表示とゲイン
  • フルPDFマニュアルとチュートリアルビデオ

 

SCREAMO – Tempo Synced Distortion / Screamer & Talk-Box Audio Plugin

  

  

通常価格:39.00ドル → セール価格:5ドル

 
   

コメント