accusonus『drumatom²』ドラムサウンド改善&強化ツール

ドラムサウンド強化FX『Drumatom2』がサマーセールで30%OFFになっています。

Drumatomは、マルチ録音されたドラムの「被り音」を抑えることができる革新的なドラム・プロセッシングツールです。

先進アルゴリズムによりドラム・トラックを解析し、つまみを回すだけの簡単操作でドラムの被り音を自由に調整することが可能です。

*セールは9月1日(水曜日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

drumatom²

drumatom²は、ドラムのクリーンアップのためソフト。スタンドアローンで起動できます。

簡単操作でキックやスネアのブリード(注1)を調整できます。

中々のチート系ツールです。

注1:

「ブリード」とは、キットの他の部分がスネア・ワイヤーをどの程度揺らすのかを指します。ブリード・レベルを上げると、よりリアルさが増します。

https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/drums/abbey-road-50s-drummer/mixer-section/

最高に楽しいドラムのミキシングを提供する『drumatom²』

マイクブリード(注1)は、ドラムを定期的に録音するエンジニアにとって最大の問題です。

Drumatomを使用すると、他のハードウェアやソフトウェアでは不可能な方法で、エンジニアはドラムブリードを削減または完全に排除できます。

たとえば、スネアトラックからハイハットリークを削除したいと思ったことはありませんか?

一時停止中だけでなく、正確なスネアヒット中にも、Drumatomでそれを行うことができます。

また、 Drumatomは、すべての近接マイクで完璧な漏れ低減を可能にし、自然で開放的なサウンドをもたらします。

わずかな量の「Drumatom エフェクト」でも、残りのトラックのためにかなりの量のヘッドルームを解放できます。

さらに、ドラムチャンネルから漏れを取り除くことで、夢のドラムサウンドを作成するまで、制限なくミキシングツール(EQ、コンプレッサーなど)を試すことができます。

ワークフローをさらに改善するには、drumatomプレーヤーもチェックしてください!
drumatomアプリケーションのオプションのプラグインコンパニオンにより、DAWセッション内の漏れ抑制を監視できます。

drumatom²の使い方はカンタン。

レコーディング済みのドラム・マルチトラックファイルをまとめて選択して、DRUMATOMにドラッグ&ドロップ、インポートした各トラックに「スネア」「キック」といったラベルを付け、「解析(ANALYZE)」ボタンを押すだけです。

各トラックのサウンドが解析され、“スネア”、“キック”等トラックのブリードの抑制具合を調整できるようになります。

これからのレコーディング現場や、ドラムトラックのミキシングにおける必携ツールとなることでしょう。

Drumatomの特徴

  • 録音不良のドラムを修正する

  • マイクの漏れを減らすことにより、障害のある録音の品質を改善

  • ミックスの残りのヘッドルームを作成します

  • 完全に自然なドラムサウンドを保ちながら、ドラムセットの漏れをわずかに低減

  • スネアトラックのゴーストノートなどの低レベルの信号を保持する

  • 振幅ではなくスペクトルコンテンツに基づいてブリードを除外

  • ドラムトラックでより深い個別の処理を実行して、サウンドを磨きます

  • ハイハットブリードが少ないかまったくないため、スネアトラックをより積極的に圧縮します

  • 本物の結果を達成する

  • ドラマーのパフォーマンスのマイクロダイナミクスを維持する

  • 独自のサウンドシグネチャを作成する

  • ドラムサンプルライブラリの過度の使用を避ける

https://accusonus.com/products/drumatom

デモ動画

アコースティックドラムをクリーンナップ:

drumatom²と「ノイズゲート」プラグインとの違い:

実際に同じ原理に基づいているノイズゲートと他のすべてのドラムブリード抑制ツールは、有用な信号がない場合にのみブリードを除去できるシンプルなツールです。

一方で、drumatom²は、一時停止中だけでなく、ドラムヒットの重複時にもドラムブリードを削除します。

  これにより、(drumatom²はドラムトラックでより深い個別の処理を実行し)パンチの効いた詳細なドラムサウンドをすばやく作成できます。

ブリードが少ないかまったくないため、圧縮とEQによりキックトラックがよりアグレッシブになります。

システム要件

Mac:

  • バージョン10.9.0以降
  • RAM:4 GB(8 GB以上を強く推奨)
  • モニター:1280×800以上の解像度
  • ハードディスクの空き容量:500 MB
  • ハードディスクの空き容量(処理時):5 GB(15 GBを推奨)
  • フォーマット:AU(32/64ビット)、VST(32/64ビット)、AAX Native(64ビット)、RTAS

PC:

  • バージョン7 SP1以降(64ビット)
  • RAM:4 GB(8 GB以上を強く推奨)
  • モニター:1280×800以上の解像度
  • ハードディスクの空き容量:500 MB
  • ハードディスクの空き容量(処理時):5 GB(15 GBを推奨)
  • フォーマット:VST(32/64ビット)、AAX Native(64ビット)

drumatom²のセール情報

通常価格 :299ドルセール特価: 209ドル

バンドルもセールに(Drum Mixing Bundle)

上記のdrumatom²とトランジェントシェイパー(プラグイン)Beatformerとセットになったバンドル『Drum Mixing Bundle』もセールになっています。

トランジェントシェイパーは、特にドラムやパーカッションのクオリティの向上に効果を発揮するエフェクターです。サウンドのアタックやサステインを加工し、音量を変化させることなくサウンドに存在感を与えることができます。

Beatformerについて(ビートに新しい命を吹き込むトランジェントシェイパー)

Beatformerは未来的なトランジェントシェイパープラグインです。

トランジェントシェイパーは、特にドラムやパーカッションのクオリティの向上に効果を発揮するエフェクターです。サウンドのアタックやサステインを加工し、音量を変化させることなくサウンドに存在感を与えることができます。

『Beatformer』ミュージカルビートスカルプトツール

Beatformerを使用すれば、ブーム、パンチ、スカッシュ、エアの4つの直感的なコントロールで、ビートサウンドを簡単にに形作ることができます。

アナログスタイルの処理と最新のデジタルテクノロジーを組み合わせ、シンプルなダイヤルを回すだけで、透過的に微調整したり、ビートを完全に変換したりできます。

 数十種類のプロセッサーが内部にあるため、Beatformerを使用すると、ビートに新しい命を吹き込むことができます。

特徴
  • ドラムミックスを一緒に接着する
  • 過剰処理されたループにエネルギーを取り込む
  • ビートのダイナミクスを簡単に強化
  • ビートにカラーと個性を追加
  • 細くか弱い音にどっしりとした質を追加する
  • ビートサウンドを即座に変換

短めのデモ動画:

より詳しい解説動画 2本:

Drum Mixing Bundleのセール情報

通常価格:349ドルセール特価:244ドル

関連記事: