Blue Cat『MB-7 Mixer V3』トラックのスペクトルをトータルにコントロールできる超多機能なマルチバンドEQプラグイン(VSTホスト機能付き)

Blue Cat Audioの様々な機能を備えるEQプラグイン『MB-7 Mixer V3』。割引率は23%OFFと控えめですが、かなりレアなセールなどでメモしておきます。

このMB-7 Mixer V3は、同社の著名なプラグイン「Patchwork」と同様に、Pro ToolsでAUおよびVSTプラグインを使用するためのをホストしても機能します。

スポンサーリンク

Blue Cat’s MB-7 Mixer V3(多機能EQ)

Blue CatのMB-7 Mixerは、トラックのスペクトルをトータルにコントロールできるマルチバンド・プラグインです。

FXプラグインを特定の周波数帯で使用し、他の周波数帯では使用しない、パン、各バンドのレベルを個別に調整するなど、様々な機能を備えています。

このプラグインの主な用途

  • マルチバンドレベル補正
  • マルチバンドVSTホスティング
  • スペクトルエンハンスメント
  • マルチバンドステレオワイドニング
  • マルチバンドステレオプレイスメント
  • 周波数アイソレーション
  • EQ
  • スペクトルインスペクション
  • マスタリング
  • スペクトルベースのサイドチェーンエフェクト
  • オーディオエフェクトを選択した周波数帯に適用
  • VSTプラグインブリッジ

ざっと見紹介動画(3分30秒・日本語字幕可能):

Review – Blue Cat Audio MB-7 V3

Blue CatのMB-7は、Blue Catの「Patchwork」と同様に、Pro ToolsでAUおよびVSTプラグインを使用するためのをホストしても機能します。

しかし、MB-7は、拡張されたミキサーコントロールを備えている点がPatchworkとは異なります。

MB-7は、1つのコンプレッサーに縛られることのないマルチバンド・コンプレッサーと考えてください。それぞれのバンドに好みのプラグインを2つまで入れて、ユニークなオーディオ・ミキシングのアプローチを実現します。

メーカーによる機能紹介動画(12分・日本語字幕可能):

Blue Cat's MB-7 Mixer 3 Walkthrough

MB-7 Mixer V3の内蔵エフェクトのデモ動画(4分・日本語字幕可能):

Blue Cat's MB 7 Mixer 3.1 Built-In Effects Demo

包括的な解説動画(20分・日本語字幕可能):

Blue Cat Audio MB-7 MIXER – EVERYTHING YOU NEED TO KNOW

このビデオでは、MB-7について知っておくべきことをすべて説明します。

MB-7では、内蔵のプラグインやVSTをバンドごとにホストすることができます。

つまり、ボーカルトラックのトップエンドだけにディレイをかけたり、ローエンドだけにリバーブをかけたりすることができます。また、ビデオのように、MB-7にBlue Cat Audio Late Repliesのディレイ・プラグインを2つ使用して、異なるバンドに2つの異なるディレイを使用することもできます。1つはミッドレンジに、もう1つはトップエンドに(異なる設定で)使用します。

MB-7はマルチバンド・コンプレッサーとして使用できますが、バンドごとに異なるコンプレッサーを選択できるので、今までにないコンプレッション・タイプを実現できます。

また、VST(MacではAU)をホストできるので、お気に入りのコンプレッサー・プラグインをMB-7内でバンドごとに使うことができます。

さらに、クリエイティブなこともできます。

ギター・トラックを2~3のバンドに分けて、バンドごとに異なるアンプ・プラグインを使用してみてください。普通にプラグインをロードするだけでは不可能な、まったくユニークなアンプ・トーンが得られます。

デモ版が用意されていますので、あなたのプラグインツールキットに入るかどうか、チェックしてみてください。

MB-7 Mixerについて

Blue Catの「MB-7 Mixer」は、信号をいくつかの周波数帯域に分割し、それらを別々のトラックのようにミックス、加工することができるユニークなプラグインです。

それぞれのバンドには、ミキシングコンソールにあるようなコントロールが用意されており、バイパス、ミュート、ソロなどの操作で、作業したい周波数を分離したり、ゲインやステレオ感、ステレオフィールド内の位置を調整したりすることができます。

ステレオイメージを操作する際には、マスターモノスイッチでモノラルの互換性を確認することもできます。

また、このプラグインはマルチバンドのVSTホストとしても動作し、各バンドを好きなVSTプラグインで独立して処理することができます。

各バンドには最大4つのプラグインをプリまたはポストフェーダーでロードできます。

レイテンシー補正、プリセット管理、アンドゥ/リドゥの統合、個々のプラグインのバイパスなど、最適な操作性を実現しています。

また、このプラグインは、Blue Cat Audio社のマルチインスタンス技術により、ユニークなリンクとグループ化のオプションを提案しています。

1つのインスタンス内でバンドをリンクしたり、異なるトラックにある複数のインスタンス間でプラグインをリンクすることができます。これにより、シンプルなフェーダーで多くのトラックの多くのバンドをコントロールすることができます。

