Orchestral Tools『Tallinn』北欧のストリングスとオルガン、コーラスの壮大なライブラリ(92GB)

Orchestral Toolsのオーケストラライブラリ『Tallinn』がリリースされました。リリースセールも同時開催されています。

Tallinnは、北欧のエストニアフィルハーモニー管弦楽団とタリン室内管弦楽団によるストリングスとオルガン、そして、コーラスが収録された92 GBの壮大なサンプルライブラリです。

このライブラリは、Orchestral Toolsによる無料のプレーヤー「SINE」で動作するので、Kontaktなどの外部プレーヤーは必要ありません。

セールは2021年5月19日(水)まで。

日本時間で2021年5月20日(木)夕方頃まで。

スポンサーリンク

『Tallinn』ピュアでミニマルなサウンドが特徴的なバルチックボイス&ストリングス

ざっと見デモ動画・2分30秒:

Emmanuel Jacob – The Heir | Orchestral Tools – TALLINN Official Demo

『Tallinn』は、エストニア・フィルハーモニック室内合唱団、タリン室内管弦楽団の弦楽器と、そしてエストニアのタリンにあるNiguliste(聖ニコラス教会)で録音されたオーケストラのサンプルライブラリです。

バルト海の伝統的なスタイルと繊細な美しさを表現しています。

Tallinnの特徴

  • 男声・女声フルコーラス、計16名
  • 室内弦楽アンサンブル:ヴァイオリン5名、ヴィオラ4名、チェリ3名、バス2名
  • 2台のチャーチオルガン
  • 流れるような演奏を可能にするメロディックなレガート
  • 進化する「ダイナミック・ウェーブ」のサスティーンとテクスチャー

全体的な紹介動画(23分・日本語字幕可能):

Tallinn: Walkthrough

カナダのピアニスト/作曲家:Christopher Siu氏によるデモ動画(29分・日本語字幕可能):

Checking Out: TALLINN by Orchestral Tools!

Sample Library Reviewさんによる紹介動画(45分・日本語字幕可能):

Checking Out: Tallinn Baltic Voices and String (Pre-Order Copy) by Orchestral Tools

レビュー動画(1時間・日本語字幕可能):

Orchestral Tools Tallinn – Review/Walkthrough + Demo Breakdown "Seraphim"

TALLINNを用いたスケッチのデモ動画(2時間15分・日本語字幕可能):

Sketching with TALLINN by Orchestral Tools

『Tallinn』について

『Tallinn』は、千年の時を超えて、古代から現代に至るまで、独自の音楽文化を象徴するサウンドを備えたライブラリです。

世界的に有名なエストニア・フィルハーモニック室内合唱団とタリン室内管弦楽団、そして2台のオルガンが、象徴的なニグリステ教会で録音されています。

ピュアで冬のような「北欧」のサウンドを持つTallinnは、古楽にも現代のミニマリズムやアバンギャルドにも同様に適しており、ドラマチックなスコアやアンダースコア、その他の表現力豊かな楽曲に独特のテクスチャーを加えます。

Tallinnのコーラス

静かなヴォーカル・テクスチャーとロング・トーンから生み出されるTallinnクワイアは、ダークでムードのあるパッセージや、穏やかで落ち着きのある瞬間を演出します。

微妙に変化する音符から生み出される進化したサスティーンは、単音のラインやコードをシームレスに拡張することができます。

また、エストニア語をベースに録音された音節は、他のボーカルライブラリにはない、バルト地方のローカルな雰囲気を醸し出します。また、無調のつぶやきやささやきは、作品にミステリーやサスペンスをもたらします。

ストリングス

タリンのチェンバー・ストリングスは、ミニマルで氷のような表面と暖かい芯を持っており、幽玄で瞑想的なパートやダークでスリリングなキューに最適です。

基本的なアーティキュレーションを超えて、弦楽器は複数の長音と短音、さらにフラジオレット、トレモロ、超ロングサスティーンを備えています。ビブラートはほとんどかけずに、エストニアらしいモダンなサウンドを実現しています。

オルガン

Tallinnには タリンには、ニグリステ教会の主オルガンと聖歌隊オルガンがあります。

Ene Salumäeが演奏し、厳選された音域と低音のサンプルが組み込まれたこのオルガンは、聖歌隊や室内オーケストラの雰囲気に合うように設計されており、もともと中世の空間であったこの教会の豊かな音響環境の中で輝きを放っています。

『Tallinn』は無料のプレーヤー「SINE」で動作します

Introducing: the SINE Player

SINEの特徴

マイク合成

システムリソースを有効活用。複数のマイクポジションを使ってミックスを微調整し、プレーヤー内で1つのチャンネルにマージすることができます。

優れた操作性

SINEは、作曲のワークフローを補完するように設計されています。自動キースイッチオプションや簡単なリマッピングツールを使って、その場ですぐに作成できます。

アラカルトダウンロード

必要な楽器やマイクポジションだけを選んでダウンロードできるので、コレクション全体を一度にダウンロードする必要はありません。

無料のプレーヤー「SINE」:

https://www.orchestraltools.com/store/get-sine

Tallinnのページ:

https://www.orchestraltools.com/store/collections/tallinn

仕様とシステム要件

仕様:

  • Orchestral ToolsのSINE Playerで動作します。
  • 92 GBのサンプル(SINEarcで圧縮された43 GBのサンプル。
  • 24ビット/48KHzのパッチ。

SINE Playerのシステム要件:

  • Mac OS 10.13、i5、4 GB RAM(16 GB以上を推奨)。
  • Windows 10、Intel Core i5相当(Windows 7は正式にはサポートされていません。

セール情報

通常価格:399ユーロ

セール特価:299ユーロ