8/4夕方まで【リリースセール】『Kinetic String Motion Engine』4つの弦楽器(バイオリン、ビオラ、チェロ、ベース)を同時演奏できる最新鋭のストリングス・エンジン:要Kontakt

Kirk Hunter Studiosの最新作「Kinetic String Motion Engine」が33%OFFのセールになっています。

通常価格:149.99ドル→ リリースセール特価:99.99ドル

Kinetic String Motion Engineは、4つのストリングス・セクション(バイオリン、ビオラ、チェロ、ベース)を同時に演奏することができる最新鋭の弦楽器Kontaktライブラリです。

*このライブラリの使用には、Kontakt 5.7.1以上のフルリテール版が必要です(無料のKontakt Playerでは使用できません)。

スポンサーリンク

Kinetic String Motion Engine:世界で最も柔軟なオスティナートパターンのストリングス

ざっと見動画(1分):

Kirk Hunter Kinetic Strings Trailer

Kinetic String Motion Engineの主な特徴

  • Kineticは、1つの楽器で4つの弦楽器セクションを実現できるバーチャルインストゥルメントです。

  • Kineticを用いれば、理論的なトレーニングを必要とせず、洗練された弦楽器のパターンを作成することができます。

  • インテリジェント・ストリング・モーション・エンジンを搭載しています。

  • 圧倒的な操作性でストリングスに動きを与えることができます。

  • パワフルで直感的なデザインを採用しています。

  • 瞬時に結果が得られるダイナミック・ランダマイゼーション機能を搭載しています。

  • 他に類を見ないストリングス・インストゥルメント。

  • エピック&シネマティックなサウンドを備えています。

  • 様々なサウンドを作り出すことができます。

  • インスタントにストリングス・リズムを作成できます。

デモ&解説動画

サウンドデモ 1(1分38秒):

Kirk Hunter Kinetic Strings Scenescapes

サウンドデモ 2(2分):

Kirk Hunter Kinetic Strings Golden Gate Bridge Tribute

全体的な紹介動画(10分48秒・日本語字幕可能):

Kirk Hunter Kinetic String Motion Engine – Walkthrough

解説動画(21分・日本語字幕可能):

Kirk Hunter Kinetic Strings Walkthrough by Simeon

デモサウンド:

Kinetic String Motion Engineの詳細

Kinetic String Motion Engineは、1つの楽器で、4つのストリングス・セクション(バイオリン、ビオラ、チェロ、ベース)を同時に演奏することができます。

(この製品のリリース時点では、他にこのような機能を持つバーチャルインストゥルメントは存在しません。)

つまり、各セクションに個別のタイムラインが用意されているのです。

各タイムラインには64の音符や休符のイベントがあり、最大4つの「リージョン」に分けることができます。

さらに、単一の音やコードを押さえたときに、それぞれのタイムラインで異なるパターンを演奏することもできます。

プリセット

30種類のプリセットを用意しています。 さらに、この30種類のプリセットをセクションごとに使い分けることもできます。

つまり、バイオリンは「スーパーマン」、ビオラは「ターミネーター」、チェロは「Xメン」、ベースは「キャプテン・アメリカ」のプリセットを同じ画面で演奏することができるのです。そしてもちろん、これらのパターンはすべて編集可能です。

また、非常に便利なアクセントを含む「パーペチュアル・モーション」パターンをロードすることもできます。

これらのアクセントは、2、3、4、6回のイベントごとに設定できます。 さらに、アクセントを微妙にするか、適度にするか、ダイナミックにするかを設定することもできます。

Kinetic Stringsには、バイオリン16本、ビオラ10本、チェロ8本、ベース4本が収録されています。

収録されているアーティキュレーションは、スピッカート、マルカート、ピチカート。 また、それぞれのアーティキュレーションは「タイトにしたり、ブロードにしたり」することができます。

録音場所

サンタモニカにあるファースト・プレスビテリアン教会で録音されました。

この教会は、ロサンゼルスを拠点とする一流のオーケストラが録音・演奏を行っている場所です。

4つの独立したタイムライン(高音域と低音域の2つだけではありません!)

  • 16本のバイオリン

  • 10本のヴィオラ

  • 8 チェロ

  • 4本のベース

4つのタイムラインのそれぞれに以下の機能が備わっています

  • タイムラインごとに64の編集可能なノート/レストイベント

  • 1つのタイムラインに4つのリージョン

  • 各リージョンの長さは変更可能

  • リージョンはオーバーラップ可能

  • リピートのオン/オフ

  • リージョンの循環(リージョンは1から4まで循環させることもできるし、循環させないこともできる)

  • アーティキュレーションセレクタ(スピッカート、マルカート、ピッカート)

  • アクセントコントロール(2、3、4、6イベントごとにアクセントをつけることができます。 アクセントのスタイルを「微妙、中程度、ダイナミック」から選択します)

  • 音符の引き締め/引き伸ばし

  • プレイアブル・レンジ・エディター

  • ソルディーニ

  • 移調

  • リージョンのコピー/ペースト

  • ソロ/ミュートタイムライン

  • 繰り返しのランダム化

  • 内蔵されたポピュラー・リズムの選択

  • 30種類のプリセットから選択

グローバルコントロール(メインページ)

  • レペティションのオン/オフ

  • 移調

  • グリッド表示(編集しやすいようにベース3またはベース4を表示)

  • イベントの分解能(全体、半分、1/4、8、16、32分の1拍子)

  • トリプレット機能(オン/オフ、トリプレットの再生可能範囲の編集)

  • 30種類のグローバルプリセットから選択可能

  • プリセットのオーディオプレビュー

  • パターンのロード/セーブ

  • タイムラインのランダム化

  • チュートリアルを内蔵

  • MIDI録音とドラッグ&ドロップ

ミキサーページ

  • Auto-Mix (各セクションをインテリジェントにミックスし、スムーズなトランジションを実現)

  • 3バンドのパラメトリックEQ

  • Velocity Variation (ノートのベロシティをランダムに変化させてリアルさを追求)

  • ベロシティ・センシティビティ

  • Velocity Takeover (再生時に現在のベロシティを掴んで引き継ぐことができます)

  • Humanize Repetitions (スケーラブルな 「Un-Quantize」レペティション・レートでリアルさを追求します)

  • リバーブとルームサイズ

  • ベロシティで制御するウォーム/ブライトコントロール

  • マイクロホンミキサー

  • マイクとリバーブの設定をプリセット

  • ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ベースのセクションミキサー(レベル、パン、パージ)

その他の情報

  • 収録場所:First Presbyterian Church, Santa Monica

  • ラウンドロビンはランダム化されているので、「ループ」エフェクトはありません。

  • 教会の雰囲気のサンプルが慎重にミックスされ、とても自然なサウンドになっています。

  • 反復は常にDAWのテンポに従います。

メーカーページリンク

システム要件

  • フルリテール版のKontakt 5.7.1以上(無料のKontakt Playerでは使用できません)

  • ダウンロードサイズは3.3GB、解凍後は6.7GBです。

  • Mac OSX 10.9以降、Intel Core 2 Duo、4 GB RAM(6GB以上を推奨)

  • Windows 7以降、Intel Core 2 DuoまたはAMD Athlon 64 X2、4GBのRAM(ただし6GB以上を推奨)

セール情報

通常価格:149.99ドル

リリースセール特価:99.99ドル

*この買い物で、セール主催のAudioPluginDealsのお買い物用ポイント Rewards:19.99ドル分が決済後にプレゼントされます。