【75ドル→15ドル】Channel Robot『Shapiro 2』8つのオシレータを搭載したシンセ(80%OFFセール)

Channel Robotのシンセサイザー『Shapiro 2』が80%OFFのセールになっています。

通常価格:75ドル → セール特価:15ドル

Shapiro 2 は8つオシレーターを搭載したシンセサイザーです。

Pluginboutique Free Gift

Shapiro 2

Shapiro 2の主要機能

  • マッチしたペアの8つのオシレーター

  • 広範な独立変調システム

  • 音声あたりのFMシェイパー

  • ボイスごとの 「クラシック」なウェーブシェイパー

  • コンボリューションエンジンでのインパルス応答を利用して出力の音色を動かすワンオブワンのフィールドプロセッサー・プリボイス。

  • 音声ごとに専用のマルチモードフィルター部を搭載

  • 総合的なエフェクター

  • オーケストラROMplersから派生した独自のレガートシステム

  • モジュレーターには、エンベロープ、ユーザーが作成したLFO、可変ステップとテンポのゲート、サンプル&ホールド、キーボード、ベロシティなどがあります。

  • 興味深いユニークなメロディックコンテンツを構築できるように、ボイスごとのアルペジエーター(4音)が用意されています。

  • 豊富なCCコントロール管理とMPEに対応。ピッチベンドとキーボードスプリットをボイスごとに設定可能。

  • ランダム化とモーフィングシステム – 任意の数のボイスをランダム化し、2つの異なる 「スロット」間でモーフィングします(このプロセスでは、任意のボイスを含むか除外します)。

Shapiro 2のプリセットデモ(ベース):

Shapiro2 BassPresets Walkthru

Shapiro 2のプリセットデモ(パッド):

Shapiro2 Pads1 to 20 PresetWalkthru

Shapiro 2のプリセットデモ(キーボード):

Shapiro2 KeysPresets Walkthru

Shapiro 2の概要

Shapiro 2 – 他のシンセでは出せないサウンド

Shapiro 2は、8つのオシレーターを搭載したシンセサイザーです。

オシレーターをマッチさせたペアで使用し、さまざまな方法で出力をモジュレートすることで、サウンド生成に異なるアプローチを提供します。

オシレーターペアからの出力は、それぞれのダイナミックな “シェーピング “プロセスを通過します。

これはFM合成ではなく、オシレーター・ペアの音色をシェイプするためにサイン波を使用します。

次に “クラシック “なウェーブ・シェイパーです。

これに続くのが独自のフィールド・プロセッサーで、コンボリューション・エンジンのインパルス・レスポンスを使って出力の音色を動かします。

最後に専用のマルチモード・フィルター・セクションがあります。

4つの声部の出力はすべて結合され、総合的なエフェクト・セクションを経て、オーケストラ用ROMplersの研究から生まれたレガート・システムに渡されます。

このShapiro 2では、どこで、いつ、どこでモジュレーションをかけるか、モジュレーションの形状はどうするかなど、これまでにないほどのコントロールが可能です。

例えば、オーディオ出力をシフトさせたり、変化させたりすることができます。

また、モジュレーターには、エンベロープ、ユーザーが描いたLFO、可変ステップとテンポのゲート、サンプル&ホールド、キーボード、ベロシティなどがあります。

これらの機能に加えて、Shapiro 2にはボイスごとのアルペジエーター(4アルプス)が搭載されています。

このアルペジエーターで面白くてユニークなメロディックなコンテンツを構築することができます。

Shapiro 2は豊富なCCコントロール管理機能が搭載されています。

MPEにも対応しています。

また、ボイスごとのピッチベンドとボイスごとのキーボードスプリットも搭載しています。

これに加えて、Shapiro 2のランダム化とモーフィングシステムが搭載されています。(任意の数のボイスをランダム化し、2つの異なる “スロット “間でモーフィングを行います。)このプロセスでは、任意のボイスを含めたり除外したりできます。

この機能はすべて、あなただけの新しいサウンドプリセットを生成するために、非常に迅速かつ簡単にアクセスできるように設計されています。

メーカーページリンク:

Shapiro 2 – channelrobot.com

セール情報

通常価格:79ドル

セール特価:15ドル