Audified『RZ062 EQ』ドイツ製ビンテージEQの心地よい暖かさで存在感を与える2種類のプラグイン・バンドル(Mixing&Msatering)

AudifiedのEQプラグイン『RZ062 Equalizer』。

伝説的ドイツのヴィンテージ EQ モジュール『Klangfilm RZ062』(RZ062aとRZ062b)を正確にモデリングしたイコライザー・プラグイン・バンドルです。

この製品には、音楽制作&ミキシングとマスタリングに使用するための2つのプラグインが内蔵されています。

ビンテージの心地よい暖かさで、各楽器、トラック、ボーカル、またはミックス全体に素晴らしい存在感を与えてくれます。

2022年7月28日:

『Audified Analog Mixing Sale』で50%OFF。

通常価格:199ドル → セール特価:99ドル(50%OFF)

*日本時間 8/8(月)夕方までの短期セールです。

スポンサーリンク

『RZ062 Equalizer』イコライザー

Audified『RZ062 EQ』は、ボーカルや楽器、ミックス全体に心地よいヴィンテージの暖かさと素晴らしい存在感を与えてくれるイコライザー・プラグインです。

この製品には、2種類のプラグインが内蔵されています。

デモ動画

ざっと見紹介動画(2分):

デモ動画(3分):

デモ動画(4分):

レビュー動画(6分):

レビュー(8分36秒):

解説動画(13分40秒):

デモ動画(7分):

『RZ062 Equalizer』について

RZ062a
RZ062b

RZ062 Equalizer は、Klangfilm 「RZ062a」と「RZ062b」ヴィンテージEQモジュールの正確なモデリングです。

この製品に入っている2つのイコライザーは、ボーカル、楽器そして全体のミックスに心地よいビンテージ暖かさと素晴らしい存在感を与えてくれます。

オリジナル

RZ062イコライザーはもともと(1960年代に)ミキシングコンソールに設置するためにドイツで設計されました。

スタジオの望ましくない音響やノイズを排除したり、特定の音響的印象や色調を作り出すために、録音および再生における周波数応答の任意の変更を許可することが想定されていました。

そして、すぐにそれはトップヨーロッパのスタジオで使われるようになりました。

(現在、これらの6ポンド300V電源ユニットは非常にレアです。)

その入手し難さと紛れもない価値のある音のために、これら価格は一組あたり12.000ドル以上にのぼります。

しかし、Audified社の正確な回路モデリング技術のおかげで、これらの宝石は、わずかな価格で導入することが容易になりました。

一般的なEQ」 VS 「RZ062

今日では、プロデューサーはさまざまな周波数でサーフィンし、ミックスのスイートスポットを探すのに何時間も費やす傾向があります。

しかし、ビンテージ機材は違った働きをしました。

RZ062 EQのコントロールは正確に選択された固定パラメーターを調整します。 それらは即座に妥協のない結果を与えるために完全に超音波的にバランスが取れています。さらに、回路は材料全体に素晴らしいカラーを追加します。

RZ062a

RZ062aとRZ062bモジュールは、セントラルノブの機能が異なります。 a-moduleミドルハンドルは、中心点(650 Hz)を中心にして周波数カーブ全体を回転させます。 低音の周波数が上がると、同時に高音が下がります。

RZ062b

bモジュールはさらに複雑です。

そのプレゼンスノブはあなたが4つの周波数(1.4、2、2.8、4 kHz)の1つを選択し、同時にそれらのゲインを調整することを可能にします。

このパラメーターは、音の素材が非常に穏やかにそして敏感にカットするのを助けます。

モデリング

これらの素晴らしいプラグインを作成するために、200以上の回路部品をエミュレートしなければなりませんでした。その中には3つのトライオード、入力と出力のトランスが含まれています。

