Soundrion『Aztec Death Whistle』 息を呑むような古代アステカのデス・ホイッスルのKontaktインストゥルメント

Soundrionの古代アステカのデス・ホイッスルのKontaktライブラリ『Aztec Death Whistle』がちょっと安くなっています。

通常価格:19ドル → セール特価:14ドル

*セールは2021年5月4日(火)18時頃までの予定です。

*このインストゥルメントの使用には、Kontakt V 5.5以上の有料版が必要です。

スポンサーリンク

Aztec Death Whistle

Aztec Death Whistleは、古代アステカのデス・ホイッスル(死の笛)の暗黒の魂を表現した民俗管楽器のKontaktライブラリです。

アステカのデスホイッスル:

Aztec death whistle , scariest bone-rattling whistle played by a female horn-bearer

Aztec Death Whistleのデモサウンド:

(畏怖を感じるようなサウンドやテクスチャを作成したい時などに効果的)

デモ動画(3分50秒・日本語字幕可能):

Soundiron- Aztec Death Whistle First Look

Aztec Death Whistleについて

Aztec Death Whistleは、古代アステカのデス・ホイッスル(死の笛)の暗黒の魂を表現した民俗管楽器サンプル・ライブラリです。

このホイッスルは、鳥や動物を呼ぶ笛と同じ仲間ですが、粘土を焼いて作られています。

2つの部屋があり、頭蓋骨の上部に息を吹き込むことで空気の空洞を作り、共鳴させます。

この笛は、死に際の息遣いのような、厳しく荒い無調の声音を発しますが、そこには、ほとんど本能的なレベルで恐怖を呼び起こすような、悪魔的なエッセンスが含まれています。

それはまさに「死の化身」のような音です。

この楽器は、ドライなスタジオで徹底的に録音しました。

また、豊かなアンビエンスを生み出すために、大きなオープンホールで近距離と遠距離から録音しています。

この「Aztec Death Whistle」ライブラリは、深いベロシティ・レイヤーと自然なラウンドロビン・バリエーションに加えて、ユニークなサウンド・デザインとアトモスフェリックなコンテンツを多数搭載しています。これにより、このダークでユニークな楽器の魂とエッセンスをあなたの手のひらに収めることができるのです。

収録内容

Aztec Death Whistleは、さまざまなアーティキュレーションを収録した、スタンダードなオープンフォーマットのKontakt用ライブラリです。

サスティーン、フラッタートング、スタッカート、ハンドパーカッションをドライなスタジオで、深いダイナミックレイヤーと12倍のラウンドロビンで録音しました。

また、スウェル、クレッシェンド、ディミヌエンドなど、ドラマチックなスティンガーエフェクトもシングルショットで収録しています。その後、大聖堂で楽器を近距離と遠距離の両方のステレオマイク位置から録音し、よりダークでミステリアスなアンビエント・クオリティーを引き出しました。

また、生のアコースティック・ソースを使って、ダークで幽玄な不吉なサウンドデザインのアンビエンス、シンセ・パッチ、FXプリセットを幅広く作成し、恐怖に陥るための悪夢の燃料をたくさん用意しました。

これらは、本ライブラリの主な自然なアーティキュレーションの理想的な伴奏となります。

アタック、リリース、トランジェント・オフセット、ダイナミック・スウェリング、オクターブ、ビブラートなどの柔軟なコントロール機能や、カスタム・ダイナミック・アルペジエーション・モードやステップ・シーケンサー・パターン作成オプションを提供する堅牢なアルペジエーター・システムを搭載しています。

また、大聖堂、教会、ホール、バンカー、ガレージ、トンネル、チャンバー、ルームなど、数十種類のユニークな空間を持つコンボリューション・リバーブを含む完全なDSPエフェクト・ラックと、無限に広がる奇妙で予想外の音の操作を可能にする豊富なスペシャル・エフェクト・インパルスも搭載しています。

すべてのサンプルは非圧縮のPSCステレオwavなので、直接操作したり、wav対応のオーディオソフトに取り込んだりすることができます。

Aztec Death Whistleの特徴

  • 完全にマルチサンプリングされたアステカのクレイ・リゾネーター・ホイッスル

  • 数十種類のアーティキュレーションとパフォーマンス・コントロールを備えた14種類のインストゥルメント・プリセット

  • 美しく表現された3Dユーザーインターフェース

  • Midi-CCとVelocity-crossfadedの特別プリセット

  • 様々なカテゴリーとスタイルのカスタムサウンドデザインのFXとアンビエントのプリセット

  • サスティンとスタッカート(フラッター・トング・ロールあり、なし)。

  • 主要なアーティキュレーションのための3つのマイクポジション。ドライスタジオ、ホールクローズ、ホールファー

  • クレイホイッスルで演奏されるダイナミックなハンドパーカッションのアーティキュレーション

  • 短くて長いシングルショットのエフェクトとスティンガー

  • すべてのスタッカートとハンドパーカッションのアーティキュレーションのラウンドロビン

  • ステップシーケンサーによるマルチモードのアルペジエーション

  • 70種類の大聖堂、教会、部屋、ホール、特殊効果のインパルスを含むコンボリューション・リバーブ

  • EQ、フィルター、フェイザー、フランジャー、ディレイ、ディストーション、アンプとスピーカーのシミュレーションなどを備えたフルマルチエフェクトラック。

Kontakt用インストゥルメント

このライブラリは、Native Instruments社のKontakt 5.5以降の有料版に対応しています。

Kontakt 5.5を使用するには、MacではOSXバージョン10.8以降、PCではWindows &以降が必要です。

Kontaktは、業界標準の先進的なバーチャル・インストゥルメント/ソフトウェア・サンプラー・プラットフォームです。

このライブラリはKontakt標準のオープンフォーマットライブラリなので、無料のKontakt PlayerはこのオープンフォーマットKontaktライブラリをサポートしていません。

ただし、サンプルディレクトリには完全にアクセスできるので、ユーザーによるカスタマイズや、他のwav互換のソフトウェア、サンプラー、シンセのフォーマットへのインポートやマッピングが可能です。

特別な[ライブラリ]タブはこのオープンフォーマットのKontaktライブラリに対応していませんが、標準の[ファイル]ブラウザタブを使用するか、このライブラリをKontaktデータベースやクイックロードツールにインポートして、ナビゲーション、ロード、整理を簡単に行うことができます。

製品仕様

  • 容量:1.4 GB

  • 723のサンプル

  • 14 Kontakt 5.5 .nkiプリセットバンク

  • 24ビット/48kHz非圧縮ステレオPCM wavオーディオ

  • ユーザーによるカスタマイズを可能にするアンロックされたKontakt用プリセットとwavサンプル
Aztec Death Whistle
Aztec Death Whistle sample library for Kontakt, by Soundiron. A tribal wind instrument from Mexico used for human sacrifice. It sounds like a horrifying scream

システム要件

  • このライブラリに含まれる.nkiプリセットを使用するには、Native Instruments社のサンプラー「Kontakt 」V 5.5(またはそれ以降)の有料版が必要です。

  • 無償のKontakt「Player」および「Add Library」のインポートプロセスは、この標準的なオープンフォーマットのKontaktライブラリに対応していません。

  • Windows:Windows 7以降で動作します。

  • Mac:Mac OSX 10.8以降。

  • デュアルコアのCPU、4GBのシステムRAM、SATAまたはSSDのハードドライブを推奨。

セール情報

通常価格:19ドル

セール特価:14ドル

管理人メモ:

ちなみに「デス・ホイッスル」といえば、BOOM Libraryが『DEATH WHISTLE』というサンプルパック(WAV)を無料配布しています。これも中々良い感じです。

しかし個人的にはこういった類いサウンドは柔軟性が高く演奏できるKontaktライブラリの方が好みです。 それに14ドルととても安い。