【54%OFF】Sugar Bytes『CONSEQUENCE』コードラインや曲全体を即興で作成できる作曲ツール(最安?)

Sugar Bytes社のコードシーケンサー「CONSEQUENCE」が、54%OFFのセールになっています。

おそらく過去最安ではないかと思います。

CONSEQUENCEは、コードラインや曲全体をその場で作ることができる作曲ツールです。

(プラグインフォーマット:AU, VST2, AAX)

スポンサーリンク

Consequence:シーケンサー・メロディ生成マシン

Consequenceは、使いやすく直感的なワークフローと深いクリエイティビティを秘めたコードシーケンサー・プラグインです(アルペジエーター&メロディ生成マシン)。

デモ動画 1(4分40秒):

Sugar Bytes – Consequence (drum) lll Best VST plugins

デモ動画 2(4分10秒):

Consequence Walkthrough

Consequenceの主な機能

  • 32ステップのシーケンサーに3つのオシレーターを搭載

  • 複雑なサウンドやリズムを簡単に作成可能

  • 数百種類の自然なサウンドサンプル

  • 魅力的なマルチ・エフェクト・セクション

  • 楽器ごとに独立したエンベロープ

  • 4/4キックドラムを搭載

  • ステップごとのポリフォニックトリガー

  • MIDI出力機能付き

コード・シーケンサーとアルペジエーター

シンプルでありながら豊かな創造性を発揮できるコード・シーケンサーとアルペジエーター

コード・シーケンサーは、クリエイティブ・フローの中心的な役割を果たします。

基本的には、下部のコードメモリーセクションで定義した16個のコード「スナップショット」のパレットから選択することになります。

実際には5つのシーケンサーがあり、作成しているグルーヴのさまざまな側面をコントロールします。特にモジュレーション・セクションは奥が深く、シンセ・パート、フィルター、エフェクトのそれぞれに独立したパターンが用意されています。

サンプルベースのサウンドライブラリには、パワフルなアナログシンセから繊細なバイオリンまで、さまざまな種類の楽器が収録されています。

それらのサウンドライブラリそれぞれに、オクターブ、パン、レベル、クラッシュコントロールが用意されています。

各インストゥルメントのトリガーモードを個別に選択できるので、あるインストゥルメントをコードとしてトリガーしたり、別のインストゥルメントをアープとしてトリガーしたりすることで、より複雑なシーケンスを作成することが可能になります。

Consequenceの基本機能の紹介動画(5分31秒・日本語字幕可能):

Consequence Pattern Overview

ハイレベルなユーザーコントロール


Consequenceでは、すべての音の側面をステップごとに詳細に定義することができます。

「アルペジオ」または「コード」、「オクターブ」または「タイ」など、すべての音の側面を段階的に詳細に定義できます。 Arp方向を細かくコントロールすることで、焦点を絞ったメロディーを作成できます。

また、あるプリセットのリズムは好きだけど、サウンドセットは別のものをしようすることもできます。

プリセットをどのように保存しても、シーケンスとサウンドを独立して入れ替えることができるので、プリセットの幅をさらに広げることができます。

パターン操作の方法(8分・日本語字幕可能):

Consquence Pattern Details

サウンドコレクション

15カテゴリー800MBのコンテンツ&222サウンドプリセットのサンプルライブラリ

Consequenceのサウンドライブラリには、MemorymoogやOP-1などの人気の高いシンセサイザーのサウンドが収録されています。

また、それらに加えて、ストリングスやパーカッション・サウンドも豊富に収録されています。

ストリングスのパッセージは、高速で印象的に作られています。3つの楽器を組み合わせることで、変則的な音で織りなすリズムを簡単に作ることができます。

各楽器にはADSRのほか「Age」と「Crush」のコントロールも備わっています。

プリセットサウンドのデモ動画(1分19秒):

Sugar Bytes Consequence Combining Presets

VSTとAAXのMIDI出力

外部のMIDI機器やプラグインをコントロール

Consequenceは内蔵のサウンドライブラリだけではありません。

他のジェネレーターと組み合わせたい場合は、MIDI 出力を使用してハードウェア シンセまたはソフトウェア シンセをトリガーすることができます。これにより、多くの可能性が開かれます。

また、MIDI エクスポート機能もあります(ホストにドラッグ アンド ドロップするか、ファイルとして保存するだけです)。

Consequenceサウンド セクションの最終段階は、チューニング機能、ファイン マスター コンプレッサー、4/4 リズムを再生するキックドラムを提供するマスター セクションです。

キックドラムは、シーケンスの作成中にグルーヴを維持するためのフレンドリーなヘルパーです。

また、コンプレッサーに過剰に送信して、ミックスを接着したり、各 4 分音符でレベルを下げることもできます。コンプレッサーに送ってミックスをまとめたり、四分音符ごとにレベルを下げたりすることもできます。

Ableton LiveとConsequence のMidi Outの設定方法(28秒):

Setting up Consequence Midi Out in Live

音楽制作のインスピレーションをかき立ててくれるサウンド & プリセット

インストゥルメントは、Consequenceのためだけに作成されたサンプリング・ライブラリで動作します。第一級の自然楽器やシンセサイザーから録音された237のサウンドが現在利用可能です。

システム要件

Mac

  • macOS 10.9以上が必要
  • オーディオユニット、VST2、AAX、スタンドアロン

Windows

  • Windows 7以上が必要
  • VST2、AAX、スタンドアローン

セール情報

通常価格:119ドル

セール特価:54.99ドル(54%OFF)おそらく過去最安

*この買い物で、セール主催のAudioPluginDealsのお買い物用ポイント Rewards:27.5ドル分が決済後にプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2021年3月:119ドル→59ドル
  • 2020年11月〜12月:119ドル→59ドル(ブラックフライデー&年末セール)
  • 2020年4月:119ドル→49ドル
  • 2019年8月:119ドル→79ドル
  • 2019年11月:119ドル→59ドル