【95%OFF】『Ravage by SoundSpot』10ドル(ディストーションプラグイン)

よろしければシェアお願いします

6種類のディストーションを搭載したオーバードライブツール(ディストーションプラグイン)。モジュレーションの自由度が高いことも特徴。

95%OFF。10ドルのセールになっています。

  

      

Ravage by Soundspot | Tutorial & Review of Main Parameters

 

  

6種類のディストーションから好みのもの選択し、フィルタリングとゲインでサウンドを整形し、カスタム描画のLFOシェイプでモジュレーションしてサウンドを作ることができます。

 

特徴:

  • デジタル、チューブ、ダイオード、リンフォールド、ゼロスクエア、レクティファイの6種類のディストーションを搭載
  • カスタム描画されたモジュレーション・シェイプを使用して、パラメーターに動きを追加できます
  • Destroyパラメーターは、ディストーションプロセッサーを介してサウンドをさらに追い込むことができます
  • ステレオフィールド全体にディストーションをパンニングすることができます
  • フィルタリング、入力/出力ゲイン、暗/明の重み付けで歪み応答を調整が可能
  • モジュレーションの反転、平滑化、パルス幅の調整が可能
  • ドライブが増加すると、自動出力制御によりレベルが補正されます
  • オーバーサンプリングは、最高の音質を確保するためにバックグラウンドでインテリジェント(自動的に)に設定されます

 

How to Make DnB Bass Sounds – Using Soundspot Ravage

  

  

6つのモデル化されたディストーションアルゴリズムを搭載

  • チューブ
  • デジタル
  • ダイオード
  • ライナーフォールド
  • Zero-SQ
  • Rectify

6つのディストーションアルゴリズムを搭載それぞれオーディオにグリットとダートを追加するための異なる性格を持ちます。

Driveコントロールを使用してシグナルを調整します。

次に、Destroyパラメーターを使用してオーディオを完全に粉砕します。

  

オンボードにはハイパスフィルターとローパスフィルターが搭載されています。

また、ディストーションのエネルギーに重みを付けるダーク/ブライトスライダーもあります。

 

RavageのMovementパネルでディストーションをアニメートします。

これにより、ドライブとパンを含む8つの送信先のいずれかにモジュレーターを割り当てることができます。

独自のモジュレーターシェイプを使用すると、ノードと曲線を使用してLFOの動きをカスタマイズし、カスタマイズしたパターンを作成できます。モジュレーションをさらに進めるために、Ravageは再生ヘッドの反転、波形の平滑化、パルス幅の操作が可能です。

 

  

セール情報

  

通常価格:199ドル

セール特価:10ドル

   

通常価格の199ドルは盛りすぎだと思いますが、この機能で10ドルは安かったのでメモしておきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク