W.A. Production社のPumper, SphereComp, Puncherが各1ドルのハロウィーンセール

よろしければシェアお願いします

 

Plugin Boutiqueは、WA Productionのハロウィンセールを開始しました。

今回のセールでは、Pumper、SphereComp、Puncherの各エフェクトプラグインを、各1ドルのみで提供しています。

どれもそこそこの価格で売っていましたが、ハロウィーンセールで1ドル落ち。。

 

*ただしセール期限は、11月4日までです。

スポンサーリンク

 W.A. Production ハロウィーンセール プラグイン+Bundle (Limited Time Bundle)

Puncher

]

 

Puncherは、Transient Shaper(トランジェントシェイパー)とMultiband Compressor(マルチバンドコンプ)、Parallel Compressor(パラレルコンプ)を組み合わせたマルチエフェクトダイナミックプロセッシングプラグイン。

トラック、ミックス、マスタートラックに使用できて、音に明瞭さとパンチを与えるそうです。

 

Puncherは、あなたのトラックに瞬時にパワーとパンチを加えるマルチFXプラグインです。

コンプレスの面では、これはあなたが夢見てきたツールのすべてです。

そのコンパクトなデザインには3種類の効果があります。

トランジェントシェイパー、マルチバンドコンプレッサーおよびパラレルコンプレッサー

この3つの素晴らしいツールのパワーを組み合わせて、まったく新しいユニークで強力なサウンドを作り出すことができます。

Puncherは、適用されるエフェクトの量をコントロールできるだけでなく、エフェクト自体をコントロールすることもできます。

各エフェクトの高度なオプションを提供することで、好きなだけ、あらゆるアスペクトを微調整できます。

Puncherの中には、さまざまなジャンルや楽器用に設定された48のプリセットがあります。

Puncherは、トランジェントエネルギーの絶対的な音色コントロールを提供するように設計されているため、これらのサウンドをカスタマイズしてシェイプできます。

3つの別々のユニットを持っているのではなく、Puncherはミックスに1つのコンパクトプラグインで余分なパンチをクリアするために必要な3つの要素を持っています。

https://www.waproduction.com/plugins/view/puncher

    

Puncher by W.A. Production | Review of Features & Tutorial

 

上記のビデオでは、Pumperの概要と使い方を解説しています。

Pumperは、W.A. Productionによる新しいマルチエフェクト。

このPumperには3つのエフェクトが組み込まれています。

  1. トランジエントシェイパー
  2. 4バンドマルチバンドコンプレッサー
  3. そして最後にシグナルチェーンの末尾にあるRMSコンプレッサー(シグナル・チェーンの末尾にあるRMSコンプレッサーを使用して、最終的に、すべてをつなぎ合わせるのに役立ちます。)

  

 

110円だし試用するのも面倒臭いし、買っちゃおうかな。。

  

 

Pumper

コンプレッサー、サチュレーター、ステレオイメージャーの機能を備えるハイブリッドツール。EDM系のぶっといサウンドを作る時に重宝するみたい。

 

Pumperは、

優れたオールインワンのオーディオツールです。

制作物を向上させるためのキラーオプションを提供します。

この素晴らしいプラグインを個々のチャンネルまたはマスターバスで使用することができます。

これはあらゆるスタイルの音楽に対応しています。

このシンプルで使いやすいプラグインでスーパーハイエンドのスタジオサウンドを手に入れましょう。

このプラグインを使用するには、非常に多くの寸法とアプリケーションがあります。

高い周波数を抑えることができ、Pumper Compressorでローエンドをコントロールすることもできます。

https://www.waproduction.com/plugins/view/pumper

 

PUMPER – The EDM Producer's Secret Weapon [VST/ VST3/ AU]

 

 
これも以前は29ドルくらいで売っていたブツですよね。。
 
 
 

SphereComp

デュアルモードのコンプレッサープラグイン。

これも出て間もないと思うのですが、110円になってしまいました。

今年の8月に、SphereDelaySphereCompのセットバンドルが49ドルでセールでしたが・・。

この価格ならプラグインコレクターさんは、ノーブレですね。(もちろん私もですが。。)

 

SphereComp By W.A Production | Compression Deep House Bass Tutorial

 

上記のビデオチュートリアルでは、Joshua Casper氏が、W.A Productionsの「SphereComp」コンプレッサーを使用して、いくつかのDeep Houseのベース音を圧縮して、しっかりとさせる方法を紹介します。

RMSコンプレッサーの設定といくつかのFXノードを使用すると、タイトな低音を簡単に得ることができます。

  

SphereComp – Dual Mode Compressor Plugin (VST / VST3 / AU / AAX)

 

 

三つまとめたバンドルは3ドル

上記の3つのプラグインをまとめたバンドルもあります。こちらは3ドル。

個別に買うのと一緒の価格ですね。

全部買う場合は、面倒がないのでこっちで良いでしょう。

 
 
 
こういうのを見ると、今年もブラックフライデー・セールの季節が近づいてきたんだなぁと感じますね。
 
 

 iZotopeの各製品(50%〜70%OFF) のセールももうすぐ終了しますよ!

 
ちなみにフライング気味で始まっている、現時点で最重要のセール「iZotope社のぶっ飛びセール」も、ブラックフライデー・セール前の11月1日に終わります。お気をつけください。
参考記事:
  今日10月22日と明日の23日はいくつかの重要なDAW、DTM関連セールが終了するのでまとめておきます。 良かったら参考にしてく...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク