記事内に広告が含まれる場合があります

IK『Pianoverse MAX』世界最高峰のコンサートグレードピアノのデラックス版

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IK-Multimedia-Pianoverse-MAX-sale.jpg

IK Multimedia社のピアノ・インストゥルメントのデラックス版『Pianoverse MAX』がセールになっています。

IK Multimedia Pianoverse MAX セール

通常価格:299.99ドル

セール特価:199.99ドル(33%OFF)

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*セール終了予定日:

  • 日本時間: 8/1(木)16〜18時頃までの予定です。
  • 英国時間: 8/1(木)7〜9時頃までの予定です。

『Pianoverse MAX』

IK Multimedia『Pianoverse MAX』は、息をのむようなピアノ・リアリズムと無限の創造性が融合したピアノ・インストゥルメントです。

クラシックコンサートから大ヒット映画のサウンドトラック、ジャズのライブ演奏まで、ワールドクラスのピアノサウンドが必要とされるあらゆるシチュエーションで活躍する汎用性の高いピアノインストゥルメントを搭載しています。

世界最高峰のコンサートグレードピアノと、刺激的でシネマティックなエフェクトを組み合わて使用することができます。

デモ動画

サウンドデモ動画 1(2:41):

サウンドデモ動画 2(3:44):

サウンドデモ動画 3(8:36):

紹介動画(19分・自動翻訳の日本語字幕可能):

【日本語】デモ&解説動画(22:46):

デモ動画(14:46・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Pianoverse MAX』について

必要なのは、このピアノだけ:リアリズムと無限の創造性の融合

Pianoverse は、世界最高級のコンサート・グレードのピアノをそのまま再現するだけでなく、感動的でシネマティックなサウンドを生み出す空間ジェネレーターを内蔵したバーチャル・インストゥルメントです。

クラシック・コンサートから大ヒット映画のサウンドトラック、ジャズのライブ演奏まで、ピアノ・サウンドが必要とされるあらゆるシチュエーションでご利用いただけます。

最高のクオリティのアコースティック・ピアノ、雄大で幻想的なピアノ・サウンド、よりインタラクティブでクリエイティブなサウンドまで、ピアノの可能性を追求するさまざまななサウンドを、1つのプラグインで体験できます。

Pianoverse は、Mac/PC 上でスタンドアローン、またはプラグイン(AAX/AU/VST)としてお楽しみいただけます。

特徴

  • 細心の注意を払って調律・録音された世界最高クラスのピアノ

  • 新開発のサンプリング・ロボットによる高精度サンプリング

  • 繊細な操作に対応するペダル・コントロール

  • 弦の共鳴、ペダルやマレットのノイズ、蓋の位置まで調整可能

  • 複数のインストゥルメント・マイクとルーム・マイク

  • スタジオ・クラスの EQ、コンプレッション、リミッター、ステレ・ワイズ等のコントロール

  • 革新的な30種の空間シミュレーター

  • 12種のハイエンド、クリエイティブなシネマティック・エフェクト

  • すべてのピアノ・モデルを利用できるサブスクリプション・プランも用意

  • Pianoverse MAX を新規に追加

ユーザーインターフェース

PIANO 画面/MASTER

ピアノ全般の設定を行うための主要パラメーターを表示

PIANO 画面/MODEL

ピアノ・モデルごとの特性に応じた高度なコントロールを表示

SPACE 画面

空間ジェネレーターによる全 30 種の空間を表示

MIX 画面

EQ、コンプレッサーなどを備えたマイク、スペース、マスター・チャンネルを表示

EFFECTS 画面

3系統のエフェクト(全12種)を表示

最高級のピアノを丁寧にサンプリング

Pianoverse は、あらゆるジャンルにマッチするピアノ・サウンドを提供するために、最高級のピアノを細心の注意を払ってサンプリングしました。

IK のサウンド・チームは、ヤマハ、スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ファツィオリなどの一流メーカーの、最高のコンディションのピアノを長い期間を費やして探し、イタリア国内のトップ・スタジオにてチューニングを行いました。

その後、何通りものマイク・セットアップ、IK 独自の特注サンプリング・ロボットを使用したサンプリングが行われ、従来のサンプリング・ワークフローでは実現できなかった精度の高いベロシティ測定を実現し、音色だけでなく演奏の感触まで、完璧に再現します。

最高精度のロボット・アシスト・サンプリング

Pianoverse で表現したかったのは、ピアノ本来のリアリズムです。各ピアノはそれぞれ独自の動きと、それに伴うサウンドの個性があります。

ピアノの鍵盤には固有のダイナミック・カーブ(ベロシティの変化に対する音量の反応の仕方)があり、このカーブは鍵盤ごとに異なります。

従来の多くのサンプリング手法では、ピアノのダイナミクスを平坦化したり単純化し過ぎたりすることが必然的に起こり得ました。

このようなリアリズムを損なうサンプリングを排除するため、Pianoverse では、高解像度で一貫性のあるサンプリング・ロボットを開発して使用しています。

ロボット・アシスト・サンプリング

調律について

サンプリング・ロボットは、非常に精密で静かなリニア・モーター、ゴム製パーツと 3D プリンターで制作されたアクチュエーターで構成されています。

これは、高いハードウェア技術と独自のソフトウェア技術、そして職人技を組み合わせたサンプリングのための特注ロボットです。

アクチュエーターはモーターから切り離されており、機械的な衝撃が打鍵するロボットに伝わらないよう工夫され、人間の指のアフタータッチさえシミュレートします。

ロボットの制御には、モーター専用のドライブ、高度なプログラマブル・ロジック・コントローラー・システム、そして作動音をより静かにし、特定の制御信号をソフトウェアに送るために設計された、複数のカスタム技術が使用されています。

モーターを駆動する信号はコンピューターで制御され、独自に開発した録音用ソフトウェアが、ロボットの動作と録音を同期しながら自動でサンプリングを行います。

このように、ピアノの真のDNAをくまなく捉えるために、必要なステップを厳密に制御しながらサンプリングが行われています。

各ピアノのサンプリングは、まず、アーティキュレーテッド・キャリブレーションを実行することから始まります。

これは、楽器のダイナミクスを感知して音色変化を測定し、そのピアノならではの特性をチェックするために行われます。

キャリブレーションが完了すると、ピアノ固有のサンプリング・パラメーターが定義され、よりリアルなサンプルを取得するための最適化が行われます。

レコーディング中、ソフトウェアはすべての録音プロセスを監視します。

リリースがしっかりと減衰するまで収録されているか、クリッピングしていないか、また、録音中の予期せぬ不要なノイズが混入していないかをも検知します。

1つのノートが完全にサンプリングされると、ようやくロボットを次の鍵盤に移動するためのコマンドが実行されます。

この超精密なシステムにより、各ピアノ固有のベロシティ・カーブをはじめ、音のDNAともいえるすべての要素が注意深くサンプリングされ、息をのむほどに忠実な演奏体験を実現しているのです。

パワフルな新設計エンジン

IK のサウンド・デザイン・チームは、20 年にもわたるバーチャル・インストゥルメント・プログラミングで培った技術を駆使し、丁寧に収録した何千ものサンプルに命を吹き込みました。

Pianoverse では、完全に再設計されたサウンド・エンジンにより、ラウンド・ロビン、ボイス・マネージメントを見直し、実際のピアノに極めて近い体験をユーザーに提供します。

