5/18夕方まで【60%OFF】Zynaptiq 『ADAPTIVERB』AIが自動的にマジカルなサウンドを作り出してくれる人気のリバーブ(最安タイ!)

Zynaptiq社のAI機能を搭載した人気のリバーブプラグインが『ADAPTIVERB』がセールになっています。

60%OFFで過去最安タイです。

Zynaptiq Adaptiverb は、繊細なアンビエンスから広大なウォッシュサウンドまで、あらゆる機能を備えたリバーブ・プラグインです。様々な用途に使用ができる人気製品。ただしCPU負荷は高めなのでスペックの低いPCでの使用は難しいと思います。

*5月18日(火曜日)夕方頃までの短期セールです。

スポンサーリンク

Zynaptiq 『ADAPTIVERB』(AI搭載のハーモニック・トラッキング・リシンセシス・リバーブ)

ADAPTIVERBは、革新的なリフレクションに依存しないリバーブプラグインです。

反射を使用する従来のアコースティックルームモデリングとは異なり、ADAPTIVERBは、ソースを不明瞭にしたり、知覚的に後方に移動したりすることなく、奥行き、調和のとれた豊かさ、バターのように滑らかな音楽的調和の作成にの重点を置いています。

日本語による紹介動画:

Zynaptiq ADAPTIVERB製品紹介(日本語字幕版)

このADAPTIVERBは、レイトレーシングリバーブ、アダプ​​ティブシミラリティフィルタリング、および自動運転車が衝突を回避できるようにする革新的な新しいAI技術を使用して構築されています。

不協和音をフィルタリングしながら、緑豊かなスペース、スムーズなドローン、遠くのテクスチャを作成できます。音楽制作する上でサウンドの邪魔になることはありません。

Zynaptiq ADAPTIVERB製品紹介DRY/WET比較試聴バージョン(日本語字幕版):

Zynaptiq ADAPTIVERB製品紹介DRY/WET比較試聴バージョン(日本語字幕版)

Zynaptiq 『ADAPTIVERB』の概要

zynaptiqが放つ魔法のようなリバーブ

自動的に魔法のようなサウンドを作り出す、そして、音楽と完璧に調和するリバーブがあるといいと思いませんか?

ADAPTIVERBの出番です。

ミックスを乱雑にせず、サウンドをバックグラウンドに押し込まないリバーブ。リアルなだけでなく、美しく豊かな響きを実現するリバーブです。

また、有機的にスムーズなリバーブでもあります。

サウンドのサスティーンが長く有機的なアンビエントサウンドテクスチャの作成も可能なリバーブです。

主な機能

  • ユニークな音響特性を備えた革新的な新しい反響音アプローチ
  • Bionic Sustain Resynthesisは驚くほど有機的な尾を作成し、入力からノイズのあるコンポーネントを排除して、粒子のないクリアで調和のとれた結果を実現します
  • 入力、キャプチャされたハーモニックフィンガープリント、またはスクリーンキーボードを使用して定義された一連のノートに一致しないエフェクトコンポーネントを削除するためのハーモニックコンターフィルター(HCF)回路を搭載
  • エフェクトを特定のキーに合わせるためのフィルタリングおよびピッチクオンタイズベースのHCFキーボードモード
  • クロスフィルタリングエフェクトを作成するためのHCF HOLDモード
  • レイトレーシングとオールパスベースのリバーブエンジン
  • ドローン、パッド、または無限のリバーブタイプのサウンドを作成するための入力フリーズ機能
  • SIMPLEIFY関数は、加算シンセシスタイプのサウンド用に少量のオシレーターで入力の倍音成分を再現します(ゆらぎなし)
  • リバーブにオクターブ、5次、またはユニゾン間隔の倍音を追加するためのRICHNESSパラメーター
  • ハーモニックシンセシスベースのAIRを含む前処理セクション
  • パンとバターのリバーブ、「invisible(目に見えない)」リバーブ、楽器/音声の色のリバーブ、クロスフィルタリング、適応的にフィルタリングされたディレイ、入力信号なしで再生されるパッド/ドローンなど、幅広いエフェクトをカバーする400以上のプリセット
  • すべての主要パラメータのMIDIコントロール

日本語による詳しい製品紹介ページのリンク(リットーミュージックさま) :

「ZYNAPTIQ Adaptiverb」製品レビュー:反響での空間再現とは異なるリシンセシス・プラグイン・リバーブ - サンレコ 〜音楽制作と音響のすべてを届けるメディア
ZYNAPTIQAdaptiverb Mine-Chang UnfilterやPitchmapなどのユニークなプラグインを生み出してきたZYNAPTIQから、リバーブ・プラグインAdaptiverbがリリースされました。Mac/Windows対応でフォーマットはAAX/RTAS/Audio Units/VST。説明には...

デモ動画

ピアノサンドのデモ:

Zynaptiq ADAPTIVERB Basic Piano Examples

Pro Tools Expertsさんによるレビュー動画(6分30秒):

Review – ADAPTIVERB By Zynaptiq

レビュー記事リンク

LANDR Blog

LANDR Blogによる非常に優れた考察とレビュー。

Plugin Review: Epic Ambience with Zynaptiq Adaptiverb | LANDR Blog
Read the essential review of Zynaptiq Adaptiverb and find out if it's for you. From reflectionless reverb to resynthesis, here's everything you need to know

リバーブは、ミキシングにおいて最も重要な3つのエフェクトの1つです。

ミックスの仮想空間にトラックを配置するためのオーディオ的な接着剤となります。

Zynaptiq Adaptiverb は、繊細なアンビエンスから広大なウォッシュサウンドまで、あらゆる機能を備えた素晴らしいリバーブ・プラグインです。

Adaptiverbは、印象的な再合成エンジンを使用して、他のデジタルリバーブに見られるような典型的な部屋の反射を伴わない残響音を作り出します。

このユニークな「リフレクションレス」リバーブは、サウンドデザインや映画音楽など、大胆で新しいリバーブのテクスチャーを必要とするあらゆる場面に最適です。

Adaptiverbは、多くの調整が可能な深いプラグインです。しかし、その便利なマクロコントロールと多様なプリセットのおかげで、初心者にとっては十分に簡単です。

soundonsoundによるレビュー記事リンク

soundonsoundによる詳細なレビュー記事です。

Zynaptiq Adaptiverb
We’ve come to expect the unexpected from Zynaptiq, and their new reverb delivers just that!

長所:

  • 模範的な音楽制作用のリバーブ。
  • 豊富なアブストラクトエフェクト。
  • 適度な数のコントロール

短所:

  • CPUのオーバーヘッドが大きい
  • レイテンシーが大きい

Adaptiverbは、音楽関連のリバーブ作業とサウンドデザインの両方に取り組むことができるツールです。

リバーブ生成に対する新しいアプローチにより、非常にスムーズで音楽的なサウンドを実現しています。

Zynaptiqは、音楽制作からサウンドデザインまで、論理的なカテゴリーに分けられた非常に膨大な種類のファクトリー・プリセットが作成されています。

多くの場合、いくつかのパラメータを変更して、現在の状況に合わせてカスタマイズすることができます。

音楽制作用のリバーブは、驚くほど豊かで滑らかなサウンドですが、幽玄なスペクトル・ウォッシュ、スペーシーなサウンド、ドローン、バーチャル・パッド、コード・リバーブ、ピッチ・シフト・リバーブなどもあります。

普通の音を全く新しいものに変えてしまうこのプラグインの能力には感心させられますが、一方で、通常のリバーブの役割を非常に成熟した形で担う能力もあります。

一方でAdaptiverbはサウンドデザイナーが夢見るようなツールでもありますが、その不思議な能力は、必要に応じてピッチの衝突を回避するユニークな機能を備えた、ボーカルや楽器用の素晴らしいスタジオ・リバーブであるという事実を損なうものではありません。

正直なところ、これほど多くの潜在的なユーザーに様々なものを提供できるリバーブプラグインに出会ったことはありませんし、その結果の質の高さから、CPU負荷やレイテンシーを許すことができます。

システム要件

Windows:

  • Windows 7以降
  • 2コア以上のCPU。Intel CPU推奨、i7以上推奨。
  • Steinberg VST 2.4、VST 3またはAvid RTAS / AAX互換のホストソフトウェア
  • AAXネイティブ32ビットの場合、最低限必要なPro Toolsバージョンは10.3.6です。
  • マシンまたはiLok 2ベースのアクティベーション用のiLok.comアカウント(完全版とデモ版の両方)はILOKキーを必要としません
  • ソフトウェアアクティベーション用のインターネット接続(ただし、オーディオに使用されるコンピューター上である必要はありません)

Mac:  

  • Apple Macコンピュータ
  • OSX 10.8.x以降
  • 2コア以上のIntel CPU。i7以上を推奨。
  • Apple AU(AudioUnits)、Steinberg VST 2.4、VST 3またはAvid RTAS / AAX互換のホストソフトウェア
  • AAXネイティブ32ビットの場合、最低限必要なPro Toolsバージョンは10.3.6です。
  • マシンまたはiLok 2ベースのアクティベーション用のiLok.comアカウント(完全版とデモ版の両方)はILOKキーを必要としません
  • ソフトウェアアクティベーション用のインターネット接続(ただし、オーディオに使用されるコンピューター上である必要はありません)

フォーマット:

ADAPTIVERBはさまざまな形式で使用できます。

Mac OS Xの場合:

  • Apple AudioUnits(32/64ビット)
  • Avid RTAS
  • AudioSuite(32/64ビット)を含むAvid AAXネイティブ
  • スタインバーグ VST 2.4(32/64ビット)
  • Steinberg VST 3(32/64ビット)

PC / Windows:

  • Avid RTAS
  • AudioSuite(32/64ビット)を含むAvid AAXネイティブ
  • スタインバーグ VST 2.4(32/64ビット)
  • Steinberg VST 3(32/64ビット)

コピープロテクション:

ADAPTIVERBは最新のPACEコピープロテクションを使用しています。

これにより、アクティベーションをマシンまたはiLok 2 *(含まれていません)に配置できます。

デモであっても、ソフトウェアを使用するには無料のiLok.comアカウントが必要です。

ただし、マシンがインターネットにアクセスできる場合は、必ずしもiLok 2ドングルは必要ありません(インターネットに接続していないシステムをアクティブにするにはiLok 2デバイスが必要です) )。

必要なソフトウェアはすべてプラグインとともにインストールされますが、通常は最新バージョンをiLok.comから直接ダウンロードすることをお勧めします。

注意:古い第1世代(青)のiLokはサポートされていません。

*インターネットにつながる環境の場合はiLokのUSBドングルは必要なく、iLok.comのアカウントのみでコンピューターに紐付けする形で使用できます。

ADAPTIVERBは多くのCPUを使用します。

プラグインは最大192kHzのサンプリングレートでの実行をサポートしていますが、単一のインスタンス内で可能な実際の達成可能なサンプリングレートとチャネル数は、使用可能なCPUリソースによって異なります。

DAWにADAPTIVERBを効果的に使用するための十分なリソースがあるかどうかを確認するには、体験版をダウンロードしてください。

ADAPTIVERBのセール情報

通常価格:249ドル

セール特価:99ドル(60%OFF)過去最安タイ

*上記の製品を購入時に、有料のプラグイン(「Cableguys DriveShaper」または「Audio Damage Dubstation 2」のお好みの方)を無料で取得することができます(5月31日まで有効):