『SoundSpot Creative 5 for 5 Bundle』FXプラグイン5製品バンドル

SoundSpotのエフェクトプラグイン5製品バンドル『SoundSpot Creative 5 for 5 Bundle』が99%OFF(77ドル →5ドル)になっています。

*9月15日(水曜日)17時59分頃まで。

スポンサーリンク

『SoundSpot Creative 5 for 5 Bundle』

『SoundSpot Creative 5 for 5 Bundle』は、トラックを際立たせる5つのツールを集めた製品です。

『Nebula』マルチFX(ステレオディレイ、コーラス、フランジャー、フィルター、LFO)

Nebulaは、ステレオディレイ、コーラス、フランジャー、フィルター、LFOセクションを備えたマルチFXプラグインです。

Nebulaの特徴

  • 直感的でナビゲートしやすいユーザーインターフェイス。
  • Slate MediaのRavenなどのタッチコントローラーで問題なく動作するように設計されています。
  • 視覚的なフィードバックを備えたステレオディレイ。
  • 信号の動きを作成するためのクイックターゲットLFO。
  • バンドパスディレイフィルター。サウンドをスカルプトし、不要な周波数を除去します。
  • ディレイに独特の動きを生み出すフランジャーエフェクト。
  • モジュレーション可能なグローバルバンドパスフィルター。
  • ディレイに独特の動きを生み出すコーラスエフェクト。
  • 独自の遅延設計を保存して共有するためのプリセットマネージャー。

Nebulaに搭載されている5つのFXモジュール

Nebulaの5つのFXモジュールは、定義済みのシグナルパス内だけでなく、個別に使用することができます。各モジュールボタンの上部にあるパワーアイコンをクリックするだけで、エフェクトを有効にすることができます。パワーボタンはモジュール選択ボタンとは独立して動作しますので、他のモジュールで作業しているときに、他のエフェクトを素早くバイパスしてA/Bテストしたい場合に便利です。

ディレイ

Nebula の「Delay」モジュールには、サウンドに深みと空間を作り出すための多くの機能が搭載されています。

左右のチャンネルをリンクしてモノラルまたはステレオモードで作業したり、左右の信号にドットやトリプレットのバリエーションを追加したり、エフェクトのフィードバックやミックスを簡単にコントロールすることができます。ディスプレイには視覚的なフィードバックが表示されるので、ディレイ・シグナルをデザインする際に正確な判断を下すことができます。

コーラス

Chorusモジュールは、デチューンされたエフェクトを作成することで、サウンドに幅を持たせることができます。

Rate パラメーターでエフェクトのスピードを選択し、Depth パラメーターで必要なピッチの変化の量をコントロールします。

フィードバックは、それ自体にフィードバックされるモジュレーションされた信号の量をコントロールし、ミックスパラメータでは、エフェクトをオリジナルの信号にブレンドすることができます。また、モノラルとステレオのエフェクトを切り替えるオプションもあります。

LFO

LFOモジュールは、あなたのサウンドデザインに命を吹き込むために使用することができます。

モジュールの左側にはターゲットセレクターがあり、他のモジュール内の様々なパラメーターをコントロールすることができます。

LFO自体には、ノコギリ歯、サイン、トライアングル、スクエアを含む4種類のウェーブシェイプが用意されています。

それぞれのウェーブシェイプは独立して反転させることができ、エフェクトの極性を反転させることができます。

LFO の時間は 1/32 から 32 小節まで設定でき、パーカッシブなグルーヴや、より長い時間にわたってモジュレーションするエフェクトを作成するのに使用できます。Range パラメーターは、元の信号にどれだけ LFO をかけるかを指定します。

フランジャー

Flangerモジュールは、サウンドに動きを追加するために使用できます。

遅い「Rate」を使用すると微妙な動きが生まれ、速い「Rate」を使用すると劇的な効果が得られます。

「Depth」は信号のデチューンをコントロールし、「Feedback」はそれ自体にフィードバックされるモジュレーションされた信号の量をコントロールします。

「Mix」パラメータは、エフェクトをミックスにブレンドするために使用することができ、LFO を使って時間の経過とともに徐々に変化させたり、素早く変化させたりすることができます。

フランジャーには、「Chorus」と同じモノラルステレオコントロールが含まれており、一方のエフェクトを中間に、もう一方のエフェクトをステレオイメージ全体をコントロールすることができます。

フィルターカット

Filterカットはシグナル全体に作用し、LFO で効果的に操作することができます。

モジュールにはミッド、サイド、ステレオモードがあり、信号経路の端を柔軟に操作することができます。

フィルターには、20 Hz から 20 kHz の範囲でローカットとハイカットのコントロールがあり、スロープコントロールはオクターブあたり 12 dB から 48 dB までカバーしています。

Nebulaのセール情報

通常価格:109ドル → セール価格:5ドル

『Oracle』多用途リバーブ・プラグイン

Oracleは、あらゆるクリエイティブなリバーブのニーズに対応するプラグインです。

どんな音源にも効果的に使用できます。

ピアノのメロディーに深みを加えたり、シンセサイザーのサウンドスケープを巨大なものにしたりと、Oracleはそのすべてをカバーしています。

イメージング
コンプレッサー
フィルターカット
フランジャー
LFO
リバーブ
サチュレーション

機能

  • 直感的でナビゲートしやすいユーザーインターフェース。
  • Slate Media社のRavenなどのタッチコントローラーと完璧に連動するように設計されています。
  • ステレオ・フィールドに正確に配置するためのステレオ・イメージング・コントロール
  • 視覚的な波形フィードバックを備えたアナログスタイルのコンプレッサー
  • サウンドを彫刻し、不要な周波数を除去するバンドパスフィルター
  • 信号の振幅に動きを生み出すLFOエフェクト
  • リバーブの面白さを保つフランジャーエフェクト
  • 信号に暖かみや歪みを加えるサチュレーションエフェクト
  • プリセット・マネージャーでオリジナルのリバーブ・デザインを保存&共有

