明日まで【リリースセール】Soundiron『Principessa』50年前のイタリア製 二段式のエレクトリック・オルガンを再現したKontakt音源

Soundironが新しく製作した珍しい60年代のオルガンのKontaktライブラリ『Principessa』。

イントロセールで34%OFF(19ドル)になっています。

Principessa (プリンペッサ)は、Soundironのヴィンテージキーボードシリーズの最新作です。

かつてオルガンやギターで知られていたイタリアの楽器メーカー「Welson(ウェルソン)」が、60年代後半から70年代前半に製造した「2段式のエレクトリック・オルガン」を再現した意欲作。

*セールは2020年5月22日(金) 夕方まで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Principessa:オルガンライブラリ

デモ動画(4分):

Composing With Principessa Organ

ウォークスルー動画(13分):

Walkthrough: Principessa Organ

Soundiron『Principessa』ライブラリは、クラシックで非常に希少な “Princess “オルガンのヴィンテージ・サウンドをソフトウェアで再現しています。

この2段式のエレクトリック・オルガンは、かつてオルガンやギターで知られていたイタリアの楽器メーカー、ウェルソンが60年代後半から70年代前半に製造したものです。

Principessaは、クリーミーな低音+中音域と柔らかなロールオフの高音域を持つ、アナログシンセサイザーの豊かな音色を持っています。

キーボードはEから始まりBまでの43鍵盤を搭載しています。

内蔵アンプは一対の内蔵スピーカーに電源を供給し、ビブラート・エフェクト用の回転スピーカーも内蔵しています。

Soundiron社は、サウンドを様々な方法で歪ませることができる(柔軟性を与えてくれる)素晴らしいサウンド・シェイピング・コントロールを、GUIにたくさん詰め込みました。

ボリューム、アタック、リリース、トランジェント・オフセット、ビブラート、オクターブ・レイヤーなどのコントロールが可能です。

Glide コントロールスライダーでは、レガートやポルタメントのリードを演奏することができます。

また、LFOの形状、モジュレーション・ターゲット・パラメーター、スピード、インテンシティ、テンポ・シンキング、フェードイン・タイムを選択可能な適応性の高いLFOシステムも搭載しています。

加えて、13種類のローパス、ハイパス、FXフィルターを選択して適用することができます。

(ベロシティ、モジュレーション・ホイール、エクスプレッション、アフター・タッチ、キー・ポジション、ステップ・シーケンサー・テーブル・コントロールなど、アサイン可能なモジュレーション・コントロール・オプションが用意されています。)

ベロシティ・シーケンサー・テーブルを内蔵したSoundironのカスタマイズ可能なアルペジエーターを使用することもでき、アルプの方向、ノート・タイミング、スウィング、ランダム化、継続期間をコントロールできます。

The Artist – Itai Matos

Principessaは、Itai Matos(イタイ・マトス)によって録音されました。

マトスはイスラエルのテルアビブを拠点に活動する音楽技術者であり、サウンドデザイナーでもあります。

マトスはイスラエルの主要な商業プロダクションのサウンドデザインを担当しています。

これらのプロジェクトの多くは、主要なラジオ局のプレイリストやゴールデンタイムのテレビスポットに入ることで、大きな露出と知名度を得ました。

Itai Matosは、Waves audioでプロダクトマネージャーを務めた後、アプリベースの楽器、バーチャルインストゥルメント、ゲーム用のアダプティブミュージック、スポーツ中継用のインテリジェントサウンド、視覚障害者のためのアクセス可能なアプリなどのインタラクティブなサウンドシステムの制作を開始しました。

マトスは、SoundIron、8Dio、Waves Audio、Natural intelligence、Baby Toons、BeachBum Gaming、イスラエル芸術博物館などの一流ブランドと仕事をしてきました。

彼の音楽制作に対する芸術的なアプローチは、アーティストが誰であるかを認識することから始まります。

この理解を通して、内的な世界を表現するユニークなサウンドが生まれ、音楽的なシグネチャーとなります。

アレンジから始まり、レコーディング技術、特定のサウンドやフィーリングの発見、素晴らしい機材を使った作業など、全ての工程に影響を与えるクリエイティブなプロセスを経て制作されています。

ライブラリの内容

Principessaは乾いたスタジオでNeumann TLM 103大型ダイアフラムマイクを使って録音されました。

Soundironは、各キーごとにサスティーンとスタッカートのサンプルが入った純正プリセットを録音しています。

付属のオクターブ、ビブラート、FXラックは使いやすいインターフェイスで、そのファットなアナログ・サウンドを完全にカスタマイズし、様々なクリエイティブ・スタイルに合わせて形にすることができます。

ライブラリには、スウェル、ピッチ・グライド、アタック、リリース、ビブラート、オクターブなどの柔軟なコントロール機能が搭載されています。

また、大聖堂、教会、ホール、バンカー、ガレージ、トンネル、チャンバー、ルームなど、何十ものユニークな空間を持つコンボリューション・リバーブを含む完全なDSPエフェクト・ラックも用意されており、完全に探索できる異世界的なFXインパルスが豊富に用意されており、奇妙で予想外のサウンド操作が無限に可能です。

  • 高度なパフォーマンス・コントロール、ビブラート、グライド・スピード、LFO、フィルター、アープ、フルFXラック

  • サスティーン、スタッカート、サウンドデザインされたサンプル

  • グライド・スライダーを上に回すとモノフォニックなレガート機能、0に下げると標準的なポリフォニック・モードになります

  • Octaveノブを回すと、低いオクターブと高いオクターブの倍音効果が徐々に追加され、ボディとパワーが増します

  • 119種類のカテドラル、教会、チェンバー、ルーム、ホール、スペシャルエフェクトのインパルスを搭載したConvolution Reverb

  • EQ、フィルター、フェイザー、フランジャー、ディレイ、ディストーション、アンプ&スピーカー・シミュレーションなどを搭載したマルチエフェクト・ラック

特徴

  • パワフルなオープンフォーマットのKontakt .nkiの2つのインストゥルメント

  • シンセフルート、バスクラリネット、トロンボーン、トランペット、ストリングス、ダイアプソン、ハープシコード、ピアノ、ビブラフォン

  • 20種類のカスタムサウンドデザインのFXとアンビエントプリセット

  • 1.57GBインストール

  • 794個のステレオサンプル

  • 24ビット/48kHzステレオ非圧縮PCM wavオーディオ
  • ロック解除されたwavサンプルは、ほとんどのwav対応プラグインやDAWに直接インポートできます

システム要件

  • Windows 7以上

  • Mac OSX 10.9以上

  • デュアルコアCPU、2GBのシステムラム、SATAまたはSSDのハードドライブを推奨します。

このライブラリに含まれる.nkiインストゥルメント・プリセットを使用するには、Native Instruments Kontakt 5.5以降のフル・リテール・バージョンが必要です。

無料のKontaktの「Player」と「Add Library」のインポート処理では、この標準的なオープンフォーマットのKontaktライブラリはサポートされていません。

セール情報

通常価格:29ドル

セール特価:19ドル