Auroradsp『Mammoth』簡単な操作で強力なベースサウンドを作成できるベース専用FX

Auroradspのベース用FXソフトウェア(プラグイン&スタンドアローン)『Mammoth』が、57%OFFの期間限定セールになっています。

Mammothは、モダンで便利なUI、カスタムIRローダー、そして無限のディストーションを備えてたベースサウンド用エフェクト・ソフトウェアです。

特にロック、メタル、ファンク系の音楽制作に適しています。

*前回6月のセール時より大分安くなりました。

スポンサーリンク

Mammoth:ベース専用エフェクター(プラグイン&スタンドアローン)

ざっと見紹介動画(2分50秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

Auroradsp『Mammoth』は、ベースのDI信号を2つのバンドに分割しローエンドとトップエンドを独立して処理できる強力なベース専用エフェクターです。

Mammothは、パワフルでありながら直感的に操作できるベースFXです。

2バンドのシグナル・プロセッシングを搭載し、ベース・マキシマイザー、3種類のドライブ、トーン・スタック、キャビネット・シミュレーションなどの機能を備えています。

(シンプルさと柔軟性を念頭に置いて)アーティスト、プロデューサー、エンジニアのために設計されています。

Mammoth特徴

  • 有名ハードウェアをベースにした3種類のプリアンプモデルを搭載。


  • 可変周波数の信号スプリット


  • クラシックなデザインに基づく3バンドのトーンコントロール


  • マキシマイザーと低倍音サチュレーター


  • 3つのキャビネットIRとカスタムIRローダー


  • BRUTEとMELTの追加特性スイッチ


  • より多くのクランクを得るための特別な「Mammoth」ノブ


  • 出力にアグレッシブなSLAMリミッターを搭載


  • スケーラブルで4K対応のUI(ダークモード時)

Mammothのページ

デモ動画

紹介デモ動画 1(2分):

紹介デモ動画 2(3分):

サウンドデモ:

Mammothの詳細

圧倒的な低音を簡単に実現することができます

Aurora DSPは、Mammothを汎用性と簡単操作を念頭に置いて開発しています。

全ての操作は指先で即座に操作できます。

Mammothのコントロールは、以下の4つのセクションに分かれています。

  • INPUT
  • HIGH
  • LOW
  • OUTPUT

(*各ノブ(スライダー)をダブルクリックすると、正確なパラメータ値が入力されます。)

INPUT(入力)セクション

左側のINPUTセクションでは、入力信号のレベルと、HIGHとLOWセクションのカットオフ周波数を選択できます。

  • 入力値の範囲:-20dB~20dB

  • Xover値の範囲。0Hz~800Hz
HIGH セクション

インターフェースの最上部にあるHIGHセクションでは、プリアンプモデルとIRローダー(コンボリューション)によって信号が処理されます。

モデル化された3つの全く異なる回路から選択できます。

  • RED – 伝説のV4ヘッドをベースにしています。

  • PURPLE – AC30ベースヘッドをベースにしています。

  • BLUE – B7Kプリアンプのサウンドにインスパイアされています。

プリアンプのモデルを選択したら、ゲインを上げてスイートスポットを探します。

カスタムトーンスタックを使用すると、トーンバランスを微調整できます:LOW(100Hz)、MID(500Hz)、HIGH(1600Hz)。

さらに、各チャンネルには2つのモードが用意されています。

  • トーンを丸くして暖めたいなら「MELT」を。

  • よりアグレッシブなトーンが必要な場合は「BRUTE」を選択します。

IR Loaderセクションでは、高品質なベースキャビネットサウンドを提供します。「+」をクリックすると、ハードドライブから自分のIRを追加することができます。

「Mammoth ノブ」は、オーロラDSPの秘密のソースであり、よりアグレッシブで透明なトーンを実現します。自分で確認してください。ただし、注意が必要です。

LOW セクション

GUIの一番下にあるLOWセクションは、シグナルチェーンのフリーク・スプリッターの直後にあります。

これは、このプラグインの中で最もパワフルなツールです。このセクションでは、ベース・トーンにどれだけのローエンドを加えたいかをコントロールすることができます。

  • Bass Maximizerは、信号の基礎部分を圧縮して太くします。

  • Growlは、ローエンドのハーモニクスをコントロールします。
Input(出力)セクション

Outputセクションは、HIGHとLOWのブロックをまとめます。

  • Blend:LOWとHIGHの信号の割合を自分の好みでミックスできます。


  • Slam:濃厚なミックスに完璧にフィットさせるためのSLAM。あなたのVUメーターは静止します。


  • Out:最終的な信号を作りすぎてしまった場合は、フェーダーを下げてください。

より詳しい情報はこちらのマニュアルをご覧ください。

レビュー動画

Mammoth と Neural DSP Parallax(99€)の比較動画(13分50秒・日本語字幕可能):

Aurora DSP Mammothは、ベースDI信号を2つのバンドに分割し、ローエンドとトップエンドを独立して処理できるベースアンプ・シムです。

上記のビデオでは、そのMammothと、同様のプラグインであるNeural DSP Parallaxとの比較を行っています。

ベースプレーヤー&エンジニアのGlenn Fricker氏によるレビュー動画(14分・日本語字幕可能):

Gear Godsによるレビュー動画(17分・日本語字幕可能):

レビュー記事リンク

上のビデオでも紹介しているように、Mammothは、その名の由来となった古代の獣のように強大なプラグインです。

このプラグインは、非常にパワフルであると同時に、非常に直感的で使いやすいという難しい課題を達成しています。

このプラグインには、アグレッシブなトップエンドのための3つの全く異なるドライブサウンド、信号を分割する場所をレーザーで狙うことができるクロスオーバー、そして3つの内蔵キャビネットサウンドが含まれています。

最小限の調整で、今まで聴いた中で最高の(そして多種多様な)ベース・トーンを得ることができます。

システム要件

  • WindowsとmacOSに対応しています。

  • プラグインフォーマット:AAX/VST3/AU /スタンドアロン。

  • iLokアカウントとiLok LicenseManagerのインストールが必要です。iLokドングルは必要ありません!

セール情報

通常価格:67ユーロ(約79ドル・8,630円)

セール特価:29ユーロ(約34ドル・3,730円)

*主なセール価格の推移:

  • 2021年6月:79ドル→49ドル