通常価格:109ドル → セール価格:5ドル

『Glitch』ミックスにリズムと動きを与えるエフェクター

紹介動画(4分):

デモ動画(5分13秒):

Glitchは、ミックスにリズムと動きを与えることができるエフェクトプラグインです。

ホストシンクされたトランスゲートとマルチタブディレイ、そしてトラックの再生速度をリアルタイムでリズミカルに変化させる特徴的な「グリッチ」エフェクトを搭載しています。

このエフェクトの組み合わせにより、面白いボーカルチョップやモダンなシンコペーションビートを素早く作成したり、どんなトラックでもほとんど認識できないリズミカルなミックスエレメントに変換したりすることができ、新しい意外性のあるフレーバーを生み出すことができます。

Glitchは、あなたのトラックを風味豊かでリズム的に面白い方法に変えるいくつかの方法を提供します。

トランスゲートでは、16個のタブをオン/オフして、DAWプロジェクトに同期したリズムパターンを形成し、1小節分の長さにしたり、複数回に分けてスピードアップしたりすることができます。

また、ゲートの連続的な「Smooth」機能は、ギャップ間のトランジションを和らげ、パターンの速度に応じてレスポンスを微調整することができます。

特徴

  • 直感的な操作が可能なユーザーインターフェース
  • Slate Media社のRavenなどのタッチコントローラーとの相性が良い設計
  • 連続的なスムージング・コントロールを備えたホストシンク・トランスゲート
  • ホストが同期したマルチタブディレイをワンノブで操作可能
  • ホストシンクされた特徴的な「グリッチ」エフェクト
  • ハイパス/ローパスフィルター
  • 追加のワンノブ・ドライブ
  • スムーズなバイパスと入出力のボリュームコントロール
  • 独自のエフェクトを保存・共有できるプリセット・マネージャー

通常価格:79ドル → セール価格:5ドル

『KARA』1つのまとまりのあるサウンドを作るバス・プロセッサー

KARAは、複数の信号を1つのまとまりのあるサウンドにするように設計されたバスプロセッサーです。

KARAは、複数のシグナルを一つのまとまりのあるサウンドに処理するために設計されたバスプロセッサーです。

例えば、プラックサウンドで、様々なサウンドをレイヤーし始めると、各シンセに入ってエンベロープを微調整し、それぞれのサウンドをまとまりのあるものにしなければなりません。これは結構手間のかかる作業です。

これは、SoundSpotの開発チームが制作過程で個人的に苦手としていたことです。

そのためグループ全体のカットオフエンベロープをコントロールできるプラグインがあればと思い、それを実現するプラグインの開発に着手することにしました。

KARAはオーディオプロセッサーであり、MIDI情報を受信しないため、カットオフエンベロープを安定してトリガーする方法を見つけることが第一の課題でした。

コンプレッサーのように動作する RMS トリガーを作成することで、信号が Sens パラメーターで設定したユーザー定義のスレッショルドに到達すると、エンベロープとフィルターがトリガーされ、プラッ クサウンドが発生します。

また、プラグイン内のシグナルチェーンの最後にディレイを追加していますので、KARAの後にディレイユニットを追加する必要はなく、貴重なCPUを使い切る必要もありません。

また、KARAはグループ・プロセッサーとして使用するように設計されていますが、シングル・プラック・サウンドにも素晴らしい結果をもたらし、よりアナログなサウンドを追加することができます。

プリセットマネージャーはKaraに搭載されていますが、ファクトリープリセットは提供されていませんのでご注意ください。プラグインによって得られる結果はソース信号に大きく依存するため、プリセットを作成しても一貫した結果は得られず、ファクトリープリセットはユーザーに何の価値も与えないと判断しました。

また、プリセットマネージャーを含めることで、ユーザーが自分のプリセットを保存できるようにすることを意図していました。

通常価格:79ドル → セール価格:5ドル

『Ravage Lite』仄かな暖かさと輝きを与える小さなディストーション

Ravage Liteは、SoundspotのRavage Creative Distortionプラグインの縮小版であり、非常にCPUにやさしい方法でほんの少しの暖かさと輝きが必要な場合に最適です。

Ravage Liteには、兄版の6つのディストーションスタイルを組み合わせた1種類のディストーションが備わっています。Ravage Liteには、最大16倍のオーバーサンプリングも含まれています。

特徴

  • 直感的でナビゲートしやすいユーザーインターフェイス。
  • Slate MediaのRavenなどのタッチコントローラーで問題なく動作するように設計されています。
  • 低CPU負荷のための軽量システム。
  • 最大16倍のオーバーサンプリング。
  • Retina対応GUI。

通常価格:79ドル → セール価格:5ドル

システム要件

Mac

  • OS X 10.7-10.13(32および64ビット)

フォーマット:

  • AAX 
  • オーディオユニット(AU)
  • VST
  • Vst3

Windows

  • Windows 7、8、10(32および64ビット)

フォーマット:

  • AAX 
  • VST
  • Vst3

セール情報

通常価格:477ドル → セール特価:5ドル(99%OFF)

*上記の製品を購入時に、Native InstrumentsのFXプラグイン『 FREAK』(29ドル)が無料でプレゼントされます(9月いっぱい有効):