【$79→$19】Synthwave KZ〔80s Synthwave系サウンド〕

よろしければシェアお願いします

  

2019年6月10日 早朝 追記:終了しました。  

Synthwave KZ」が75%OFFのセールになっています。

 

79ドル → 19ドル

 
(良い意味で)チープでカラフルな味が80年代のSynthwaveサウンドのロンプラー音源。(苦労なしに)19ドルでインスタントに往年のサウンドがDAW上に再現できます。
す。
 

  

Synthwave KZ

Synthwave KZ – Promo – Beatskillz.com

 

「Synthwave KZ」は、80年代のシンセサウンド、いわゆる「Synthwaveフレーバー」のインストゥルメント(ロンプラー)です。

 

「Synthwave」「Vaporwave」「Nuwave」などの80年代シンセサウンドは、現代の音楽制作で流行を超えたジャンルとして定着した感があります。

現代風にアレンジされた80年代のサウンド&スタイルは、アンダーグラウンドからメインストリームへ変遷し、無数のアーティストが「Synthwaveフレーバー」を使って新しいトラックをリリースしています。

  

このSynthwave KZ バーチャルインストゥルメントは、80s的レジェンドなエフェクトとアウトボードギアを駆使した様々なアナログシンセサイザーから作り上げたサウンドコレクションです。

この製作プロセスは、いわゆる「本物のシンセサイザーのバーチャルエミュレーション」とは一味違った、豊かでユニークな「アナログ」なクオリティをもたらします。

 

  

Synthwave KZのサウンドセットは、Kavinsky、The Midnight、Com Truise、Mitch Murder、Dynatron、Time Copなどのアーティストの作品にインスパイアされています。

   

 

Synthwave KZの特徴

コントロール

  • LFO TYPE(LFOタイプ):ループのウェーブタイプを選択します。オプションは – Triangle、saw、sin、square、exponentialの5種類です。
  • LFO DEPTH:このコントロールでLFOの深さを設定できます。
  • LFO RATE:このコントロールでLfoのスピード/レートを設定します。
  • ADSR:パッチのアタック、ディケイ、サステイン、リリースを変えることでサウンドの振幅エンベロープをコントロールします。
  • フィルタタイプ:フィルタタイプを選択します(なし、ローパス、ハイパス)。
  • フィルターカットオフ:フィルターのカットオフ周波数をコントロールします。

  

 

グローバル効果

  • PITCH:ピッチコントロールで楽器のチューニングを変更します。
  • REVERB:プリセットサウンドにスペースを追加するためにリバーブを使用します。
  • VOLUME:パッチ全体の音量を調節します。

 

   

 

ディスプレイキーボード

  • 2層のディスプレイキーボードがGUIに表示されます。
  • 上限のキー範囲はC2 – E4です。

  

 

 

プリセット

  • 10個のベースプリセット
  • 4個のベルプリセット
  • 8個のブラスプリセット
  • 10個のリードプリセット
  • 7個のパッドプリセット
  • 6個のPercプリセット
  • 11個のプラグ
  • 14個のソロプリセット
  • 6個のスイープ
  • 10個のシンセ

 

システム要求

プラグインフォーマット: VST / AU / – 64ビット/ 32ビット

PC / MAC:

  • Windows XP SP2以降/ OSX 10.6.8以降
  • Intel Core 2 Duo 2GHz / AMD Athlon 64または同等の2 GB RAM / 300 MB HD
  • 画面の解像度:1024×768
  • VST2、AU 32ビットまたは64ビットホスト

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク