【定番シンセ】SynthMaster 40%OFF(SynthMaster Player、SynthMaster Oneからのクロスグレー版も対象)

KV331社の定番シンセ「SynthMaster」が通常版と(SynthMaster Player、SynthMaster Oneからの)クロスグレー版がセールになっています。

全て40%OFFです。

2020年5月2日19時頃まで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SynthMasterのセール情報

SynthMaster Semi-Modular Synth

Synthmaster main image pluginboutique

99ドル → 59ドル(40%OFF)

SynthMaster(synthMaster Playerからのクロスグレード)

Synthmaster main image pluginboutique

*ただしSynthMaster Player FREE(無料版のSynthmaster Player)は除く。

59ドル → 35ドル(40%OFF)

SynthMaster (SynthMaster Oneからのクロスグレード)

Synthmaster main image pluginboutique

49ドル → 29ドル (40%OFF)

Synthmasterとは

(再掲)

Synthmasterは、 著名なアーティストの使用者も多いシンセですが、他の簡単なシンセと比べると最初は難しさを感じるかもしれません。しかし、カバー領域は広く、様々な音が出せます。 

また、プリセットが豊富なので、最初はプリセットから弄る感じだとやりやすいかも。(1250 Factory Presets入りです。

 KV331社は、そのプリセットの開発、販売も盛んに行なっています。 

ハイクオリティーなプリセット集が同社や他社からもリリースされています(特にフランス在住の生方さん制作のサウンドバンクはとても良いです)。

Synthmaster Playerも良い音ですが、ほとんど音づくりができないので、Playerが気に入ったらやはりSynthmaster正規版の方が楽しめると思いますよ。  

Synthmasterのデモ&解説動画集

Synthmaster ファクトリープリセットデモ:

SynthMaster Demo: Exploring the factory presets

Synthmaster v2.9 概要動画:

SynthMaster 2.9 Complete Tutorial and Review

Melda製品の解説でおなじみの日本在住のミュージシャンChandler guitarさんの解説もあります。

⬇️

Synthmaster 2.9 – Now with WAVETABLES
Synthmasterの長所短所
長所:

多機能これ一台でほば全てのシンセのカテゴリーをカバーする汎用性(万能シンセ)ドラッグアンドドロップ機能競合他社製品より圧倒的に安価素晴らしい音質 

短所:

多機能ゆえの操作系統の複雑さユーザー個別の環境下での稀なバグの発生報告

Plugin Boutique+Joshua Casperによる「SynthMaster 2.9」デモ動画シリーズ

セミモジュラーソフトシンセ『SynthMaster 2.9』のレビューとメイン機能の紹介:

SynthMaster 2.9 by KV331 | Review of Top Features | Semi-Modular Soft Synth

『SynthMaster 2.9』 のチュートリアル(概要とプリセットの使用方法):

SynthMaster 2.9 by KV331 | How To Tutorial Overview & Presets | Semi-Modular Soft Synth

SynthMaster 2.9で、(Kygoのような)トロピカルハウスのプラックサウンドの作り方:

Tropical House Pluck Tutorial | Sound Like Kygo | KV331 SynthMaster 2.9

SynthMaster 2.9のオシレーターとマルチサンプルのデモ:

SynthMaster 2.9 | Oscillators & Mulitsamples

SynthMasterの特徴

クロスプラットフォームVST、AUおよびAAX:

SynthMasterは、WindowsおよびMac OSXの両方でVSTおよびAAXインストゥルメントとして、Mac OSXでAU インストゥルメントとして実行されます。

1250ファクトリープリセット:

SynthMasterには、サウンドデザイナーの世界クラスのチームから1250ファクトリープリセットが付属しています(Arksun、BigTone、Michael Kastrup、Rob Lee、Umit ‘Insigna’ Uy、Ufuk Kevser、Aiyn Zahev、Frank ‘Xenox’ Neumann、Teoman Pasinlioglu 、Ubukata、Gercek Dorman、Vorpal Sound、Brian ‘Xenos’ Lee)

セミモジュラーアーキテクチャ:

各SynthMasterインスタンスには、2つのレイヤーがあり、2つのグローバルエフェクトセンドバスが続きます。

各レイヤーには、アルペジエーター、2つのオシレーター、4つのモジュレーター、2つのフィルター、4つのADSRエンベロープ、2つのマルチステージエンベロープ、2つの2Dエンベロープ、2つのLFO、4つのキースケーラーがあります。モジュレーターは、オシレーターまたは他の変調モジュレーターの周波数、位相、振幅、またはパルス幅をオーディオレートで変調できます。

大規模な変調アーキテクチャ:

SynthMasterには、650を超える変調ターゲットと、ADSRエンベロープ、2Dエンベロープ、マルチステージエンベロープ、LFO、キースケーラー、イージーパラメーター、ボコーダーバンド、MIDIベロシティ、アフタータッチ、ピッチベンド、MIDI CCを含む95以上の変調ソースがあります。

各変調ターゲットには、最大3つの変調ソースを含めることができます。

64個の使用可能なスロットがある変調マトリックスには、視覚的なフィルタリングもあり、特定のソースのターゲットをフィルタリングして、ユーザーインターフェイスに表示できます。

簡単なパラメーター:

SynthMasterは8つの簡単なノブと2つのXYパッドを備えており、モジュレーションソースとして自由に割り当てることができるため、シンセエンジンの複雑さを隠して、プリセットの最も重要なパラメーターのみをユーザーが制御できます。

簡単なパラメーターは、MIDIコントローラーにグローバルにリンクでき、SynthMasterによって自動的に割り当てることもできます。

強力なアルペジエーター:

SynthMasterのアルペジエーターは、Up、Down、UpDown、DownUp、UpDown2、DownUp2、AsPlayed、Sequence、Chord、Arpeggiateモードなどのクラシックなアルペジエーターモードを備えています。

アルペジエーターの32のステップにはそれぞれ、ベロシティ、ノート番号、ノートの長さ、スライド、ホールドのパラメーターがあります。

ベーシックオシレーター:

SynthMasterの「基本」オシレーターは、正弦波、方形波、三角波、のこぎり波、パルス、ノイズ、ウェーブテーブル、およびSFZファイルで定義されたマルチサンプリングWAV / AIFFの多くの異なるタイプの波形を合成できます。

Additive Oscillators:

「Additive」オシレーターは、実際には8つの「基本」オシレーターが一緒に実行されます。各「基本」オシレーターには、独自のデチューン、トーン、位相/パルス幅、周波数、波形タイプがあります。

ベクトルオシレーター:

「ベクトル」発振器は、異なる比率で混合された4つの「基本」オシレーターで構成されます。混合比は、2次元の2つの直交パラメーター「Xインデックス」と「Yインデックス」によって決定されます。

ウェーブスキャニング オシレーター:

「Wavescanning」オシレーターは、基本的なオシレーターに似ていますが、波形を16種類の波形形状でスキャン(補間)できる点が異なります。

波形の位置は、「wave index」パラメーターを使用して調整できます。

Unisonが改善されたステレオオシレーター:

SynthMasterのオシレーターにはステレオ出力があります。新しい「ボイス」、「パンスプレッド」、「ディチューンスプレッド」パラメーターにより、各基本/ウェーブスキャンオシレーターは独自のユニゾン設定を持つことができ、すべてのボイスエレメントのユニゾンを有効にする必要がなくなります。

アナログフィルター:

「アナログ」フィルターは、有名なラダーフィルターをモデルにしているため、フィルターの共振が最大になると自励発振します。

連続可変スロープがあり、これはSynthMaster固有のものです。

デジタルフィルター:

「デジタル」フィルターは、出力にハードリミッターを備えたバイカッドフィルターです。リミッターは、アタック、リリース、およびスレッショルドのパラメーターを備えたエンベロープフォロワーを備えています。

マルチモードフィルター:

新しい「マルチモード」フィルタータイプを使用すると、ローパスフィルターからバンドパスフィルター、ハイパスフィルターのタイプを連続的に切り替えることができます。

アナログマルチモードフィルターの場合、フィルターのスロープを0 dB / octから24 dB / octまで連続的に変更することもできます。

デュアルフィルター:

新しい「デュアル」フィルタータイプを使用すると、2つのマルチモードフィルターを同時に、並列または直列で実行できます。

フィルター間の混合比とそれらの間のトポロジー(並列/直列)、およびフィルターのモードとカットオフ周波数を連続的に変更できます。

櫛形(コーム)フィルター:

櫛形フィルターは、物理モデリング合成で使用されるデジタルフィルターです。

(Before/Inside/After)フィルターディストーション:

フィルターの前、後、または内側にディストーションステージを挿入できます。

アナログフィルターの場合、ディストーションは「内部」モードの4つのフィルターステージのそれぞれに適用されます。

豊富なエフェクトセット:

SynthMasterには、ディストーション、LoFi、アンサンブル、フェイザー、6バンドEQ、コンプレッサー、ボコーダー、ディレイ、コーラス、トレモロ、リバーブの11種類のエフェクトが備わっています。

フレキシブルエフェクトルーティング:

11種類のエフェクトは、レイヤーインサートまたは2つのグローバルエフェクトバスインサートに挿入できます。

マイクロチューニング:

SynthMasterはScalaチューニングをサポートしているため、チューニングは各プリセットに対して、またはロードによってグローバルに設定できます。