Soundiron『Rumba Boxes』最新ベース・カリンバ系音源(Kontakt PlayerでもOK)

Soundironから新しいバーチャルインストゥルメント『Rumba Boxes』がリリースされました。セールも同時開催されています。

Rumba Boxesは、楽器発明者のバート・ホプキン氏による木製のベース・カリンバに基づいた独創的なバーチャルインストゥルメントです。

(最新の楽しいサウンドが詰まったKONTAKT音源です。)

*比較的に低価格な製品ですが、無料のKONTAKT PLAYERでも使用が可能になっています。

Another Soundiron Library Demo: Rumba Boxes #rumba #percussion #beat
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Rumba Boxes(オーダーメイドの手作り楽器)

Rumba Boxesは、オーダーメイドの手作り楽器シリーズの最新作です。

(楽器デザイナー&サウンド彫刻家のバート・ホプキン氏とのコラボレーションによるエキサイティングでユニークなバーチャル・インストゥルメントのシリーズ『The Hopkin Instrumentarium』の新しい製品です。)

Native Instrumentsが無料で配布しているサンプラー「KONTAKT PLAYER」と有料版のKONTAKTの両方で使用が可能です。

Rumba Boxesを使用して作曲デモ(4分):

Composing With Rumba Boxes

デモサウンド:

Rumba Boxesの概要

Rumba Boxesは、楽器発明の巨匠バート・ホプキン氏の頭の中にある大型で木製のベースカリンバのクリエイティブな詰め合わせです。

このライブラリには、記憶に残る形状とメカニズムを持つ2つのユニークな手作り楽器が収録されています。

豊かなアコースティックなエッセンスを持ち、一音一音が鮮やかに響き渡ります。

演奏可能なアーティキュレーション、サウンドデザインのテクスチャ、パッド、ドローン、複数のマイク・オプションを収録しているので、新鮮な音楽のインスピレーションを得ることができます。

Rumba Boxes(ルンバ ボックス)は、英語圏のカリブ海地域で使われているバスカリンバの名前です。

Rumba Box – Marimbula – Soundtest
Marimbula 8 Tones / Schlagwerk MA840 // Matthias Philipzen

通常、プレイヤーはボックスの上に座り、足の間に手を伸ばして弦を弾きます。ほとんどのものはクロマチックで、弦はスプリングテンパリングされたスチール製の棒または棒で作られています。

いくつかのタインは、より首尾一貫したトーンの品質を作る、基本的な相対的な最も顕著な倍音のチューニングを調整するために再形成されています。

刻みにガラガラが付いているものもあります。ガラガラは、再調整された倍音を引き出し、音色に独特のエッジを与えます。Rumba Boxには、プラック、ピック、パーカッションが含まれています。

Arby McConeは、ルンバボックス/カホン/パーカッション・ガジェットの集合体です。元々は単なるルンバボックスでしたが、カホンとしても機能します。

アービーは、木の歯の共鳴によって、ある種の打楽器のストロークを非常に豊かにしてくれます。

バート・ホプキンはその後、スプリングマウントされた金属音やクレーブ音、シェーカータイプのビーズ、シェーカー、ラットレチン、ベルなどのパーカッシブなサウンドメイカーを追加しました。弾いていて楽しい楽器です。

Arby McConeには、プラック、マレット、パーカッシブなタップ、ノック、スラップ、そして様々なAuxパーカッションが含まれています。

2つのステレオ・マイク・ポジションを備え、これらの楽器から得られるあらゆる興味深いサウンドを忠実にサンプリングしました。

また、カスタムFXプリセットの幅広いセレクションと、生のアコースティック・ソースから作られた私たちのシグネチャー・サウンド・デザインのアンビエント・コンテンツも多数収録され、創造的な自由を与えてくれます。

アーティスト:Bart Hopkin(バート・ホプキン)

バート・ホプキンは、楽器製作、演奏・録音、作曲、編曲、教育、民族音楽学的研究など、音楽製作の多方面で活躍しています。

彼はまた、楽器の設計と最適化をテーマにした10冊の本を出版しており、定評のある作家でもあります。

1974年以来、バートは、彼が夢見ることのできるあらゆる遠く離れた楽器を設計・製作してきましたが、その中でも特に珍しく独創的なアコースティック・アートに重点を置いています。

ホプキン・インストゥルメント・アリウムは現在、110以上のオリジナル作品を持ち、年々成長を続けています。

Soundironは、この地球上のどこにもない感動的で個性的なオーダーメイド楽器のシリーズをお届けできることを誇りに思っています。

Hopkin Instrumentarium: Rumba Boxesの内容

Kontaktのインターフェイスには、オートメーション対応のサウンド・シェイピング・コントロールが用意されているので、クリエイティブな作業を柔軟に行うことができます。

うねり、アタック、リリース、オフセット、ビブラート、フィルター、ピッチ(粗いものと細かいもの)、アーティキュレーションの切り替え、クロスフェードとレイヤリングなど、さまざまなコントロールが可能です。

Soundironには、サウンドデザインされた20種類のユニークなカスタムFXプリセットも用意されており、クリエイティブなオプションがたくさん用意されています。

このライブラリには、LFOの形状、モジュレーション・ターゲット・パラメーター、スピード、インテンシティ、テンポ・シンキング、フェードイン・タイムが選択可能な適応性の高いLFOシステムが搭載されています。

また、ベロシティ、モッドホイール、エクスプレッション、アフタータッチ、キー・ポジション、ステップ・シーケンサー・テーブル・コントロールなどのモジュレーション・ターゲットをアサイン可能な12種類のローパス、ハイパス、FXフィルターを選択して適用することができます。

Soundironのカスタマイズ可能なアルペジエーターにはベロシティ・テーブルがあり、アルペジの方向、タイミング、スイング、ランダム化、デュレーションのコントロールが可能です。

また、メロディックな作曲やライブ・パフォーマンスを容易にするために、音符を一般的なスケールやキーに制限するキーとスケール・ロック・システムも含まれています。

インターフェイスは、SoundironのモジュラーFXラック・パネルによって丸みを帯びており、18種類のDSPエフェクト・モジュールを10個のスロットの中から好きな順番で割り当てることができます。

クラシックなフェイザー、フランジャー、ディレイ、ディストーション、アンプやキャブのシミュレーター、コンプレッサー、EQ、ローテーターなどが搭載されています。

Reverbエフェクトには、Soundironのお気に入りのコンボリューション・リバーブ・インパルス・レスポンスが含まれています。99の異なるルーム、ホール、チェンバー、屋外環境を含むほか、サウンドを根本的に変化させ、音楽の可能性の全く新しい世界を切り開く40のカスタムFXインパルスも用意されています。

Soundironの音源は多彩なFXも売りの一つ

特徴

  • 4つのマスタープリセットと20のカスタムサウンドデザインのFXとアンビエントプリセット

  • 2つのユニークな手作りルンバボックス(それぞれ2つのマイクポジション付き)

  • プラック、ピック、ハンドパーカッション、AUXパーカッション

  • 24ビット、48kHzステレオロスレスNCWフォーマット

  • 13,719個のステレオサンプル

  • 7.13 GBインストール

  • 無料のKontakt Player(バージョン6+)、Komplete Kontrol、すべてのS-Seriesキーボード、Native Instruments社のNKSソフトウェアとハードウェア用に作られています。

  • Kontaktの “Libraries “ブラウザとNative Accessで動作します。

紹介動画(20分):

Walkthrough: Hopkin Instrumentarium: Rumba Boxes

動作環境

  • このライブラリは、無料のKontakt Playerバーチャルインストゥルメントエンジンでも使用できます。

(VST、AU、AAXのインストゥルメントプラグインフォーマットに対応したKontakt PlayerまたはKontaktのフルリテール版(バージョン5.6.8以降)で使用できます。)

  • この製品はKontaktのブラウザ「Libraries」に追加することができます。

  • Native Instruments Service Centerアプリからオンラインでシリアルナンバーを登録する必要があります。

  • このライブラリはKomplete KontrolおよびNative InstrumentsのSシリーズキーボード・コントローラーとも完全に互換性があります。

セール情報

通常価格:39ドル

セール特価:29ドル