Soundiron『Canjo』自作フレット付き単弦民族楽器のバーチャルインストゥルメント(要Kontakt)

Soundiron社のKontaktインストゥルメント『Canjo』が22ドルのセールになっています。

Soundrionのサマーセールでセールが復活中です(2021年8月24日(火)18時頃まで)。

2021年8月23日:18.85ドル

Canjoは、ウッドスティック、ストリングチューナー、ブリキ缶を使って作られた自作の単弦の自由音楽器です。

デモサウンド:

スポンサーリンク

Canjo

Canjo(カンジョ)とは、木の棒と弦楽器のチューナー、そしてブリキ缶を使った自作の単弦の自由音の楽器です。

缶はツンとした金属的な音で共鳴し、バンジョーとマウンテンダルシマーを掛け合わせたような音がします。

ギターのように構えて演奏するのが一般的ですが、テーブルや膝の上に置いて演奏することもできます。

このCanjoは、ダイアトニックにフレットを打ち、12音の音域を持っているので、バックポーチやキャンプファイヤーでフォークのメロディーを弾くのに最適です。

開発元のSoundiron社は、Canjoの音の能力を限界まで引き出すために、完全に演奏可能なピック・プラック、スムーズ・プラック、ハーシュ・プラック、スライド、弓によるサスティーン、スタッカート、スピッカトーを再現しました。

その後、アンビエント・サウンドスケープ、パッド、ドローンなどをソース・コンテンツから作成し、ライブラリの汎用性を高めています。

このCanjoは、トラディショナルなアメリカーナ・サウンドを演奏することも、説得力のある脆いビオラ、チープなスライドギター、メランコリーな二胡風のサウンドを奏でることもできます。

Canjoの解説動画(12分45秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

Canjoの詳細

CanjoのKontakt インターフェースには、クリエイティブな作業を可能にするオートメーションに対応したサウンドシェイピングコントロールが搭載されています。

スウェル、アタック、リリース、オフセット、ビブラート、フィルター、ピッチ(粗い、細かい)、アーティキュレーションの切り替え、クロスフェード、レイヤーなど、さまざまなコントロールが可能です。

また、サウンドデザインされたユニークなカスタムFXプリセットを20個搭載しているので、クリエイティブな選択肢がたくさんあります。

  • このライブラリには、LFOシェイプ、モジュレーション・ターゲット・パラメーター、スピード、インテンシティ、テンポ・シンク、フェードイン・タイムの選択が可能な適応性の高いLFOシステムが搭載されています。


  • また、12種類のローパス、ハイパス、FXフィルターを適用することができ、ベロシティ、モジュレーションホイール、エクスプレッション、アフタータッチ、キーポジション、ステップシーケンサーのテーブルコントロールなどのモジュレーションターゲットを割り当てることができます。


  • カスタマイズ可能なアルペジエーターには、アープの方向、タイミング、スイング、ランダム化、持続時間をコントロール可能なベロシティテーブルが用意されています。


  • 音符を一般的なスケールとキーに限定することで、メロディックな作曲やライブパフォーマンスを簡単に行うことができるキーとスケールのロックシステムも搭載しています。

モジュール式のFXラックパネル

インターフェイスの最後を飾るのは、モジュール式のFXラックパネルです。18種類のDSPエフェクトモジュールを10個のスロットに好きな順番でアサインすることができます。

フェイザー、フランジャー、ディレイ、ディストーション、アンプ/キャビネット・シミュレーター、コンプレッサー、EQ、ローテーターなど、さまざまなエフェクトが用意されています。

リバーブ・エフェクトには、99種類のルーム、ホール、チャンバー、屋外環境を含むお気に入りのコンボリューション・リバーブ・インパルス・レスポンスに加え、40種類のカスタムFXインパルスが含まれています。

これらの機能で、サウンドを根本的に変化させ、音楽の可能性の全く新しい世界を開きます。

また、FXラックチェイン・ファクトリー・プリセットも用意されているので、すぐにでも使用することができます。

Canjoの主な特徴

  • マスターNKIインストゥルメントバンク(Kontakt用オープンフォーマット)


  • Canjoのプラック、スライド、弓によるサスティーンとスタッカート


  • ソースコンテンツから作成された20のAmbienceパッチ


  • 24ビット/48kHzの非圧縮PCM wavサンプル


  • 22種類のカスタムサウンドデザインされたFXとアンビエントのプリセット


  • 859個のステレオWAVファイル


  • 801 MBのインストール容量


  • LFO、フィルター、グライド、アルペジエーターを備えた、柔軟で直感的なマルチレイヤーユーザーインターフェースコントロール


  • カスタムルーム、ホール、チャンバー、FX環境を備えたコンボリューションリバーブ付きフルFXラック

Canjoを用いた作曲デモ(5分50秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

システム要件

  • Windows 7以上
  • Mac OS X 10.9以降
  • デュアルコアのCPU、2 GBのシステムRAM、SATAまたはSSDのハードドライブを推奨
  • Kontakt Full Version 5.5以降が必要です(無料版のKontakt Playerには対応していません)。

セール情報

通常価格:29ドル → セール特価:22ドル

2021年8月23日:18.85ドル