ただの回路ではありませんが、誰かが細部にまでこだわった素晴らしい仕事をしてくれました。

それぞれの部品には、それぞれに考え抜かれた意味があります。

RZ062 では、いわゆるホワイトボックスモデリングを行いました。回路解析をもとに、回路全体を複雑な数式で記述していきました。

最終的には、実デバイスに最も近いモデルを見つけるために、実測値と部品値フィッティングアルゴリズムで全体のモデルを微調整しました。

使用例

RZ062 は、音の素材の全体的な色、滑らかさ、タイトさを向上させながら、余分な低音、高音、存在感が必要とされる場所のどこにでも存在しています。

RZ062 は、ボーカル、ベース、アコースティック楽器では信じられないほどの効果を発揮します。

しかし、高度なコントロール–左右独立したチャンネルのトゥイークやミッド/サイド操作のおかげで、RZ062 EQの最大のポイントは、最高品質のマスタリング目的にあります。

特徴

  • 2つのEQプラグインをバンドル

  • 精密バルブ回路モデル

  • 左/右とミッド/サイドのコントロールと変換

  • キャリブレーション

  • 入出力レベル制御

  • 自動出力パラメータ(リンク)

  • 最もスムーズなEQサウンド

システム要件

Mac OS X
  • OS X 10.9-macOS 12 Monterey(Intel / M1 Appleシリコンをサポート)(64ビットのみ)
  • 64ビットのみ

Mac用のプラグインフォーマット

  • Pro Tools用AAX(32/64ビット)
  • オーディオユニット – AU(32/64ビット)
  • VST2(32/64ビット)
  • VST3(32/64ビット)
Windows
  • Windows7~11
  • AAX, VST3

Windows用プラグインフォーマット:

  • Pro Tools用AAX(32/64ビット)
  • VST2(32/64ビット)
  • VST3(32/64ビット)

*この製品はiLokで保護されています。ただし、ハードウェアキーは必要ありません。無料のiLokライセンスマネージャーのみが必要です。

レビュー記事リンク

英国音楽情報サイト「MusicRadar」によるレビュー記事リンク

チェコの開発者Audifiedによるこの2つのプラグイン・バンドルは、60年代の非常に珍しい(そして途方もなく高価な)Siemens Klangfilm RZ062A と RZ062B バルブコンソールEQをエミュレートしています。

RZ062は、ボーカル、ドラム、ベース、ミックスなどにおいて、準魔法的な周波数精製効果を発揮する、他に類を見ないスイートなEQです。

長所:

  • 信じられないほど音楽的なイコライザー
  • 美しい真空管サチュレーション
  • 2つの中間コントロールモードが効果的

短所:

  • プレゼンスツマミの安定感が若干弱い。

老舗音楽制作情報サイト「Sound On Sound」によるレビュー記事リンク

実際のイコライジングは、特に’A’バージョンではさらに優れています。

私がミックスを始める際の最初のステップの一つは、マスターバスのEQを導入して生のバランスを正しい音域にすることですが、それはほとんど必ず、中域まで広がる幅広い高音域のリフトを意味します。

RZ062Aのトレブルバンドとチルトバンドは、それぞれ異なる味付けで、まさにそれを実現しています。

どちらのダイヤルを1~2回クリックするだけで、ほとんどすべてのミックスに瞬時のキックが与えられ、完成度の高いサウンドへと導いてくれます。

コーナー周波数は選べませんが、片方がダメならもう片方で対応できます。

唯一の不満は、中毒性があること、そして2dBのブーストでもサウンドにかなり急激な違いをもたらすため、行き過ぎが起こりやすいことです。

高音域を1dB単位で調整できれば便利なのですが、現状では+12dBまで上げてもほとんど悪い音は出ません – 他の人が作っているミックスと少しずれるだけです RZ062は、

すべてのミックスに完璧に対応するわけではありませんが、短期間のうちに、私が最初に頼るマスターバスEQとなりました。強くお勧めします。

セール情報

通常価格:199ドル

セール特価:99ドル(50%OFF)

*主なセール価格の推移:

  • 2022年5月:199ドル→99ドル(ADSR
  • 2022年5月:199ドル→99ドル(PB
  • 2022年3月:199ドル→79ドル
  • 2021年10月:199ドル→99ドル
  • 2020年11-12月:199ドル→99ドル(Black Friday2020&年末セール)
  • 2019年11月:199ドル→79ドル(Black Friday2019)