【無料】KIT Plugins『Burier』をリリース(サチュレーションとフィルターFXの機能を持ったプラグイン・VST3/AU/AAX)

KIT Pluginsからサチュレーションとフィルター・エフェクト機能を持った製品『Burier』をリリースしました。

無料です。

Burierは、WindowsとMac(VST3、AU、AAXのフォーマット)で使用できます。

スポンサーリンク

Burier:サチュレーションとフィルターFXのプラグイン

ざっと見紹介動画(45秒):

解説動画(6分・日本語字幕なし):

Burierについて

Burierは、様々なアプリケーションでの使用を想定して設計されたサチュレーションとフィルターのプラグインです。

サチュレーション・ステージの後に、一対の共振フィルター、出力減衰、ドライ/ウェット・ミキサーが続きます。

フィルターは1オクターブあたり12dBの減衰があります。

これらのフィルターは、TPT(トポロジー保存変換)構造の IIR(Infinite Impulse Responses)フィルターです。

その動作は、アナログSVF(状態可変フィルター)回路をベースにしており、2次RCアクティブフィルターとなっています。

ギターに加えるだけでなく、ピアノ、ドラム、シンセ、ボーカル、ベースにも効果的に作用します。軽いオーバードライブからハードなパンチの効いたサチュレーションまで可能です。

Burierの操作系統

出力

出力コントロールは、処理された音のレベルを減衰させ、Buryのディストーション・ステージで追加された余分なレベルを補正します。

リンク

リンクスイッチを有効にすると、出力ゲインが自動的に設定され、追加されたレベルを補正します。

ミックス

ミックスコントロールにより、ウェット信号とドライ信号をブレンドすることができます。

ローカット

内蔵ローカットフィルターの-3dBポイントの周波数をコントロールします。

ハイカット

内蔵ハイカットフィルターの-3dB ポイントの周波数をコントロールします。

システム要件

フォーマット:

Burierプラグインは、VST3(Steinberg Virtual Studio Technology 3)、AU(macOS Audio Unit)、AAX(Avid Audio Extension)、スタンドアロンアプリケーション(Windowsは.exe、macOSは.app)で配布されています。

前述のフォーマットをサポートするすべてのDAW(デジタルオーディオワークステーション)と互換性があります。モノラルとステレオ信号をサポートしています。

必要なシステム要件:

  • 4GBのRAMと4GBの空きディスク容量
  • 64ビットオペレーティングシステム
  • Windows:Windows 10
  • Mac:macOS 10.11以降(Intelのみ、Big Surは未確認)
  • CPU(インテル):intel i3以降
  • CPU(AMD):AMDクアッドコア(Windows)
  • Apple M1(ARMベース)プロセッサは未テスト