【10/30まで】Softube『Model 72 Synthesizer System』リリースセール

Softubeの新製品『Model 72 Synthesizer System』が37%OFFのリリースセールになっています。

Model 72は、70年代初頭のクラシック、アナログ、モノフォニックシンセを精巧に再現したシンセシステムです。

Model 72 Synthesizer System – Softube
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Model 72 Synthesizer System

Model 72は、1970年代初頭の「クラシック・アナログ・シンセ」をベースに、音質を重視したシンセシステムです。

通常のインストゥルメントとして、またはエフェクトとしても使用できます。

サウンドデモ(2分):

Softube – Model 72 Synthesizer System

サウンドデモ(2分):

Softube Model 72 – Saturator Monster!(No Talking)

レビュー&紹介動画(32分):

First look at the Softube Model 72

Softube Model 72 Synthesizer Systemのファーストルックとサウンドのデモ(8分):

Softube Model 72 Synthesizer System first look and sounds

モノフォニック・レジェンドの完成形『Model 72』

  • 70年代初期のクラシックなアナログ・モノフォニック・シンセをベースに、音質を重視したシンセサイザー・システムです。

  • 実際のシンセの使用例やトリックをソフトウェアで正確に再現し、ユーザーとリスナーをファンキータウンに運んで行く驚異のコンポーネント・モデルを実現しています。

  • Model 72は、オリジナルの楽器のモデル、FXバージョン、Amp Roomモジュール、7つのModularモジュールを含むシステム全体を構成しています。

新しい実験的なサウンドがポップ・ミュージックを形作り、さらに一歩進んだ70年代初期にタイムスリップしたことを想像してみてください。

SoftubeのModel 72シンセサイザーシステムは、ヴィンテージシンセのタイムマシンです。

1972年のハードウェアユニットから細部に至るまでモデル化されたコンポーネントは、すべての癖や非線形性をそのままに、元来の状態で再現されています。

その結果、多くの名作のレコードで聴くことができる暖かさと滑らかさを備えた本物のサウンドが実現しました。

今、このクラシックが未来へと旅立ち、ダブリングやステレオ・スプレッドなどの現代的な機能をピックアップし、様々なアプリケーションに対応する複数のバージョンを持つフル・システムへと進化しました。

Model 72の特徴

  • 1970年代初期のクラシックなアナログ・モノフォニック・シンセをベースに、音質を重視したシステム。

  • Era correct:すべての癖や非線形性をそのままに、完璧にコンポーネント・モデリングされています – オリジナルのハードウェアと同様のサウンドと動作をします。

  • ハードウェアの実際の使用例やトリックをソフトウェアで正確に再現しています。

  • 4つのバージョンが含まれています:Model 72 Instrument、Model 72 FX、Softube Amp Room用Model 72モジュール、Softube Modular用Model 72モジュール7種類。

  • 実世界や通常のソフトウェアでは決して不可能な組み合わせをModularで作成できます。

  • ダブラー、ステレオ・スプレッド・エフェクト、コントロールの拡張など、ソフトウェア独自の機能を追加。

Model 72のユーザーインターフェース

トーンジェネレーション&ミキサー

トーンジェネレーターはModel 72の心臓部です。

この部分は3つの発振器で構成されています。

上の2つは出力波形や特徴が同じで、入力される音符情報に連動しています。

3 番目のオシレーターは、入力された音符情報とリンクさせずに、チューンノブでチューニング範囲を広げたフリーランのモジュレーションオシレーターとして使用することができ、波形も若干異なります。

ミキサー部は5つのスイッチで構成されており、フィルター部とアンプ部にミックスされる様々な音源をON/OFFすることができます。

エンベロープ&フィルター

ミキサーからの信号は、電圧制御された4極ローパスフィルターに入力され、レゾナンスコントロール(フィードバック)されます。

フィルターのカットオフ周波数はカットオフノブでコントロールできますが、このセクションの専用エンベロープジェネレーターと独立したモジュレーションセクションによってリアルタイムでダイナミックに変更されます。

アタック、ディケイ、サスティーンのノブを備えた上段のエンベロープジェネレーターは、サウンドの高調波の内容を、下段のエンベロープジェネレーターは振幅を調整します。

両方のエンベロープ・ジェネレーターは、音符を演奏したときに起動し、ノブで設定された時間内にそれぞれのフェーズを通過します。

モジュレーションセクション

モジュレーション・セクションには、Model 72 の全体的な微調整、ノート・グライド・レート、モジュレーション・ミックスを設定するマスター・チューン・ノブがあります。

また、オプションのモジュレーション・ソースとして使用できる専用の低周波オシレーター(LFO)も追加されています。

すべてのモジュレーションは、アッテネーターとして機能するモジュレーション・ホイールを介してルーティングされ、デスティネーションに分配されるモジュレーションの量を決定します。

モジュレーション・インは、オシレーター・ピッチ、フィルター・カットオフ周波数、またはその両方にルーティングすることができます。

出力セクション

出力部には、全体の出力音量をコントロールするマスターボリュームノブがあります。

マスターボリュームノブのすぐ下には、チューニングガイドトーンのON/OFFを行うA440ボタンがあります。440 Hz (A4) のサインオシレーターをオンにして、素早くチューニングを行うことができます。

A440 ボタンの下には、ダブリング機能とスプレッドノブがあります。ダブリング機能を有効にすると、演奏された音を別のモデル72で倍音にする効果があります。

Model 72 インストゥルメント

MIDI経由でコントロールされたインストゥルメント・チャンネルのインストゥルメント・プラグインを使用して、このシンセで知られるオリジナル・サウンドを作りましょう。

