〔無料〕EDM系バーチャルシンセ「T-Force Alpha Plus」がV2にリニューアル

 

以前からEDM系のサウンドが作れると一部の間では話題になっていた、Mastrcode Music社製の無料で使えるシンセプラグイン「T-Force Alpha Plus」。

 

一昨日、新バージョンバージョン「T-Force Alpha Plus 2」がリリースされました。

こちらも、従来通り無料です。

 

*WindowsのみでMacでは使用できません。

  

 

T-Force Alpha Plus 2

T-Force Alpha Plus 2には、以前のAlpha Plus V1のすべての機能に加えて、新しい機能が追加されています。

 ⬇️

新しいグラフィカルユーザーインターフェース

  • (DAW内のプラグインを開いている間に、各パネルの背景色をリアルタイムで個別に変更できるようになりました)
  • コントロールの数値は書き込み可能な入力です
  • 値をクリックしてキーボードで値を入力するだけです

  
メインパネル:

  • 今私はよりよいワークフローのためにモジュレーションパネルの代わりにメインパネルにフィルター、フィルターエンベロープそしてまたアンプエンベロープを交換しました。
  • ディストーションモジュールはエフェクトパネルにあります。

 

  
新しいオシレーター機能:

  • ドリフトモード:すべてのオシレータに「ドリフト」モードが追加されました。ビンテージアナログシンセの電圧の不正確さをシミュレートするために、わずかに調整可能な位相やピッチドリフトを追加することができます。

 

 

より良いエンベロープ:

  • アタック、ディケイ、リリースのエンベロープカーブは、線形から指数関数に調整できます。
  • 最大14種類のフィルタータイプを備えた新しいフィルター。

 

 
新しくデザインされたLFO:

  • LFOをバイポーラ/ユニポーラに切り替え可能
  • LFOのスタート/トリガーは遅れることがあります
  • LFOはモジュレーションをフェードインさせるためのLFO量のアタックモードを持ちます。

 

  

強化されたトランスゲート:

  • より良いワークフローのための新しいUI
    ゲートシーケンサーには3つのリトリガーモードがあります。
  • ホストモード:シーケンサーはDAWのシーケンサーバーと同期します
  • 1st Note:ゲートシーケンサーは最初に演奏されたノートによってトリガーされます(例えばコードを演奏するとき)。
  • All Notes:ゲートシーケンサーは、押された新しいノートごとにトリガーされます。

 

 

エフェクトセクション:

  • 新しいフェイザー効果が追加されました
  • 新しく強化されたディストーション/サチュレーション効果
  • 新しいビットクラッシャーモデル
  • まったく新しいデザインのリバーブエフェクト
  • まったく新しいデザインのディレイエフェクト

 

 

ポリフォニー設定:

  • 全体のポリフォニーはユーザーが手動で変更できます。(最大1 – 128の音声)
  • 最大0 -128の追加リサーチ・ボイス(長い新しいenvリリースのために新しいボイスをカットする前にリザーブ・ボイスを確保するため)
  • 音声スチールモード
  • ハードスチール、ソフトスチール、オーバーラップモード

 

  • とりあえず64ビットVST2とVST3。 (32ビット版は少し後に来るでしょう。)

 

 

ダウンロード先:

 

Alpha Plus 2はこちらからダウンロードできます。

ダウンロード先(Dropbox経由。心配な方はウイルスチェックを各自行ってください。)