UVI『WHOOSH FX』ウーシュ&モーションデザイナー

UVIのウーシュ&モーションデザイナー『WHOOSH FX』が短期セールで40%OFFになっています。

*6月7日(月曜日)まで。

スポンサーリンク

WHOOSH FX

Whoosh FX – ウーシュ&モーションデザイナー

Whoosh FXは、強力かつ創造性豊かなサウンドデザインツールです。直観的な画面と豊富な機能は全て、職人並みの品質と信頼性のあるサウンドを素早く生み出すことを手助けするために設計されています。

ざっと見紹介動画(1分):

UVI Whoosh FX | Trailer

オーバービュー動画(・日本語字幕可能):

UVI Whoosh FX | Overview

解説動画(11分・日本語字幕可能):

Whoosh FX Review (Great for Your Transitions)

WHOOSH FXについて

ウーシュ&モーションデザイナー

  • 豊かでダイナミックなシネマティックサウンド効果。CM、フィルム、ゲーム、音源などに最適
  • ノイズとテクスチャーの3レイヤーとモジュレーション、エフェクトによる効果音クリエーション
  • 最適化されたワークフローとカテゴライズされた400プリセット

サウンドデザイナーによるサウンドデザイナーのために生まれたWhoosh FX

基本コンセプトは強力かつ効果的に動きと変化のあるサウンドエフェクトを明解操作で創造することにあります。

長さを設定し、3つの独立したレイヤー:ノイズとテクスチャーを操作、いずれも豊富な種類を用意しました。

特にテクスチャーサウンドにおいては、エアー、エレクトリカル、ファイヤーメタル、オーケストラル、ウォーター、ウィンドなどのカテゴリー別に収録し、目的のサウンドに最短距離で到達できるように設計されています。

そしてエンベロープはマウスで描くだけでなく、プリセットから選択することもできます。さらに動きを加え、ドップラー効果を調節し、モーフィングバウエルフィルターを駆使して変化を加えます。

最後にスタジオ品位のエフェクトプロセッサー:コンボルバー、デジタルEQ、ディレイ、iRリバーブ、リミッターなどで仕上げをします。

Whoosh FXは奥深い機能と直観的で扱いやすい画面を融合し、モーショングラフィックス、テレビ、フィルムと同期した効果音で豊かにし、音楽の中に動きのある要素を効果的に加えることが可能です。

詳細ページ(日本語)

システム要件

  • UVI Workstation 3.0.5以降、またはFalcon 1.6.6以降に対応
  • iLok アカウント(無料取得、USBキーは必須ではありません)
  • インターネット接続環境(製品ダウンロードとライセンス発行と認証に必要、常時接続不要)
  • 対応システム:
    – Mac OS 10.9 Mavericks ~ macOS 10.15 Catalina(64bit)
    – Windows 8 ~ Windows 10(64bit)
  • 2GBの空きディスク容量
  • ハードドライブ:7,200回転仕様のHDDまたはソリッドステートドライブ(SSD)推奨
  • 4GB RAMメモリ (大容量のUVIサウンドバンクは 8 GB以上を強く推奨)

セール情報

通常価格:149ドル

セール特価:89ドル(40%OFF)