iZotope『VocalSynth 2』最先端のボーカルFX(自動でボーカルのメロディに合わせてシンセボイス化する「Autoモード」を搭載)

VocalSynth 2は、iZotopeが開発している最先端のボーカルシンセ・エフェクト・プラグインです。

現在「iZotope Music Production Flash Sale」キャンペーンで、75%OFFの最安値が復活しています。

*10月14日(木曜日)夕方まで。

スポンサーリンク

VocalSynth 2:ボーカル用マルチエフェクト・プラグイン

VocalSynth 2は、iZotopeが開発している最先端のボーカル用マルチエフェクト・プラグインです。

VocalSynth2がどんなものかは以下のiZotope社の日本語動画を見てみると理解しやすいと思います。

【VocalSynth 2】ボーカルの音色を大胆に作り変えるエフェクト「VocalSynth 2」の使い方(1/3)8分50秒:

【VocalSynth 2】ボーカルの音色を大胆に作り変えるエフェクト「VocalSynth 2」の使い方(2/3)2分40秒:

【VocalSynth 2】ボーカルの音色を大胆に作り変えるエフェクト「VocalSynth 2」の使い方(3/3)8分50秒:

【日本語字幕】デモ動画(ポップス系のボーカルでの使用例・10分):

【日本語字幕】デモ動画(ロックボーカルでの使用例・10分44秒):

レビュー動画(VocalSynth 2でDTMでの歌をビビッドに!):

サウンドデザイナー、プロデューサー Echo Sound Works氏による紹介動画:

プロデューサーMr.Different氏レビュー動画(20分):

Dua Lipaのプロデューサー:Ian Kirkpatrick氏によるデモ動画:

またVocal Synth2では、Neutron2とTonal Balance Controlとのシームレスな連携が可能になっています。

例えば、他のトラックに挿しているNeutron2側のマスキング機能で、Vocal Synth2を挿しているトラックとの調整が可能です。

VocalSynth 2 の詳細

進化するボーカル『VocalSynth 2』

VocalSynth 2は、あなたのユニークなスタイルに合わせて適応・進化し、ボーカルの可能性を広げる没入型のボーカル体験を提供するボーカルエフェクト・プラグインです。

ブレンド可能な5つのエキセントリック・マストハブとストンプボックス・スタイルのスタジオ・エフェクトで、ボーカルを彩り、形作ることができます。

Vocoder、Compuvox、Polyvox、Talkbox、そしてBiovox:人間の声帯の音の質に基づいた全く新しいエフェクトを搭載し、過去、現在、未来のボーカルサウンドをワンストップで作成することができます。

ボーカルの進化

実験的なボーカルプレイグラウンドでレイヤー、テクスチャ、エフェクト、ブレンド、モーフィングに没頭し、最終的にボーカルを際立たせる秘密を見つけてください。

5つのユニークなボーカルツールを選択して組み合わせたり、数百のプリセットから選択してすばやくインパクトを与えたりできます。

多くの改良点

VocalSynth2は、先代のVocalSynthを完全に再設計して、これまでにない速さでより良いサウンドを実現しました。細心の注意を払った設計により、VocalSynthのあらゆる側面を改善しています。

より忠実なサウンドを実現するVocoderの拡張、シュレッドへのパワーの追加、CPUの最適化、各モジュール内の制御の追加など。

また、VocalSynthが提供するすべての機能を最大限に活用する新しいプリセットの追加で、余計な手間をかけずに、すぐに使用すろことができます。

プラグイン間のコミュニケーション

動画(1分22秒):

あなたのiZotopeプラグイン・エコシステムを満たしてください。

VocalSynth 2は、iZotopeのプラグイン間通信機能を備えたソフトウェアのコレクションの一部です。

VocalSynth 2をセッション内のトラックに配置することで、プラグインはNeutron 3、Visual Mixer、Ozone 8、Tonal Balance Control、Insight 2、Relay、Nectar 3のインスタンスと相互に作用し、数多くの自動ミキシングやマスタリングプロセスを実現します。

VocalSynth2をプレイする3つの方法

3つの異なるモードを使用すると、VocalSynth 2を自分のスタイルに合った方法で操作できます。

DAWに合わせて調整された便利なアプリ内セットアップ手順により、簡単に起動して実行できるため、創造的な決定に時間をかけることができます。

① オートモード

リアルタイムのピッチ補正でボーカルをキーに固定したり、追加のボイスやハーモニーを生成したり、モジュールの設定とボーカルシンセの直感的なミックスパネルをシームレスに融合させることができます。

② MIDIモード

MIDIデータを使用してピッチをコントロールし、演奏しながらカスタム・ボーカル・ハーモニーを簡単に作ることができます。

クラシックなボコーダーやトークボックスを演奏しているような体験を再現できます。

③ サイドチェインモード

独自のオーディオをVocalSynth 2にパイプして、「キャリア」信号として使用します。

これにより、どんなオーディオでも「話す」ことができ、他では不可能な新しい奇抜なサウンドを作り出すことができます。

VocalSynth 2に搭載されているモジュール

BIOVOX:人間の声にインスパイアされたシンセシス

どんなオーディオソースでも、鼻声、母音の形、フォルマントなどのボーカル特性を調整できます。

Biovox機能は 、全く新しいボーカル・エフェクトで、生物学的な印象を作り出し、操作します。

人間の声道を科学的にモデリングして、鼻声、母音の形、フォルマントなどの人間のボーカル特性を調整し、あらゆるオーディオ信号に滑らかで質感のあるボーカル処理を行います。

また、クリエイティブなエフェクトとして使用することで、ボーカルをより存在感のあるものにしたり、息の長いものにしたり、あるいは完全に潰してしまうこともできます。

VOCODER(ボコーダー):フォルマントを作るための必須ツール

ヴォーカルに欠かせないこのツールは、あなたが知っている味わい深いヴォーカル・サウンドを提供します。

COMPUVOX(コンピュボックス):モダンでロボットのようなビットクラッシングエフェクト

スペース・エイジのフックやデジタル化されたボーカルのクラッシュに最適なグリッチでコンピュータ化されたサウンド。

TALKBOX(トークボックス):ヴィンテージ・スタイルのエンベロープ・モジュレーション

トークボックスのサウンドを、ハードウェアのセットアップなしで実現します。

POLYVOX:瞬時に膨らみとキャラクターをコントロール

美しく豊かなハーモニーを作ったり、リアルなダブリングでボーカルにボディを加えたりできます。

拡張ライブラリ

4つのアーティスト・プリセット・パックに加えて、iZotopeの頭脳からの追加パック。

  • Deezle:

    ヒップホップ・プロデューサーのDeezleによる、ボーカル、シンセ、ドラムを全く新しい作品に変身させるためのエネルギッシュなプリセット群です。


  • Nothing MoreのJonny Hawkins:

    オルタナティブロックバンドNothing Moreのボーカル兼フロントマンであるJonny Hawkins氏による、パワフルでアグレッシブなボーカルテクスチャとエフェクトです。


  • Computer Magic:

    シンセポップのプロデューサー兼シンガーであるComputer Magicによる、エターナルなテクスチャーとボーカル操作のプリセットです。


  • KillaGraham:

    エレクトロニック・プロデューサーのKillaGrahamによる、穏やかなものから大げさなものまで、さまざまなボーカル処理とエフェクトを備えた多彩なボーカルツールキットです。


  • Exclusive iZotope Expansion:

    15種類の新しいプリセットは、ステレオワイドニングのような繊細なユーティリティから、パワフルなハーモニーやコンピュータボイスを使ったよりワイルドなクリエイティブエフェクトまで多岐にわたります。

ストンプボックスの遊び場

改良されたShred、Ring Mod、Chorus、Distort、Filter、Transform、Delayを含む7つの実験的なエフェクトを備えた、ドラッグ&ドロップ可能なカスタムボーカルエフェクトチェーン。

これらの機能で、あなたのプロダクションをさらに強化します。

ボーカルエフェクトの完璧なカクテルに特別な何かを追加することができます。

インタラクティブな視覚化

VocalSynth 2のカラフルなアニメーションであるアネモネ。

アネモネとは、ボーカルシンセ2のカラフルなアニメーションで、オーディオ信号の形に合わせて動き、成長します。

母音の音の特徴に反応する高度なスペクトル分析によって駆動されるアネモネは、楽しいインタラクションとユニークなメータリング体験を融合させています。

VocalSynth 2の搭載機能と特徴

VocalSynth 2の搭載機能と特徴
Creative Effects
Drag to reorder effects (NEW!)
Ring Mod (NEW!)
Chorus (NEW!)
Shred (IMPROVED!)
Inter-plugin Communication
Improved CPU
Interactive visualizations
Biovox module (NEW!)
Vocoder module
Improved sound
Vocoder band access
Filter/Pan
Synth control access
Module presets
Compuvox module
Synth control access
Module presets
Filter/Pan
Improved sound
Talkbox module
Synth control access
Filter/Pan
Module presets
Improved sound
Polyvox module
Filter/Pan
https://www.izotope.com/en/products/vocalsynth/features.html

VocalSynth 2の特徴まとめ

  • Biovox:

    人間の声道の科学的モデリングを使用して、鼻音、母音の形、フォルマントなどの人間の声の特性を調整し、音声信号に対する滑らかで質感のある声の処理を行います。
  • ストンプボックススタイルのエフェクト:

     VocalSynth 2のエフェクトには、ユニークなトレモロエフェクトを備えたコーラスとリングMODの2つの新しいペダルスタイルエフェクトが含まれています。
    ここでドラッグして、シーケンサー付きの改良された細断処理、ディストーション、フィルター、変換、ディレイなど、7つのエフェクトすべてを並べ替えます。
  • 3つのプレイ方法

    VocalSynth 2は柔軟に構築されており、自動モード、MIDIモード、サイドチェーンモードの3つの方法でやり取りおよび作成できます。
  • プラグイン間通信: 

    Neutron 2のVisual MixerとMasking Meter内でVocalSynth 2を使用するとともに、音楽制作の鳥瞰図を常に表示するTonal Balance Controlを使用します。
  • 豊富なソニックの機能強化ユーザビリティ

    CPU使用率、および音質を向上させるボコーダーモジュールにだけでなく、トークボックス、Polyvox、Compuvox。
  • 深いコントロールを備えたインターフェイスの再構築: 

    VocalSynth 2には、最新の最新インターフェイスと、個々のモジュールごとに高度なシンセサイザーコントロールが追加されています。
    VocalSynth 2は、流動的で進化する視覚化と組み合わせて、あなたを中心に何時間も創造性を発揮します。

システム要件

オペレーティングシステム:

Mac OS X 10.8.5(Mountain Lion)-macOS 11 Big Sur(IntelベースのAppleコンピューターのみ)(64ビットのみ)
Windows 7-Windows 10

プラグインフォーマット:

AAX(64ビット)、AU、RTAS(32ビット)、VST、VST3

サポートされているホスト:

Ableton Live 9-10、Cubase 9.5、Digital Performer 9、FL Studio 12、Logic Pro X、Nuendo 8、Pro Tools 10-12、Reaper 5、Reason 10、Studio One 3-4

*VocalSynth 2でビジュアライゼーションを表示するには、Open GL2.0をサポートするグラフィックカードが必要です。

VocalSynth 2のセール情報

通常価格:199ドル

セール特価:49ドル(75%OFF)最安タイ

*Plugin Boutiqueでは上記の製品を購入時に、HeavyocityのワンノブFXプラグイン『PUNISH Lite』(49ドル)が無料でプレゼントされます(10月いっぱい有効):