SyS Audio Research『Ton-Geraet 1』 が無料化(Win専用シンセプラグイン)

SyS Audio Research『Ton-Geraet 1』 がフリーウェアになりました。

SyS TG1は、2つの個別ボイスとウェーブ可能なシーケンサーを搭載したマルチミクスチャーシンセサイザーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ton-Geraet 1

SyS TG1は、2つの個別ボイスとウェーブ可能なシーケンサーを搭載したマルチミクスチャーシンセサイザーです。

2010年にSyS TG1を発表し、いくつかのベータ版をリリースにた時、私たちはその膨大な関心の高さとダウンロードしたデモの純粋なインパクトに驚きました。

C64と8ビットサウンドの世界から来た私たちWertstahlは、16ビットのコンテキストでSIDサウンドチップのように動作するシンセサイザーを常に欲していました。

SIDサウンドチップは非常に限られていますが、波形を連続的に切り替えたり、アルペジオリストを使って擬似コードを作成したりすることで、魔法をかけることができます。

それに触発されて、SyS TG1の心臓部であるウェーブモーフシーケンサーが誕生しました。

サウンドを再生している間に、ある波形から別の波形へと連続的に切り替えることができるだけでなく、波形が滑らかにモーフィングされます。

これにより、オーバートーンやサブトーンのトランジションが多数発生し、SyS TG1に独特のサウンドを与えています。

さらに、音の操作はできるだけシンプルで直感的なものであるべきだと考え、ダブルFMユニットとAkai S-1000にインスパイアされた12ビットローパスフィルターを追加しました。

そのおかげで、非常にノンレゾナンスでソフトなサウンドを実現しています。

さらに、SETUPページにはミキシング・ルーティン・スイッチとクラフトワーク・インスパイアードの “Stoerstrahlung “ボタンがあります。

*SyS Ton-Geraet 1は、Windows PC用のVST 2.4(32ビットと64ビット)プラグインとして利用できます(少なくともWindows 7と2009年製以上の DAWを推奨)。

デモ動画:

SXS TG 1 Alpha Preview
Ton-Geraet I video Tutorial (08-26-2010)

Stoerstrahlung “ボタンはTG-1のプリセットの現在の状態を変更するので、少し注意して使用する必要がありますが、その機能の背後にはストーリーがあります。

伝説によると、その昔、Kraftwerkというバンドはアナログシンセサイザーにフルアレンジをプログラムしたまま、映画を見に行ったりしていました。

スタジオに戻った後、アナログ回路のゆっくりとした内部加熱のために、バンドは自分たちの曲のサウンドが変化していることに気がつき、時には劇的に変化し、全く新しいバージョンのサウンドを録音することができたのです。

私たちが “Stoerstrahlung”(ドイツ語で “迷光 “の意味)と呼んでいるボタンは、そのような動作を再現しています。

1つまたは複数のTG-1インスタンスでアレンジを準備し、作業を保存して(!)、SETUPページに進みます。

放射線のマークが付いたボタンをクリックして、例えば1時間経過させてください。よく見ると、パラメータが揺れているのがわかると思います。

時間が経つと、本物のアナログシンセであるかのように、音が明らかに変化します。もちろん、何時間かのオーディオをレンダリングして、それを進行させることもできます。

それはあなたの想像力次第です。このバリエーションは完全にランダムなので、おそらく再現性はありませんし、ライブパフォーマンスには適していません。