【無料】Stone Voices『Moss Equalizer』リリース(265バンドFFTイコライザー)

ロシアのStone Voicesさんが、無料のEQ VSTプラグイン『Moss Equalizer』をリリースしました。このプラグインはWindowsのみで使用が可能です(Mac版はありません)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Moss Equalizer

Moss Equalizerは、無料で使用できるVSTプラグインです。

効果的な265バンドFFTイコライザー、-150から+60dBの範囲でレベルを調整することができます。

Moss Equalizerの助けを借りて、オーディオトラックの振幅-周波数特性を好きなように変更することができます。

低音/高音レベルを上げたり、低音やいわゆる “ランブル “マイクを除去したり、50/60Hz ACネットワークの干渉によって発生するノイズをカットしたりします。

このイコライザーは、いわゆるコームフィルターのモデリングを行うことができます。

これにより、ボコーダーに非常に似たサウンドのエフェクトを得ることができます。

また、ボーナスとして、12の中音(メジャー、マイナー、ペンタトニックなど)すべてのための櫛フィルタの設定を持つファイルのセットが提供されます。

動作環境

  • Windows 8、8.1、10

  • VSTプラグインをサポートするDAW

  • デフォルトのWebブラウザ

  • これはデジタルダウンロード製品のみで、物理的なバージョンではありません

デモ動画:

Free VST plugin Moss Equalizer 1.4 and Ambient Reverb 6.0

Moss Equalizerは効果的な265バンドのFFTイコライザーで、10から20000Hzの周波数範囲で-150から+60dBの範囲でレベルを調整することができます。

実際には、周波数カーブの編集が簡単にできるフリーのFFTイコライザーを作ることが主な目標でしたが、開発過程で、このプラグインがボコーダーのような優れたエフェクトを生み出すことができることを(全く予想外に)発見しました。

この場合、形状の鋭い歯を持つ櫛(コーム)のような周波数特性が使用され、ピーク周波数は、音楽的なトーンとその倍音に応じて調整されています。

また、MIDI CCコントローラー#16(汎用コントローラー1)を介して、周波数特性を読み込んだスロットの選択をコントロールすることができます。

Ambient Reverb 6.0 -プラグインは、高品質のアルゴリズム・リバーブの原理に基づいて、時間内の音の反射を十分に密に計算することで、粒状化効果のないリアルなリバーブを得ることができます。

このプラグインは、主にアンビエントジャンルのサウンド素材を扱うことを目的としていますが、他の音楽スタイルや方向性にもうまく適用することができます。

このプラグインの特徴は、残響時間の幅が広い(最大100秒)ことで、フリッパートロニクスのような面白いサウンドパッドを受信しながら、自然に異なるタイプのリバーブを得ることができるだけでなく、文字通り音をフリーズさせることができます。

このデモビデオでは、FL Studio 20でこれを行う方法を紹介しています。