リアルなピアノ・サウンドの追求

Pianoverse は、ステージでもスタジオでも最適な鳴り方を追求するために、細やかなパフォーマンス・コントロールを搭載しています。

弦の響き、蓋の位置、ペダルやマレットのノイズに至るまで、ピアノが発するサウンド全体をコントロールできます。

また、ハーフ・ペダル、キャッチ・ペダリング、ウナ・コルダ等、リアルタイムの高度なペダル操作にも対応し、単にサウンドだけでなく、演奏感の再現にも妥協はありません。

クラシック、ジャズ、ポップス、ラテンなど、ジャンルを問わず、Pianoverse は真に優れたピアノ・サウンドとフィーリングを提供します。

スタジオ・クラスのサウンド・シェイピング

Pianoverse にはピアノ 1 台につき 2 セットのマイクが使用でき、サウンド・シェイピングやミキシングに必須のスタジオ定番ツールも一通り揃っています。

モダンな演奏者視点のサウンド、よりクラシックなサウンドというように、イメージするサウンドに作り込むことができます。

インストゥルメントとルームのペア・マイクでは、それぞれ複数のモードを備えたEQとコンプが利用可能です。

最終のマスター・チャンネルには、EQ、VCA スタイルのリミッター、ステレオ・イメージを調整する WIDTH パラメーター、プレイヤー視点と観客視点の切り替えのパラメーターが用意されています。

革新的な空間ジェネレーター

Pianoverse は、単にリアルなピアノを再現するバーチャル・インストゥルメントではありません。

Pianoverse には、新開発のジェネレーティブ残響エンジンによる空間ジェネレーターが搭載されており、緻密に再現されたリアルなピアノを、全30種の仮想空間に設置することができます。

コンサート・ホールやスタジオはもちろん、倉庫や金庫室のような空間、さらには氷山、砂漠、火星まで選択可能です。

クラブや大聖堂のような現実的な空間は、通常のピアノ演奏に最適ですが、さらに冒険して、さまざまなタイプの空間を試してみましょう。

どのスペースも斬新なサウンド・スケープを創り出し、あなたのクリエイティビティを刺激するでしょう。

スペースの中には、空間の響きをさらに変化させるための追加コントロールが使用できるものもあり、これまでに聴いたこともないような、映画的なサウンドやテクスチャが作成できます。

この没入感とインスピレーションに満ちたサウンド・デザイン・オプションにより、Pianoverse は、これまでにない斬新なアンビエント・サウンドを作り上げるデザイン・ツールとしてもご利用いただけます。

この没入感とインスピレーションに満ちたサウンド・デザイン・オプションにより、Pianoverse は、これまでにない斬新なアンビエント・サウンドを作り上げるデザイン・ツールとしてもご利用いただけます。

