【無料】AnalogObsession『BUSTERse』 コンプレッサープラグインをリリース

AnalogObsessionが無料のコンプレッサープラグイン『BUSTERse』 をリリースしています。

WindowsとMacで使用可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BUSTERseについて

BUSTERseは、改良と新機能を搭載した “BUSTER “の兄貴分です。

クラシックなコンソール・コンプレッサーにフィルターとトランジェント・サイドチェーン・オプションを追加し、信号全体を支配します。

機能

1.ステレオコンプレッサ:コンプレッサ部

2.FLT:フィルター部

3.TR : トランジェントセクション

4・CONTROL:制御部

5.コンプレッサー部

  • スレッシュホールド (dB) : +15~-15

  • ATTACK (ms) : 0.1, 0.3, 1, 3, 10, 30

  • リリース(秒):0.1, 0.3, 0.6, 1.2, オート

  • RATIO : 1.5, 2, 3, 4, 5, 10

  • MAKE UP (dB) : 0~15

  • MIX (%) : DRY to WET

6.フィルタ部(サイドチェーン)

  • HPF (Hz) : 20〜500

  • MID (~1500Hz) : -6dB~+6dB

  • HF (~10kHz) : 0dB~-10dB

    ※有名な光電管コンプレッサーと同じような働きをし、高域のコントロールがしやすくなります。

7.トランジェントセクション(サイドチェーン)

  • BOOST (dB) : 0~10 ※アタックをブーストしている間、信号のディケイ/リリースを抑え、アタック/ピークのみでコンプレッサーをより敏感にします。

  • TILT (~1kHz Center) : -6dB~6dB ※BOOSTの前に配置され、専用のレンジのみをBOOSTに送ります。そのため、BOOSTは指定された周波数範囲のみに影響を与え、その範囲のトランジェントのみをブーストします。TILTがデフォルトの場合、BOOSTはトランジェント全体に影響を与えます。

  • MIX (%) : DRY to WET *DRY信号とWET信号をブレンドします。トランジェントをブーストした後、DRY信号とブレンドすることで、信号の放出を抑えることができます。MIX (%) : DRY to WET ※トランジェントをブーストした後、DRY 信号とブレンドすることができます。ノブを最大にするとTRがOFFになりますので、TRセクションを有効にすることができます。

*EXT (External Sidechain) : EXTをオンにすると、サイドチェイン回路が入力信号をリッスンし、フィルターやトランジェントセクションを使用することができます。

コントロールセクション

  • メイン:一般バイパス

  • TURBO : Turbo Mod *Turbo Modは、コンプレッサーの全帯域に影響を与えることができます。そうでない場合は、中音域に集中してしまいます。ハードウェアのオリジナルサインを維持するために追加されました。

  • XFORMER : In/Out Transformers *XFORMERを使用すると、イン/アウトのICがトランスに置き換わってバランスが取れるようになります。これはインピーダンス、キャラクター、全体的なサウンドに影響を与えます。

バージョン1.1

  • アタック/リリースのレスポンスを修正しました。
  • MIXノブの動作を変更

*Ableton Live OSXをご利用の方はVST版をご利用ください。

VST WIN 

VST3 WIN 

VST MAC 

VST3 MAC 

AU MAC 

詳細ページリンク:

Attention Required! | Cloudflare