【9/26まで】Soundiron『Disco 6000』イタロディスコで用いられてきた歴史的なアナログ・シンセサイザー/ドラム・マシン(リリースセールで19ドル)

Soundironの新しいKontakt音源『Disco 6000』リリースセールが行われていて、19ドルで購入が可能です。

SoundironのDisco 6000は、イタロディスコで用いられてきた歴史的なアナログ・シンセサイザー/ドラム・マシン「Solton Disco 64」をサンプリングしたKontaktライブラリです。

SoundironのKontakt音源らしくFXなどの付加機能も豊富です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Soundiron Disco 6000:セサイザー/ドラム・マシン

Soundiron Disco 6000は、リズミックなドラムループをはじめ、シンセのサスティーンやスタッカートなどを含む、ファットなアナログ音色が特徴的なアナログシンセサイザー/ドラムマシンです。

Disco 6000のデモ動画(6分):

Composing With Disco 6000

紹介動画(19分):

Walkthrough: Disco 6000

Soundironの新しいKontaktライブラリ『Disco 6000』

魅力と歴史を備えるアナログ・シンセサイザー/ドラム・マシン「Solton Disco 64」のサウンドをキャプチャしています。

Solton Disco 64:

Solton Disco 64

Solton Disco 64は、1978年から1982年にかけてイタリアの Ketron社との提携によりドイツで製造されました。

初期のイタロ・ディスコで用いられたマシン。

有名なシーケンシャル・サーキットの Prophet 5 の初期のイテレーションで使用されていた 2 つの 「SSM2040」フィルターを搭載しています。

このフィルターは、初期の有名なシーケンシャル・サーキットのProphet 5に使用されていたものです。

取り外し可能なキーボードには36個のキーが搭載されており、ドラムマシンをトリガーするための様々なノブやボタンも搭載されています。

Disco 6000には、シンセのサスティーンやスタッカートだけでなく、プリセットのリズミック・ドラム・ループも用意されています。

インストゥルメントのアーティキュレーションをワイドステレオとダイレクトラインインで録音しました。その後、ソース・コンテンツから20個の進化したアトモスフィア・パッドを手作りし、よりボディアスなパーティーに仕上げました。

暖かみのあるファンキーなグルーヴと過激なシンセで1980年のダンストラックを作りたいと思っているなら、このDisco 6000をお勧めします。

Disco 6000のGUIには、サウンドを様々な方法で歪ませることができる柔軟性のあるサウンド・シェイピング・コントロールが満載です。

ボリューム、アタック、リリース、トランジェント・オフセット、ビブラート、オクターブ・レイヤーのコントロールが可能です。

Glide コントロールスライダーでは、レガートやポルタメントのリードを演奏することができます。

また、LFOの形状、モジュレーション・ターゲット・パラメーター、スピード、インテンシティ、テンポ・シンキング、フェードイン・タイムを選択可能な適応性の高いLFOシステムも搭載しています。

上記の機能に加えて、13種類のローパス、ハイパス、FXフィルターを選択して適用することが可能で、ベロシティ、モジュレーションホイール、エクスプレッション、アフタータッチ、キーポジション、ステップシーケンサー・テーブル・コントロールなどのモジュレーション・コントロール・オプションを割り当てることができます。

また、ベロシティ・シーケンサー・テーブルを内蔵したカスタマイズ可能なアルペジエーターを使用して、アルプの方向、ノート・タイミング、スイング、ランダム化、デュレーションをコントロールすることもできます。

ライブラリ内の内容

Disco 6000は、ドライスタジオでNeumann TLM 103ラージダイアフラムマイクとダイレクトラインインを使用してレコーディングされました。

サスティーンとスタッカートのサンプルを含む純正プリセットと、パーカッションのワンショットとドラムループを収録しました。付属のオクターブ、ビブラート、FXラックは使いやすいインターフェイスで、ファットなアナログサウンドを完全にカスタマイズし、様々なクリエイティブなスタイルにフィットさせることができます。