Academy

広く温かみのある残響の木造のルーム。反射を素早くコントロールでき、音作りのスタート地点として最適。

Ballet Studio

天井の高い木造のスタジオ。壁はガラス張りになっており、シャープな反射と長めのディケイが特徴。

Cathedral

石、大理石、タイル、ガラスでできた巨大な空間。美しく複雑な反射と深く長いディケイが特徴。

Club

レンガ造りの壁が素早く音を反射して拡散する、タイトな中規模スペース。

Colosseum

長いディケイに加え、上下にオクターブを生成する巨大な屋外アリーナ。4つの追加コントロールで環境の調整が可能。

Desert

吹き荒れる風や砂の粒子が舞い散る屋外環境。4つの追加コントロールで環境の調整が可能。

Garage

素早い初期反射と、短いディケイが特徴の小規模スペース。

Iceberg

北極圏の空間を再現するアウトドア環境。4つの追加コントロールで環境の調整が可能。

Live Venue

程よく調整されたサスティンと中程度の長さのディケイを持つ、明るい音色の木造ホール。

Monastery 1

長めの反射と中程度のディケイをもつ石造りの広い空間。立体感があり、コントロールしやすいのが特徴。

Monastery 2

長めの反射と中程度のディケイをもつ石造りの細長い構造の空間。特徴的な残響とムーディーな雰囲気が特徴。

Old Forest

ピッチシフトされたエコーが岩や木々の中に漂う魔法のような空間。4つの追加コントロールで環境の調整が可能。

Opera House

広くて明るいホール。密度のある反射と長いディケイによる重厚さが特徴。

Palace

古く硬い木材で作られた、宮殿のように部屋が隣り合う空間。複雑な反射と中程度のディケイで暖かみのある残響が特徴。

Piano Booth

最小限のアンビエンスで暖かさと重厚さを加える、小さなレコーディング・ブース。

Presbytery

ステンドグラスの窓がある石造りの教会の片隅。暖かみのある長い反射と中程度のディケイが特徴。

Red Planet

映画のような体験を作り出す、惑星環境。追加コントロールで惑星探査のミッションをコントロールします。

Sanctuary

石、木材、ガラスが混在する空間。素早く明るい反射と、長く暖かみのあるディケイが特徴。

Sea Floor

海底環境を再現するスペース。追加コントロールで海底へのダイビング体験をコントロールします。

Stone Chapel

高い天井の中サイズの空間。長めの反射と、中程度の減衰、暖かみのある残響が特徴。

Studio A

中程度の広さの木造スタジオ。壁が程よく音を吸収し、中程度の長さのディケイが特徴。

Studio B

木製の壁面ディフューザーを備えた小さな木造スタジオ。中程度の反射をもつコントロールされた環境。

Studio C

天井の高い木造レコーディング・ブース。長めのプリディレイ、暖かみのある速いディケイが特徴。

The Mansion

幽霊や怪異が発生する、丘の上のお化け屋敷。追加コントロールで恐怖感の調整が可能。

Theater

木製のステージ、重厚なベルベットのカーテンと壁の装飾を備えた大ホール。長めの初期反射と、落ち着いたディケイが特徴。

Underground

暗く狭い地下鉄空間。少し長めのディケイでトンネル内の反響を再現。

Vault

石壁の大きな金庫。長い初期反射と、温かみのある減衰が特徴。

Vintage Studio 1

バッフルやディフューザーを備えた、広いスタジオ・ルーム。抑えられた初期反射が特徴。

Vintage Studio 2

木の床と高い天井のクラシックな広いレコーディング・ルーム。コントロールされた暖かみのある反射音が少し長めのディケイと馴染みます。

Warehouse

複数の反射が中程度の長さのディケイへと繋がる、広く暗い空間。

強力なクリエイティブ・エフェクト

Pianoverse には、空間ジェネレーターに加え、12 種類の新規のクリエイティブ・エフェクトが搭載されています。

これらのエフェクトは、空間系から定番スタジオ・エフェクトまで、同時に 3 種類が利用可能です。

エフェクト・スロットは、センド・エフェクトx 1、インサート・エフェクトx 2 の構成で、4 系統のモジュレーション・ソース(エンベロープx 2、LFO x 2)を使って、これら3つのスロットのエフェクトのパラメーターを変調できます。

このようにエフェクトとモジュレーションを組み合わせることで、他のピアノ音源にはない、より積極的なサウンド・デザインを可能にしています。

Particles

ピッチ・シフトと複雑なエンベロープを持つフィードバック・パスを備えたデジタル・ディレイ。シンプルなエコー、SF風のスタッター効果、雲のように漂う音像まで、さまざまな残響を生成。

ConvoMorph

2つのコンボリューション・インパルス・レスポンスを連続的にモーフィングできるリバーブ。エンベロープ、LFO、モジュレーション・ホイールやペダルなどで変調し、複雑に変化するサウンドが作成可能。

