記事内に広告が含まれる場合があります

Hornet『DynEq』共鳴を除去するダイナミックイコライザー

Hornet社が共鳴を除去するダイナミックイコライザー『DynEq』(通常価格:10.99ユーロ)を無料配布しています。

*セール終了予定日:

  • 日本時間: 6/11(火)朝7時頃までの予定です。
  • 英国時間: 6/11(火)0時頃までの予定です。

広告

Hornet『DynEq』

紹介動画(11分・自動翻訳の日本語字幕可能):

HoRNet DynEqはダイナミックイコライザープラグインで、入力信号の強度に比例して特定のイコライゼーション曲線を適用するように設計されたツールです。

この説明は複雑に聞こえるかもしれませんが、特定の共鳴(おそらく他のものよりも大きな弦を持つベースギター)を持ち、標準EQがあまりにも多く削除されて周波数全体をカットしたトラックを何回見つけたかを考えてみてください。ダイナミックEQは、信号強度が所定のしきい値を超える場合にのみフィルターを適用します。

DynEqは、この種の処理にシンプルだが効果的なアプローチを使用し、標準コントロールで1つのパラメトリックバンドのイコライゼーションを提供します。

周波数、ゲイン、q、このコントロールを使用すると、特定の共鳴をフィルタリングしたり、トラックに欠けている特定の周波数を増やすことができます。

複数のバンドを制御する必要がある場合は、最初のバンドの後にDynEqのインスタンスをもう1つ置くことができます。

私たちは、音だけに集中できるいくつかのコントロールを備えたシンプルなプラグインを提供できるように、このシンプルなアプローチを取ることにしました。

DynEqは、標準のダイナミックイコライザーコントロールに「自動」機能の通常のリストを追加し、自動速度トグルと自動しきい値を追加しました。

自動速度は、入力のレベルを評価するために使用される内部エンベロープ・ディテクターのアタックとリリースをホストテンポに、そして正確に1/4ノートに同期します。これにより、すぐに正しい速度を得ることができます。

自動しきい値は、EQセクションの設定を使用して、より複雑で、ターゲットとする特定の周波数を入力と比較し、しきい値を動的に調整して、いつでも入力とターゲットとする特定の共鳴の差のみが、処理に影響を与えることなく入力ゲインを変更できると見なされます。

サイドチェーンの強度が処理しきい値を超えると、この設定とサイドチェーンの差が計算され、EQセクションによって適用されるゲインの量をスケーリングするために使用され、最大限の透明性で信号を改善する非常に滑らかでダイナミックな効果が得られます。

特徴

  • 1つのイコライザバンド:周波数、ゲイン、Q
  • 20〜20000Hzのフルバンド周波数
  • -15から+15dBまで調整可能なゲイン
  • Qは0.1から8まで調整可能
  • 50から1500msの処理速度
  • 0から-48dBまでの調整可能なしきい値
  • ホストテンポにリンクされた自動速度
  • 自動相対しきい値
  • Eqリスニングボタン
  • 入力とサイドチェーンのレベル表示
  • 最適なパフォーマンスを保証する自動オーバーサンプリング

*DynEq 1.1.1が利用可能です。このアップデートはプラグインの所有者には無料で、以下が含まれます。

  • Apple Siliconにプラグインが読み込まれないのを修正
  • 自動速度が単独で無効または有効にしない固定
  • ケーキウォークでのクラッシュを修正
  • 固定モノラル互換性

システム要件

  • Apple Siliconのネイティブサポート
  • macOS(10.13以降)とWindows(Vista以降)のサポート
  • MacとWindowsの両方で64ビットのみ
  • オーディオユニット、VST、VST3、AAXフォーマット

*配付情報

通常価格:10.99ユーロ