フィードバック・ループ・トリック、ハイ・アウトプットから外部入力にケーブルを走らせることで、よりオーバードリブンで歪んだクールなサウンドを作ることができるという有名なトリックも含まれています。

接続したMIDIキーボード・コントローラーを使用することもできますし、DAWでノートを編集して演奏することも可能です。

Model 72はお使いのキーボードのフルレンジに反応し、ベロシティに反応するように設定することもできます。

Model 72 FX

外部オーディオ入力に外部音源を接続してシンセをエフェクトとして使用することは、1970年代から今日に至るまで数え切れないほどのアルバムで耳にする一般的な使用例です。

FXプラグインをオーディオまたはミックストラックに追加して、この外部入力機能を再現し、サウンドソースにディストーションとフィルターを使用します。

MIDIチャンネルをエフェクトにルーティングし、エフェクトを介して処理されたサウンドをゲートするためにノートを再生します。

アンプ・ルームの準備ができています

Model 72 Amp Roomモジュールは、エンベロープフォロワー、カットオフ、レゾナンス、ドライブを備えたこの伝説的なシンセサイザーのファットサウンドフィルターで構成されています。

エンベロープフォロワーには、ファストとスムースの2種類のモードがあります。

また、エフェクトをブレンドしてサウンドを微調整するためのミックス・ノブも用意されています。

この素晴らしいエンベロープ・フィルター・エフェクトを使って、ギター、ベース、キーボードのビンテージな雰囲気の中で、本当にユニークなサウンドを作りましょう。

モジュラー対応

すべてのModel 72インストゥルメント・セクションは、Softube Modular用の個別モジュールとして提供されており、Eurorackシステムに追加することができます。

モジュラーワークフローでシンセサイザーの単一パーツを簡単に組み合わせて、パッチを作成したり、本格的なビンテージモノフォニックサウンドを得ることができます。

モジュラーモジュール

トーン・ジェネレーター

プラグインで使用されている7つの波形をすべて収録しています。

ミキサーやゲイン・モジュールを使用して、これらのオシレーターをModularの他のモジュールと正しくゲイン・ステージングしてパフォーマンスを向上させることができます。

アンプ

オーディオを増幅したり、歪ませたりします。

トップのCVジャックは7.5Vにパッチされており、この電圧はアンプのCVアッテネーターのポテンショメーターで調整されます。アンプがオーディオを増幅/通過させるためには、追加のCVを挿入する必要があります。

フィルター

このクラシックなファットローパスフィルターは、8 を超えると自己発振し、33% と 66% のスイッチが両方ともオンになっている場合、1 V/オクターブをしっかりとトラッキングすることができます。レベルノブは入力の減衰機能を持っています。

エンベロープ

ゲートジャックの 0.66V 以上のゲートでエンベロープがアクティブになります。ディケイ・ノブは、リリース・スイッチがオンに設定されているときのリリース・タイムも設定します。

リリーススイッチがオフの場合、リリースタイムはゼロに設定されます。

ノイズとグライド

ホワイト/ピンクノイズ発生器とグライドバッファ。

ホワイト/ピンクノイズの出力は、オリジナル回路の性能に基づいています。グライドバッファは、主に制御電圧の旋回用に設計されていますが、何でも旋回させることができます。

ダブリング

基本的にはModel 72プラグインと同じ効果ですが、ここではダブリングノブで徐々に設定し、スプレッドノブでステレオで効果を拡大していきます。

プリアンプ

外部オーディオ用のプリアンプは、押すと非常に心地よい歪みを与えてくれます。

システム要件

  • Mac OS X 10.12以降(古いOSバージョンは動作する場合がありますが、テストはしていません(64ビットのみ)。
  • Windows 64ビット、バージョン7、8または10(64ビットのみ
  • Intel Core 2 Duo、AMD Athlon 64 X2以上。
  • 画面解像度1280×800以上。
  • 対応サンプルレート 44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz(モノラル、ステレオ)。
  • 8GB以上のRAMと、インストール用に8GB以上のハードディスクの空き容量を推奨します(個々のプラグインの場合は容量が少なくて済みますが、サンプルライブラリの場合は追加のディスク容量が必要になる場合があります)。
  • ソフトウェアの登録とインストールには Softube アカウントが必要です。
  • ソフトウェアの認証にはiLokアカウントが必要です。
  • インストーラのダウンロードやライセンスの管理にはインターネットアクセスが必要です。
  • プラグインの認証に物理的なiLokドングルを使用する場合は、iLok第2世代以上が必要です(iLokドングルは必須ではありません)。
  • 理論的には、64ビットのVST、VST3、AU、AAX(11.0.2以上)と互換性のあるホストアプリケーションであれば動作します。
  • DAWアプリケーションの最新のメンテナンスリリースを推奨します。

ただし、DAWごとのプラグインホストの違いや、Softube独自の厳格なテスト基準により、Softubeのプラグインおよびインストゥルメントは、Pro Tools、Logic Pro、Cubase、Live、Studio One、Digital Performer、Reaper、Sonarの最新バージョンでのみ公式にテストされています。

Softubeのプラグインは、リストに記載されていないシステムではテストされていませんが、システム要件を満たしている限り、ほとんどの場合、動作すると思われます。Softubeは、サポートされていないシステムでの問題の解決を保証するものではありません。

*常に最新の iLok ライセンスマネージャを使用してください。これは、Softube のインストーラには含まれていませんが、www.ilok.com からダウンロードすることができます。

セール情報

通常価格:159ドル

セール特価:99ドル(37%OFF)