Reelab

ワウ&フラッター、サチュレーション、エージングを個別にコントロールできるアナログ・テープ・エフェクト。

Choral

アンサンブル効果を生み出す、モジュレートされたディレイをベースにしたクラシックなコーラス・エフェクト。

Delay

調節可能なフィードバックを備えたデジタル・エコー。立体感を作り出し、リズミカルなグルーヴを生成。

Filter

選択可能なスロープとモードを備えたクラシックなシンセサイザー・フィルター。指定した帯域を中心に低域、高域、または低域と高域の両方をカット。

Lo-Fi

音の帯域幅を狭め、歪みを加え、ステレオ・イメージを狭くすることで、ローファイ感のあるサウンドの作成が可能。

Overdrive

音色をよりアグレッシブにする、典型的なギター用ストンプボックスやアンプの動作を再現するオーバードライブ。

Rephase

ステージ選択とフィードバック等を備えたアナログ・スタイルのフェイズ・シフター。

Saturator-X

トランスや真空管など、アナログの質感を加えるハードウェアをモデル化したエフェクト。

Shimmer

ピッチ・シフターと組み合わせたリバーブ・エフェクト。サウンドを上下に1オクターブ移調でき、ピッチは内部のLFOで変調可能。

Vintage Plate

プレート・リバーブによって生成される空間効果を再現するエフェクト。コーラス効果に影響を与える低域周波数をカットする入力用ハイパスフィルター、高域周波数をカットする出力用ローパスフィルターを搭載。

8 種類のピアノ

Pianoverse は、1 種類のピアノ・モデルでも、幅広いサウンド・パレットをお楽しみいただけます。

まずは 1 種類から始めて、必要に応じて別のピアノ・モデルを追加するといいでしょう。

また、Pianoverse は、すべてのピアノ・モデルにアクセスできる、サブスクリプション・プランもご利用いただけます。

サブスクリプション・プランでは、現在リリースされているすべてのピアノ・モデルに加え、近日リリース予定のピアノ・モデルが追加された際にも、すぐに使用することができます。

Pianoverse のピアノ・モデルは、以下の通りです。

Concert Grand YF3 (Yamaha CFIII を参照) – Available now

Royal Upright Y5 (Yamaha U5 Professional Upright を参照) – Available now

Black Diamond B280 (Bösendorfer 280 Vienna Concert を参照) – Available now

NY Grand S274 (Steinway & Sons New York D-274 を参照) – Available now

Gran Concerto 278 (Fazioli F278 を参照) – Available now

Hamburg Grand S274 (Steinway & Sons Hamburg D-274 を参照) – Available now

Liberty Upright (Koch & Korselt Upright をリリース) – Available now

Black Pearl B200 (Bösendorfer 200 をリリース) – Coming soon

(*いかなる名称、商標、または商号も、IK Multimediaとの関連、または提携を意味するものではありません。)

Pianoverse MAXを追加

Hamburg Grand S274のリリースに伴い、Pianoverse MAX をリリースしました。

Pianoverse MAX は、Hamburg Grand S274 を含む、すでにリリースされている6種類のピアノ・モデルに加え、以後リリースされる2種類のピアノも利用できます。

Pianoverse MAX は、いずれかのピアノ・モデルを購入・登録されている方、あるいは購入時点で年間サブスクリプション・プランにご加入されている方が対象となります。

システム要件

Mac(64 ビット)

最小 Intel® Core™ 2 Duo (Intel Core i5 推奨)、8 GB RAM (32 GB 推奨)、macOS 10.13 以降。 ピアノ タイトルごとに 30 GB のハードディスク容量。

Apple の M1 プロセッサ上でネイティブに動作します。

OpenGL 2 と互換性のあるグラフィック アダプターが必要です。

サポートされているプラ​​グイン形式 (64 ビット): Audio Units、VST 2、VST 3、AAX。

Windows (64ビット)

最小:Intel® Core™ 2 Duo または AMD Athlon™ 64 X2 (Intel Core i5 推奨)、8 GB RAM (32 GB 推奨)、Windows® 7 以降。 ピアノ タイトルごとに 30 GB のハードディスク容量。

ASIO互換のサウンドカードが必要です。
OpenGL 2 と互換性のあるグラフィック アダプターが必要です。

サポートされているプラ​​グイン形式 (64 ビット): VST 2、VST 3、AAX。

**セール情報**

通常価格:299.99ドル

セール特価:199.99ドル(33%OFF)

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」約7.81英国ポンド分が進呈されます。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。