*今週末までに終了するセールが多くなっています。
記事内に広告が含まれる場合があります

Top5 Filter Plugin By Tim Cant(フィルタープラグインのトップ5)

 

DAW関連ソフトウェア販売大手のPlugin Boutique社が、恒例の「週末お楽しみ動画」を公開しています。

今回のテーマはフィルター。

 

EDM系アーティストのTim Cant氏が、最新のフィルタープラグインのトップ5をチョイスしています。

 

 

 

 

Top5 Filter Plugin

 

  1. Philta XL (Vengeance)
  2. Mobius Filter (iZotope)
  3. FilterShaper 3 (Cableguys)
  4. FilterFreak (Soundtoys)
  5. PSP StompFilter (PSP Audioware)
 

 

5. PSP stompFilter(PSP Audioware)

 

 

『PSP stompFilter』は、ギターのストンプボックスからインスピレーションを得たフィルターです。

確かに、StompFilterは、フィルタープラグインの一種ですが、この背後にある考え方は、LFOと組み合わせて、トラックでリズミカルな動きを作り出すことです。

実際、stompFilterは、『LFO』によってトリガーされるだけでなく、通過するサウンドのエンベロープ(自動ワウ・スタイル)、または、エンベロープとその『内部LFO』の両方によってトリガーすることも可能です。

このフィルター自体は、低域、または高域のバンドモデルから選択されたものです。

調整可能なLFOのランダム性、ソフトなサチュレーション、出力リミッターも搭載。

stompFilterはたった55ポンドで手に入れることができます。

 

https://www.pluginboutique.com/product/2-Effects/19-Filter/3001-PSP-stompFilter

 

 

4. FilterFreak (Soundtoys)

 

  

FilterFreakは、サウンドに生き生きとした活力を与えるために設計されたデュアルフィルターです。

2つのローパスフィルター、低域フィルター、高域フィルター、または2つのその他の組み合わせを連結させても、FilterFreakのLFOはサウンドを生き生きとさせます。

全てのSoundtoysのプラグインに期待されるように、このフィルター機能自体は、ハードウェアギアの反応を現代に持ち込む習慣のおかげで、よくモデル化されたアナログスタイル・プラグインです。

Rhythm Editorを開くと、FilterFreakの本領を発揮します。 これにより、はるかに複雑なLFOパターンでフィルターを移動し、時間とともに効果的にレートを変化させて、ウォブや他のパターンを作成できます。 

 

https://www.pluginboutique.com/products/1800

 

 

 

 

  

3. FilterShaper 3 (Cableguys)

 

  

FilterShaper 3は、それぞれカットオフ、レゾナンス、ドライブの2つのフィルターを提供します。

また、2つのLFOと1つのエンベロープフォロワーをコントロールできます。

これらは、フィルターパラメーターまたはグローバルパラメーターにリンクできます。

もちろん、Cableguysの製品なので、LFO自体に、非常に多くの編集機能があります。

ノードをクリックしてドラッグすると、お好みのシェイプを作成でき、穏やかな標準LFOウェーブから非常識なアニメーションウォブパターンやロードまで、さまざまなものを実行できます。

60ポンドです。

 

https://www.pluginboutique.com/product/2-Effects/19-Filter/829-FilterShaper-3

 

 

 

 

2. Mobius Filter (iZotope)

 

 

Mobius Filterは、通常のフィルタープラグインではなく、実際に同時に移動する多くの並列フィルターを使用します。

結果は一種のバーバーポール効果ですが、フィルタリングのために、
フィルターのカットオフは永遠に上昇または下降していると思わせます。

多くの点で、このエフェクトはフランジングのように聞こえますが、技術的にはフィルタープラグインの一種です

結果的に、ライザーまたはフランジスタイルのトーンが数秒で盛り上がりを見せます。

デフォルトでは、一定のLFOの動きから逸脱ますが、スイープを自分でコントロールできるX / Yコントロールが搭載されています。

これらすべてのフランジング-アーム、フィルタリング機能がついて、たったの45ポンドと悪くはない。

 

https://www.pluginboutique.com/products/2219

 

 

 

 

1. Philta XL (Vengeance)

 

わずか40英国ポンドのPhilta XLには、個別にまたは一緒に機能してチャンネルのスペースを空けることができる2つのフィルターがあります。

各フィルターは12〜96 dBの勾配に個別に設定でき、プラグイン全体の調整可能な入出力ゲインも搭載されています。

 

https://www.pluginboutique.com/products/2170

 

 

 

関連記事:

https://getthatprosound.com/the-10-best-creative-filter-plugins-in-the-world/