ライブラリには、スウェル、ピッチ・グライド、アタック、リリース、ビブラート、オクターブなどの柔軟なコントロール機能が搭載されています。

また、大聖堂、教会、ホール、バンカー、ガレージ、トンネル、チャンバー、ルームなど、何十ものユニークな空間を持つコンボリューション・リバーブを含む完全なDSPエフェクト・ラックも用意されています。異世界のようなFXインパルスをふんだんに使用して、奇妙で予想外のサウンド操作の無限の多様性を完全に探求することができます。

主な特徴

  • 高度なパフォーマンス・コントロール、ビブラート、グライド・スピード、LFO、フィルター、アープ、フルFXラック。

  • サスティーン、スタッカート、パーカッション、ドラムループ、サウンドデザインされたサンプル。

  • グライド・スライダーを上に回すとモノフォニックなレガート機能、0に下げると標準的なポリフォニック・モードになります。

  • Octaveノブを回すと、低音と高音の倍音効果が徐々に追加され、ボディとパワーが増します。

  • 119種類のカテドラル、教会、チェンバー、ルーム、ホール、スペシャルエフェクトのインパルスを搭載したConvolution Reverb。

  • EQ、フィルター、フェイザー、フランジャー、ディレイ、ディストーション、アンプ&スピーカー・シミュレーションなどを搭載したフル・マルチエフェクト・ラック。

メーカーページリンク

制作アーティスト:JOHN VALASIS

JOHN VALASIS(ジョン・バラシス)

Disco 6000はジョン・ヴァラシスがレコーディングしました。

ジョンはギリシャ生まれの作曲家、プロデューサー、サウンドデザイナーです。

アテネを拠点とするスタジオで、国内外の多くのクライアントにスコアリング、フォレイ、サウンドデザインのサービスを提供しています。

Johnの顧客には、Native Instruments、Ableton、Soundiron、Virgin、Amazon Prime Video、Vice Magazine、BBCなどの一流ブランドが含まれます。

ジョンはまた、Ninja TuneのインプリントであるJust Isn’t Musicのロスターでもあり、Amon Tobin、Bonobo、Flying Lotus、The Cinematic Orchestraなどのアーティストと一緒に活動しています。

ジョンのプロとしての経験は、90年代にポピュラー音楽の作曲家、プロデューサーとして始まり、徐々に様々なジャンルに渡ってスキルセットを広げていきました。

20年間のプロとしてのキャリアで身につけた能力と、ソウルフルな音楽への純粋な愛をもって、彼は強く、個性的で多様な音楽的アイデンティティを作り上げてきました。

締め切りの厳しい仕事をしていない時には、ジョンはPoordreamを自分の感情や感情を自由に表現するための手段として使用し、従来の電子音楽の境界線を超えたサウンドや作曲を探求しています。

製品仕様とシステム要件

製品仕様

  • 5つのパワフルなオープンフォーマットKontakt .nkiインストゥルメント
  • シンセ サスティーン、スタカト、パーカッション、ドラム ループ(複数bpms
  • 20種類のカスタムサウンドデザインのFXとアンビエントプリセット
  • 6.36 GB インストールされている
  • 3,406 ステレオサンプル
  • 24ビット/48kHzステレオ非圧縮PCM wavオーディオ
  • ロック解除されたwavサンプルは、ほとんどのwav対応プラグインやDAWに直接インポートすることができます。

システム要件

このライブラリに含まれる.nkiインストゥルメント・プリセットを使用するには、Native Instruments Kontakt 5.5.5.2以降のフルバージョンが必要です。

  • Windows:Windows 7以上
  • Mac:OSX 10.9以上
  • デュアルコアCPU、2GBのシステムラム、SATAまたはSSDのハードドライブを推奨します。

セール情報

通常価格:29ドル

セール特価:19ドル