【タイムセール】Waves CLA MixHub ($199→$35)

よろしければシェアお願いします

Wavesで、CLA MixHubがタイムセールになっています。突然のワンデーセール。

セール締め切りは、本日 8月20日(火) 17:59(日本時間)まで。

*2019年8月20日 18:40 追記 :終了しました。

通常価格:199ドル → セール特価:39ドル →クーポン適用で35ドル

追記:クーポン誰でも適用できます。

クーポンコード:YNY23適用で35ドルになります。

 

クーポンコード:YNY23

Chris先生による「CLA MixHub」の解説動画(再掲)

 

CLA MixHub Explained – Tutorial with Chris Lord-Alge

  

 

 

おなじみSleepfreaksさまの解説動画

ミックスが上手くなるTIPS#1「Waves CLA MixHub」を用いたミキシング

基本的な使い方

 

1. DAWのトラックにCLA MixHubを挿入します

最初にチャンネルビューが開きます。

他のプラグインと同じように、一度に1つのチャンネルストリップをミックスし始めることができます。

「チャンネルビュー」

 

CLA MixHubを最大限に活用するには、まずBucket Viewに進みます。

 

  

2.Bucketにラベルを付けます

トラックをどのようにグループ化するかに応じて、Bucket 1〜8にラベルを付けます。

例えば:ドラム、ベース、キー、ボーカルなど。

Bucketにラベルを付けるには、ラベルボックスをダブルクリックし、短いラベルを追加して、キーボードのEnterキーを押します。

 

「Bucket ビュー」 ミキシング用の8チャンネル

     

「Bucket ビュー」のアサイン(割り当て)ウィンドウ
クリックして現在のバケットにトラックを割り当てていきます

   

  

3.トラックを割り当てる

割り当てウィンドウを開きます。

リスト内のトラックをクリックして、それらを現在のBucketに割り当てます。

いっぱいになったら、次のBucketをクリックして充填を続けます。

     

    

4.Bucketをミックス

これですでに、8個のBucketをミックスする準備ができているはずです。

1つのプラグインウィンドウからセッション全体のバランスをとるためにはBucket Viewを使用します。

そして、単一チャンネルの処理に焦点を当てる時は、チャンネルビューに移動します。(EQやコンプなどを使う。)

このEQ、コンプもCLA自慢のモノらしい。と言うか見た感じはモロSSL。。

   

オーバービュー

 

   

    

   

その他の動画解説

CLA MixHub Plugin: Tips, Tricks & Special Features

Mixing Fredy V 'Not Alone' – Mixing With Waves CLA MixHub Plugin

 

 

Exclusive Review – Waves CLA MixHub – Console Emulation Like You've Never Experienced Before

   

 

Plug-In Overview: Waves CLA MixHub

  

 

  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク