【無料】GMaudio Clipper 1.0(Ableton Live MAX for live用クリッパー)

Ableton Live MAX For LIVE用のクリッパー・デバイス「GMaudio Clipper 1.0」がリリース&無料配布されています。

*このデバイスの使用には、DAWソフトの「Ableton Live 10」と「Max 8.1.6」以上が必要です。

スポンサーリンク

GMaudio Clipper 1.0

より大きな音で、よりクリーンなミックスをお望みですか?

何がヘッドルームを食い荒らしているのかわからない?

エレクトロニック・ミュージックのミキシングに最適なトランスペアレント・シグナル・クリッパーが必要です。

シンメトリカル・ウェーブ・シェーパーやハード・クリッパーを使って、インストゥルメントに音楽的な要素を加えないシグナルの一部を切り捨てます。

一般的には、聴こえてくるような歪みもなく、かなりのところまで切り詰めることができますが、唯一の問題は、ほとんどの場合、エイリアシングが発生してしまうことです。

エイリアシングとは、サンプルレートの半分以上の周波数の信号を保存(または生成)しようとする場合のことです。

これを回避するために、GMaudio Clipperバンドは、クリッピングが発生する前に信号を制限します。

これは、(12dB/oct) 20hzハイパス・フィルターを使用してDCオフセットを除去し、クリッピングが常に対称的に行われるようにし、(24dB/oct) 20khzローパス・フィルターを使用して超音速周波数を除去し、エイリアシングを行います。

これらのフィルターはどちらも非常に透明で、一般的に音楽をミックスする際に信号に適用すると良い練習になります。

そして、すべてのクリッピングは8倍のオーバーサンプリングで行われ、効果的にサンプルレートを上げ、エイリアシングの可能性を減らしますが、それだけではありません。

クリッピング自体は、4dBのニーを使用しています(ソフトクリップは-4dB、ハードクリップは0dB)。

また、全体的なCPU負荷も慎重に考慮されており、最新のコンピュータではフルミックスで20以上のインスタンスを実行しても問題はありません。

これらすべてを組み合わせ、適切なテクニックを実践することで、エイリアシングはほとんど排除され、すべてのインストゥルメントのコントロールが容易になり、ミックス全体のサウンドはよりクリーンになり、ヘッドルームの余裕が生まれます。

ウェーブ・シェイピング・アルゴリズムを手伝ってくれた「Cycling74」のGraham Wakefieldに感謝します。

Baphometrixには、長い間クリッピングの話をしてくれてありがとう。

このデバイスの使い方については(今後制作する)ビデオで詳しく説明しますが、今はキックやスネア、ドラムバスやその他のインストゥルメントのグループのような非常にダイナミックなマテリアルで試してみてください。

スコープのオレンジ色の信号が-5dB(または歪みが聞こえるようになるまで)になるまで「入力ゲイン」を上げると、出力ゲインが下がり、効果的に天井が変わります。

詳細はLiveのInfo Viewに記載されています。

その後、ミックスの中でインストゥルメントをこれまで以上に大きく調整することができるようになり、シグナルのボリュームの面で実際に何が起こっているのか、より多くのことに気づくでしょう。

コンプレッションやリミッティングの前に使用することで、これらのエフェクトの引き金となるローグピークの量を減らし、効率を下げることができます。

このデバイスを適切に使用することは、リミッティングよりもはるかに優れており、透明性があります。

ミックスのダイナミックレンジ(ヘッドルーム)を食い荒らしているピークは常に存在しているので、これはそれを修正するための最もシンプルで最高のツールです。

注意:

このデバイスにはLive 10とMax 8.1.6以上が必要です。

最新バージョンのMaxを無料でダウンロードし、Live 10に付属のバンドルバージョンではなく、インストールされているバージョンのMaxを使用するようにLiveの環境設定を変更することができます。必要なリンクは以下の通りです。

https://cycling74.com/downloads
https://www.ableton.com/en/manual/max-for-live/