これは、競合する複数のトラックの配置やバランスを調整する際に特に有効です。

また、Blue Cat Audioの製品らしく、このプラグインは何が起こっているのかを視覚的に伝える包括的なフィードバックを提供します。各チャンネルのスペクトル、入出力レベル、周波数応答をモニターできます。

高度なMIDIおよびオートメーション入力機能のおかげで、Blue CatのMB-7ミキサーは、Blue Catの他のプラグインと組み合わせることで、その可能性を真に引き出す高度なサイドチェーン機能が可能になります。

ユーザーインターフェース

『BlueCatのMB-7』(ミキサー&バンド・ミキシング・プラグイン)は、VST / VST3 / AUホストとして機能します。
MB-7には、マルチバンド処理用の25種類の内蔵オーディオエフェクトが含まれています(EQ、コンプレッサー、ゲート、ダッカー、フランジャー、フェイザー、ディレイなど)。
インターフェースは、必要なものだけを表示します。プラグインは単純なミキシングコンソールとして表示され、各周波数帯域はトラックのように見えます。
VSTホスティングはシンプルで効率的で、プラグインのメインコントロールからワンクリックでアクセスできます。
マルチバンドVSTホスティング:各バンドは最大4つの外部VSTプラグインをホストできます。
プラグインの「デュアル」バージョンでは、左右またはミッドチャネルとサイドチャネルを別々に処理できます。

MB-7 Mixerの特徴

  • マルチバンドミキシングコンソール:各バンドのレベル、パン、「ステレオネス」を個別に調整できます。


  • マルチバンドVST、VST3、Audio Unit Host:サードパーティのVST、VST3、AUプラグインを挿入し、各バンドを独立して処理することができます。


  • マルチバンド処理のための30種類の内蔵エフェクト。EQ、フィルター、ピッチ&フリケンシーシフター、ディレイ、リバーブ、モジュレーションエフェクト、コンプレッサー、ゲート、ビットクラッシャー、ウェーブシェイパーなど。


  • 各バンドのサブプラグインの外部サイドチェーンに対応。


  • パラメータマッピング:サブプラグインのパラメータをマッピングして自動化したり、コントロールサーフェスを使用したりできます。


  • フレキシブルなオーディオルーティング:サブプラグインの入出力を任意のオーディオチャンネルに接続し、マルチモノラルエフェクトやクリエイティブなサイドチェーンを実現。


  • プリ/ポストフェーダーのVST/VST3/AUプラグインインサートは、レイテンシーを完全に補正します。


  • 最大7バンド、12〜192dB/Octのクロスオーバーフィルターで最適なセパレーションを実現


  • 複数のインスタンスのリンク:1つのインスタンス内、またはプラグインの複数のインスタンス間でバンドをグループ化できます。1つのスライダで複数のトラックのスペクトルを変更可能


  • すべてのバンドにバイパス、ミュート、ソロを設定可能。


  • マスターにモノスイッチを搭載し、モノラルの互換性をチェック。


  • デュアルモード:左と右、またはミッドとサイドのチャンネルを独立してコントロール可能。


  • 各バンドのレスポンスカーブ、スペクトログラム、レベルをリアルタイムに表示し、視覚的なフィードバックを実現。


  • サイドチェインが容易:マルチバンドのサイドチェインによるコンプレッション、ダッキング、ゲーティングなどを独自の方法で実行できます。


  • 追加のレイテンシーはありません。

Blue Cat Audio規格

  • として利用可能。Mac-AAX、Mac-AU、Mac-VST、Mac-VST3、Win-AAX、Win-VST、Win-VST3、Win x64-AAX、Win x64-VST、Win x64-VST3。

  • ネイティブDSPコードによる最適なパフォーマンス。

  • MIDIコントロールとオートメーションを完全にサポートし、サイレントでジッパーのないパラメーターアップデート、高度なレスポンスコントロール、MIDIラーンを実現します。

  • アイドル時のCPU負荷なし:プラグインに無音が入力されると、処理がスムーズに停止し、デジタルオーディオワークステーションのCPU使用率を最適化します。

  • カスタマイズ可能なユーザーインターフェイス:透明度の管理やズーム機能を備えています。

  • オートメーションとMIDI出力:出力パラメータをオートメーションカーブとして記録したり、MIDI CCメッセージを他のプラグインに送信して、パワフルなサイドチェーンエフェクトを実現します。

  • スムーズなバイパス:ノイズを全く出さずにプラグインを起動/停止できます。

  • 元に戻す/やり直し。

  • 完全な機能を備えた統合プリセットマネージャー。

  • システムクリップボードを使って、インスタンス間でプラグインの状態をコピー/ペースト。

  • あらゆるサンプルレートに対応。

システム要件

Windows

  • SSE2対応のプロセッサ(Pentium 4以降)。
  • Windows Vista、Windows 7、8、10。
  • VST / AAX対応のホストソフトウェア(32ビットまたは64ビット)。

Mac OS X

  • インテル® プロセッサーを搭載していること。
  • Mac OS 10.7以降。
  • VST / Audio Unit(32/64ビット) / AAX互換のアプリケーション

セール情報

通常価格:129ドル

セール特価:99ドル