【39ドル→0ドル】WA Production『Mutant Reverb』 クリアなリバーブプラグイン(無料配布中!)

WA Productionのリバーブプラグイン『Mutant Reverb』(通常価格:39ドル)無料配布されています。(WindowsとMacで使用できます。)

配布期間は不明です。気になる方はお早めに。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『Mutant Reverb』クリアなスペース

紹介動画 :

MUTANT Reverb – Vocal Reverb Plugin With a Built-in Ducker (VST / AU / AAX)

『Mutant Reverb』の概要

よりクリアな空間

Mutant Reverbは、ダッカーを内蔵したモノラルからステレオへのリバーブプラグインです。ボーカル、パーカッション、シンセなど、リバーブ・テールを正確にコントロールする必要がある多くのアプリケーションに最適です。

サウンドにリバーブを加えると、暖かみや個性が出て、サウンドを現実世界の空間に近づけることができます。

しかし、リバーブ・テールがオリジナル・シグナルの明瞭度を覆い隠してしまい、濁った、定義されていないサウンドになってしまうと大きな問題が発生します。

Mutant Reverbは、複雑なサイドチェインやコンプレッション・ルーティングなしに、数回クリックするだけでリバーブ処理をオリジナル・オーディオの邪魔にならないようにすることができます。プラグアンドプレイだけでOKです。

Mutant Reverbは、モノラル・ソースをステレオ・リバーブ信号に変換することができる豊かなリバーブ・アルゴリズムを備えたステレオ・スプリット処理を提供します。

W.A Productionには、リバーブエフェクトのルームとテールの特性を調整するためのコントロールもいくつか用意されています。

Internal Ducker セクションでは、典型的なスレッショルド、レシオ、アタック、ホールド、リリースのコントロールが可能です。

オリジナルのシグナルをミュートして、ダッキングされたリバーブエフェクトを詳細に聴いたり、エフェクトバスでプラグインを使用したりすることもできます。

インターフェースの上部にあるビジュアル・フィードバック・セクションでは、ドライとウェットのシグナルがどのように相互作用しているかを2つの異なる色で表示しているので、リバーブとダッキングを簡単に識別することができます。

ボーカル、シンセ、パーカッションのトラックを制作している場合でも、Mutant Reverbはミックスにスペースと明快さを生み出すためにバックポケットに入れておくべきです。

パワー

Mutant Reverbのロゴは、プラグイン全体のバイパスコントロールとして機能し、A/Bテストの妨げにならないように、クリックしてポップになるようにスムージングされています。

ビジュアル・フィードバック

インターフェイスの最上部にある波形グラフは、ドライソースとウェットリバーブ信号を異なる色で表示しています。

ミックスコントロール

Mix ダイヤルを使用してウェットリバーブレベルを設定します。

内部ダッカーセクションのスレッショルドとレシオダイヤルと組み合わせて使用することで、リバーブテールのパフォーマンスを正確にコントロールすることができます。

ソロモードでダッキングリバーブエフェクトを聴きたい場合(またはエフェクトセンドとしてプラグインを使用したい場合)は、ミュートボタンを押してソース信号をミュートします。

タイム&プリディレイ

Timeダイヤルでは、リバーブのテールの長さを無限に設定でき、無限のアンビエンスを実現します。追加のドット・コントロールでリバーブのプリディレイ・タイムを最大100msまで調整できます。

サイズ&ディフュージョン

サイズダイヤルでリバーブのシミュレートされた部屋のサイズを設定し、追加のドットコントロールでリバーブのディフュージョンを調整することで、シミュレートされた部屋のサウンドを滑らかにします。

周波数のシェーピングとダンピング

一般的なリバーブテクニックで、リバーブテールの周波数をシェイプすることで、ハイエンドとローエンドのクラッターを低減します。

Mutant Reverbのハイ&ローパス・フィルター・ノードを使用して、アンビエンスの出力をお好みのハイ&ロー・リミットにフィルターすることができます。

フィルターに付属のドットコントロールでダンピングの調整が可能で、より自然なサウンドの空間をシミュレートします。

内部ダッカーセクション

インターフェイスのダッキングセクションは、標準的なコンプレッサーと同様に動作し、スレッショルドとレシオダイヤルは、ダッキングされた信号をどのように処理するかを決定するための主なコントロールです。

スレッショルドはコンプレッサーが動作を開始する強度レベルを設定し、レシオダイヤルはどの程度のゲインリダクションを適用するかを決定します。

高度なコントロール アタック / ホールド / リリース

アタック、ホールド、リリースダイヤルでダッキングエフェクトの動作を微調整することができます。

アタックでは、元の信号の過渡現象を無視することができます。Hold は、生成されたゲインリダクションを安定させます。

Release は、ゲインリダクションのフェードアウト時間を設定します。これらのパラメーターを調整することで、カスタムメイドのリバーブエフェクトを作ることができます。

プリセット

Mutant Reverbは、豊富なファクトリープリセットを搭載し、すぐに使用できるように設計されています。

特別にカスタマイズされた設定には、プレートやルームのエミュレーションから特殊なFXまで、様々なタイプのアンビエンスが含まれています。

これらの設定はすべてプラグイン・メニューから簡単にアクセスでき、もちろんユーザー・プリセットとして保存することもできます。

このオールインワンの周波数型ダックリバーブは、ボーカル、パーカッション、シンセなどのリバーブ・テールを正確にコントロールすることができます。

Mutant Reverbは、複雑なルーティングやサイドチェインなしで、アンビエンスと空間の感覚を完璧にコントロールし、オリジナルのシグナルの明瞭さを維持します。テールを飼いならしてみましょう。

特徴

  • クリーンなサウンドのアルゴリズム・リバーブ

  • コンプレッサースタイルのコントロールを備えた内蔵ダッカー

  • 幅広いリバーブ・パラメーターに対応した多数のプリセット

  • クリックの必要ないバイパスコントロール

  • 時間、サイズ、周波数フィルターダイヤル

  • プリディレイ、ディフュージョン、ダンピングのための高度なコントロール

  • リアルタイム波形表示

  • フルPDFマニュアル&チュートリアルビデオ

システム要件

  • VST Windows 7以上(32/64ビット
  • VST / AU Mac OSX 10.7以上(32/64ビット
  • AAX – ProTools

セール情報

通常価格:39ドル

セール特価:0ドル