Boz『Little Clipper』 シンプル操作でパンチのあるドラムサウンドを作成できるクリッパープラグイン

Boz Digital LabsのLittle Clipperは、HipHopやEDM系のドラムトラックの迫力付けに重宝するツールです。

(ハード/ソフトクリッピング・ノブとミックス・ノブの、たった2つのノブの操作だけでパンチのあるドラムサウンドを作り出すことができるクリッピングプラグインです。)

現在、61%OFFのセールになっています。

2021年4月14日:

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Little-Clipper-Screenshot-PluginBoutique-1.jpg

通常価格:49ドル → セール特価:20ドル(61%OFF)

*セールは5月1日(土曜日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

Little Clipper

Little Clipperは、その名の通りクリッパー・プラグインです。簡単操作のシンプルなレイアウトにクリッパーに必要とされる機能が詰め込まれています。

ミックスを切り裂くようなパンチの効いたクランチーでファットなドラムを簡単に作成することができます。

ざっと見デモ動画(1分35秒):

Boz Digital Little Clipper EXPLAINED

解説動画(4分20秒・日本語字幕可能):

How to Get Punchy Drums with Little Clipper by Boz Digital Labs Tutorial

Little Clipperについて

Little Clipperには、クリッパーに必要な各機能がこの小さなボックスに詰まっています。

Little Clipperには兄版のBig Clipperがあります。

この弟版のLittle Clipperは兄版と比べてより軽量でシンプルなバージョンです。

クリッピングは、ミキシングにおいて誤解され安いプロセスの1つです。

これを正しく使用できるようになると、ミキシングがより簡単になります。

ただし、すべてのエフェクトと同様に、容易にやり過ぎてしまいやすいツールです。

このLittle Clipperは、クリッピングがどの程度発生しているかを示す明確なメーターと、適切な量になるようにクリッピングを調整するための各機能が備わっているので操作がやりやすいのが特徴です。

ハード/ソフトクリッピング

鮮明なハードクリッピングが必要な場合もあれば、よりスムーズなソフトクリッピングが必要な場合もあります。 Little Clipperを使用すると、クリッピングの強さを簡単に選択できます。

ステレオまたはミッド/サイド

Little Clipperでは、ステレオトラックのチャンネル構成を選択できます。

ステレオバスのミッド/サイドモードでは、クリッピングがより自然に聞こえることが多いことがわかりました。

さらに、他のチャンネルに影響を与えることなく、ミッドまたはサイドチャンネルのみをクリップできるため、クリッピングをさらに細かく制御できます。

Little Clipperの特徴

  • ハード/ソフトクリッピング

  • 直感的な入力ゲインと天井のコントロール

  • ドライサウンドをブレンドするミックスノブ

  • ステレオバスをクリップするための複数のステレオ構成

システム要件

Mac

  • AAX
  • AU
  • RTAS
  • VST
  • VST3

Windows

  • AAX
  • RTAS
  • VST
  • VST3

セール情報

通常価格:49ドル

セール特価:19ドル(61%OFF)

管理人メモ:

簡単に使えて効果もわかりやすいので、ものぐさな自分は気に入っているプラグインの一つです。

しかし製品自体の欠点ではないのですが、ちょっとした点が一つ。

それは、このLittle Clipper、2年前に(一瞬ですが)無料配布されたことがあるのです。

今回の19ドルは通常で考えれば十分安いのですが、そういうこともあったと、マイナス面の情報もお知らせしておきます。