discoDSP 『Vertigo』アンダースコア、ポップス、ディスコ、ファンク、EDMなどに適したアディティブ・シンセ・プラグイン

discoDSPのアディティブ・シンセサイザー・プラグイン 『Vertigo』が78%OFFの特価セールになっています。

通常価格:69ユーロ(8,920円) → セール特価:15ユーロ(約1,950円)78%OFF

「Vertigo」は、VST/VST3/AAX/AU、スタンドアローンで使用できるシンセです。

アンダースコア、ポップス、ディスコ、ファンク、EDMなどの音楽制作にフィットするように設計されています。

スポンサーリンク

『Vertigo』アディティブ・シンセサイザー

「Vertigo」は、アディティブ・シンセサイザー(プラグイン:VST/VST3/AAX/AU)です。

幅広いサウンドデザインに使用できる256のパーシャル、リシンセシス、モーフィングを備え、非常に高い音質と内蔵エフェクトを搭載しています。

以下ののような音楽制作の用途に最適です。

  • アンダースコア
  • ポップス
  • ディスコ
  • ファンク
  • EDM

などなど

ざっと見製品紹介動画(3分):

00:37〜あたりからサウンド付きのデモが始まります。

サウンドデモ:

『Vertigo』の詳細

『Vertigo』は、オーディオとビットマップの再合成が可能なアディティブ・シンセサイザーです。

高音質と優れた内蔵エフェクトを備える「Vertigo」は、以下のような特徴があります。

  • 64ビットAAX/オーディオユニット/VST/VST3/スタンドアロン

  • 拡大縮小が可能なHiDPI RetinaのGUI

  • 256のオシレーター

  • モーフィング可能な2つのレイヤー

  • デュアルフィルター / シリアル / パラレル

  • フォルマントフィルター

  • 高速フーリエ変換によるオーディオ表示

  • 8種類のエフェクト

概要

  • Apple Silicon Universal 2 Binaryのネイティブビルド

  • 最大16ボイスのポリフォニー

  • WAV PCMの解析とビットマップの読み込み

  • 1024、2048、4096、8192 FFTフレームサイズ

  • 4つのウィンドウ バートレット、ハミング、ハニング、ブラックマンの4つのウィンドウ

オシレーター

  • オイラー生成 (最大: -120dB s/noise ratio)(ウェーブテーブルは使用していません)

  • 1ボイスあたり最大256個まで

  • 2つのモジュレーション・ソース(モーフィング機能付き)

  • 位相

  • 振幅

  • ノートピッチシフト量

  • 周波数比

  • 周波数/アンプエンベロープ

合成オプション

  • ハーモナイズ(Harmonic/Odd Harmonic vocoder)

  • フェイズ・スミアリング

  • 周波数スミアリング(アンサンブル)

  • クラシックな波形生成アシスタント(ソー/スクエア/トライアングル/2Xソー/スクエア/トライアングル)

フィルター

  • ローパス/ハイパス/バンドパス12/バンドパス24/ノッチ/ピーク

  • カットオフ・エンベロープ

  • ホイール/キー/ベロシティによるカットオフのモジュレーション量

  • レゾナンスのためのホイール/ベロシティ・モジュレーション量

ヴォイス

  • 2つのレゾナント・フィルター(シリアル/パラレル・モード)

  • ピッチエンベロープ

  • アンプリチュードエンベロープ

  • ピッチベンドコントロール

エフェクト

  • ディストーション(8倍オーバーサンプリング・オーバードライブ、ソフトクリップ付き)

  • フェイザー(最大128タップ)

  • フランジャー

  • コンプレッサー

  • イコライザー(8バンド)

  • コーラス

  • ディレイ

  • リバーブ

システム要件

プラグインフォーマット(64ビット):

AAX / Audio Units / VST / VST3 / スタンドアローン

*Apple シリコンにも対応しています

メーカーページリンク

セール情報

通常価格:69ユーロ(8,920円)

セール特価:15ユーロ(約1,950円)78%OFF

主なセール価格の推移:

  • 2019年10月:79ドル → 47.4ドル