Sugar Bytes『Looperator』オーディオを切り刻み多彩なFXで新しい何かを作るマジカルツール

Sugar BytesのFXシーケンサープラグイン『Looperator』が40%OFFのセールになっています。

元のサウンドやトラックを自在にこねくりまわして新しい何かを作り出す非常に自由度の高い変態チックなFXプラグインです。

そんなに新しいプラグインではないと思うのですが、このセールで色んなビデオを見ていたらちょっと欲しくなってきました。こういった偶然性から生まれるサウンドってエレクトリックミュージック好きにはたまらないです。

セールは2020年09月17日(木)夕方頃まで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FXマトリックス:Looperator by Sugar Bytes

Looperatorは、オーディオを切り刻んで新しいものに変化させるプラグインです。

その過程で、フィルターやリバーブのような古典的なものだけでなく、トリッピーなループやレコードのようなエフェクトを配置することができます。

Looperatorを使えば、何時間ももかけてトラックを作ったかのような作品を、ボタンをクリックするだけで作成することができます。

Beat Lab Academyさんによるレビュー動画(7分):

Looperatorは、あらゆるオーディオをマングリングしたり、アレンジしたりすることができるFXシーケンサーです。フィルやトランジション、アラインメント、サウンドデザイン、グリッチなどに最適なツールです。

Should I Buy it? – Sugar Bytes Looperator | Beat Lab

The Sound Test Roomさんによるデモ動画(25分):

Looperator by Sugar Bytes, Demo and Tutorial, Amazing FX

変態的な使い方動画。面白い!

Soundkandy Studioさんによるレビュー(20分):

「hip-hop、R&B 、ハウス、ガラージなど様々な音楽に使用できる秘密兵器です。」

sugar bytes looperator, quick review

Sugar Bytes『Looperator』の概要

サウンドをパターン化することができるFXシーケンサー

プラグを差し込んで自由に。

Looperatorは2つのコンセプトを兼ね備えています:スライサーで材料を再配置し、外科的な精度で効果を配置することができます。

私たちは最初から、扱いやすく、好ましい結果が得られるツールを目指しました。

プリセットツールは、DAWで構築するのが面倒なロール、ループ、スタッターエディットを、マウスを数回クリックするだけで作成できるようにしてくれます。

また、インスピレーションから離れてしまった場合でも、詳細なプログラミング・オプションを備えたスマートなランダム・アルゴリズムが、バランスの取れたサウンドパターンを生み出します。

ハンズオンコントロール

広範なMIDI統合とCPUの負担を軽減。

Looperatorは、DAWのトランスポートコントロールと同期してトリガーすることも、MIDIトラックのノートを介してトリガーすることもできます。クラシックなDJセットアップでは、DJソフトウェアと同期します。

MIDIノートに完全なエフェクト・シーケンスをアサインすることができ、個々のパターンをトリガーすることができます。これにより、ライブ環境でオーディオ・シグナルにマジックを適用する際の柔軟性が大幅に向上します。

1分もしないうちに、全く違うだけでなく、本当に魅力的なサウンドができあがります。

リソースを必要としないので、いくつかのインスタンスを実行して、その結果をより広いプロジェクトに組み込むことは、本当に楽なプロセスです。

ユーザーステップ

隠れた編集力の美しさ。

Looperatorは、シンプルなインターフェイスにもかかわらず、本当に深く掘り下げてみると、驚くほど奥深いプラグインです。

各エフェクトには個別のパラメータ(5つの設定)があり、それぞれのパラメータは、20種類の選択可能で調整可能なエンベロープ・シェイプ、オートメーションに対応したシンプルなパラメータ・ダイヤル、エンベロープ・フォロワー、ランダマイザーの中から1つを選んでコントロールすることができます。

多くの場合、既製のステップを超える必要はありませんが、その場合は、トラックごとに4つのユーザー定義のステップがあり、ステップごとに重要なエフェクトパラメータを完全かつ正確にコントロールすることができます。

詳細なレベルで生き生きとしたシーケンスをアニメーション化する場合、その可能性は文字通り無限大です。

フリー・シグナル・フロー

ダイナミクスと深遠さ

プロセッシングチェーンは上から下に向かって実行され、6つのレーンの順番を縦方向のドラッグ&ドロップで変更することができます。

例えば、SlicerがFX1の下にある場合、FX1の結果がスライスに含まれます。

各エフェクトモジュールには個別のドライ/ウェットがあり、グローバルミックスコントロールでは6種類の設定が可能です。

すべてのUI要素は、目の前のタスクにスポットライトを当て、ビジュアルフィードバックでユーザーのアクションにダイレクトに反応するようになっています。

外に出て遊んでみましょう

マニュアルを覗いてみてください。

Looperatorを使う時は考えすぎないでください。Looperatorは無制限に元に戻すことができます。このセキュリティ機能は、実験を奨励します。

いくつかのパターンを描き、良い音がしたらプリセットととして保存しましょう。

使っているうちに機能やロジックが明らかになり、Looperatorが最初の瞬間から新しいアイデアを生み出してくれることをご自身の目で確かめてみてください。

繊細なエンハンスメントから壮大なエフェクト・パイロテクニックまで。Looperatorの表現力は、楽器のキャラクターに近づきます。

サウンドとプリセット

あなたのグルーヴを再アレンジ

Looperatorには300以上のプリセットが用意されており、あなたのサウンドを瞬時に変化させることができます。ファクトリーライブラリはカテゴリ分けされているので、それぞれのパッチセットがどのようなサウンドの役割に最も適しているかが一目でわかります。

以下に、すべてのカテゴリのランダウンを示します。それぞれの例では、処理されていないループの後に、Looperatorを使用して同じループを再び聞くことができます。

特徴

  • 16段サンプルスライサー
  • リバースモード付きルーパー
  • タイムストレッチ&トークボックスフィルター
  • MIDIノートでプリセットを呼び出す
  • 左右チャンネル独立制御
  • 無制限の元に戻す/やり直す
  • インテリジェントランダム
  • 5 エフェクトとステップごとのパラメータ
Looperator | Intelligent Loop Design
Looperator is a Multi-Effect Sequencer, chopping any audio input at the transients. Manipulate the slices with a huge und colourful palette of tools. The effect...

デモ動画:

Looperator Tutorial 1
Sugar Bytes Looperator Demo

システム要件

Mac

OS X 10.9以降(64ビットのみ)

フォーマット:

  • AAX
  • オーディオユニット(AU)
  • スタンドアロンアプリケーション、VST2

Windows

Windows 7以降(64ビットのみ)

フォーマット:

  • AAX
  • スタンドアロンアプリケーション
  • VST2

重要な注意:このソフトウェアは、WindowsとmacOSの両方で64ビット形式でのみ利用可能で、32ビットシステムでは機能しません。

セール情報

通常価格:119ドル

セール特価:69ドル(40%OFF)

関連記事: